加速放置。(其の6)

●すいません。
其の4に引き続き、009には1ミリも関係ない話です(笑)
いや1ミリもってことはないか。
ま、一度しかない人生の貴重な時間を無駄にしたくない方はどうぞとばしてください。



●あのー。
突然ですが。
もしかしてわたし、考え間違ってました??

今までサイトやってきて、
ていうかまあサイト始めるずっと前から、イベント配布ペーパーなどでこの手のバカ文はしょっちゅう書いてきているんですけど、

今までは
「読んでる人の中には、わたしのこと“ばかだこいつ”って思ってる人もたくさんいるんだろうなあ。」
と思っていたんですけど、

違ってましたか。



もしかして、読んでる人ひとりのこらず
俺様のことバカだと思ってませんか。



事の次第はまずここから。
4月16日の扉ネタです。


「加速放置」其の5にも書いたんだけど、今近所のレンタル屋で思いがけなく昔の「サイボーグ009」のビデオを見つけたんでちびちび借りて見てるのね。
んでもさすが古い作品だけあって、もうテープボロボロなんですよ。
いっぱい白い横線とか入っちゃってんの。
そこでまた悪魔がわたしにささやいたね(笑)

こんなボロいんじゃ、
処分する日も近いんじゃないか??

それで今日、返しに行ったときに店員に言ったさ。
店員といってももちろん友達でも何でもなく、このレンタル屋も近所とは言うものの貸し借りに出向くには充分めんどくさい距離で、そのせいでじつは会員期限も1年以上前に切れていてつい先週更新したばかりさ。
それでも言ったさ。

「あのー、これすんげボロいんで
処分するの決まったら売ってくれません??」

なんかけっこう気の良さそうな兄ちゃんだったんで、だめならだめでシャレですむんじゃないかなーとじつはけっこう内心ドキドキしながら言ってみたのさ。
したらアンタ。
店長呼ばれちゃったよ・・・



いや、こわいから来てくれなくていいです店長。
なんか若かりし頃の宗兄弟の片割れみたいなのが、すっごい営業スマイル浮かべながら「なんでございましょう??」とか言ってるし。
しょうがないからすっげ引きつりながらおんなじセリフ言ったさ。
したら

「申し訳ありませんが、これは古くても
見たいという方がいるから置いているので、
全巻そろってないと価値がないんです。
1本だけほしいと言われましても。」

・・・・・・・・・。

1本だけくれなんて言ってない。

捨てるときは全巻まとめて捨てるとふんだから
そんとき全部くれって意味だったんだけど・・・・・・

って、言おうかどうしようか迷ってたら、
もいっかいおんなじセリフ言われた
怖。
営業スマイルと紙一重ですんごい嫌そうな顔してんのがわかる。
ていうか
こわいから笑わなくていいです店長。
ていうか
その顔見てたらなんだか頭冷えてきて、こんなもう1〜2回見たらぶっ切れそうなテープ金払って引き取ってもしょうがねえよなという気になってきたので、それ以上押す気もなく撤退いたしました。
でもって今
ビデオテープをDVDに焼く方法を検討中
(そこまでするか。)



とりあえず
明日天気がよければちょいと遠くのひいきの電器屋までいろいろ聞きに行く。
いやまあ、きいてみてあんまりべらぼうに金かかるようだったらよしますのでご心配なく。

ていうか

“ひいきの電器屋がある独身女”って
べらぼうにかわいくない気がするのはわたしだけですか。


かわいかろうがかわいくなかろうがそんなこたあどうでもいいですよ。
この数日後に、やっと遠出できる天候になったので、行ってきましたですよサ○ームセンに。
でね
一応あれこれネット検索して、
「アナログテープをパソコンに取り込んで、
さらにそれをディスクに焼いてテレビで見る」
には何が必要でいくらぐらいかかるか、ちょっとだけ予習してから行ったですよ。
なんかPC周辺のことって、ある程度ネットや雑誌で知識つけて行かないと、せっかく説明されても何言われてるんだかわかんなかったりするじゃないですか。
特に今回なんて、自分がこれからやろうとしていることが、もうみんなやってるポピュラーなことなのか、まだすんげえマニアしかやってないことなのかどうかもわかってない。
うっかりマニアだと思われて専門用語炸裂されたりしたらもうベーベー泣いて逃げ帰るしかないわけですし。

で調べた結果、
「運がよければ6〜7万で機材がそろうのではないか。」
といういいかげんではありますが、おおよその予測がつきまして。
というよりまあそれ以上はちと出せねえなと。
そんなかんじでハンパな知識と現ナマを片手に、いざサ○ームセンへと乗り込んだわけであります。

・・・乗り込んだはいいんですけど。

パソコンコーナーにめずらしく店員が誰もいなかったという時点で、ちょっと嫌な予感はいたしました。
えっと、なんでここがひいきの店かと申しますと。
べつにたいしたことじゃないんですけども、
ここよりも少しだけ家から近いところに、「安値日本一」がうたい文句のニコニコお日さまマークのあの電器店があるんですよ。
んでもここ、すげえ態度悪いんですよ。
なんつうかもう、女一人で来る客は絶対に買うわけがないと決めつけてる。
何か質問してもあからさまにめんどくさそうな顔するし、わたしと話してる途中でも家族連れの客が来たらそっち行っちゃうし。
そこいくとこのサ○ームセンはですね、
引っ越してくるときにここでいくつか家電をそろえたんですが、
店員が輪になって何やらミーティングしているところを背後から「あのー」って声かけたら、全員が振り返って「いらっしゃいませ!!」って言ったんです(笑)それで好感度がアップしたとゆうわけ。
まあ値段から言っちゃうとお日さまマークのほうが安いんだけどね。なんつうか「いらっしゃいませ」言われたぐらいでありがたがっていてどうするんだというかんじもしないでもないですが。まあ、そうゆうことだったんですよ。

ところがアンタ、今日に限っていつものPCコーナー担当の花粉症が重症ののっぽの兄ちゃんがいないじゃないですか。
いやまあほかの兄ちゃんやおばちゃんでもべつにいいんだけども。
しょうがないのでしばらくそこらへんにある機材やパンフレットを見つつ待機。
やっと、なんかサーファーっぽい小柄な兄ちゃんがやってきた。
普通に声かけたら普通に「はい」とか言ってきたんだけども。
なんかね
このひとむかつくの(怒)

ショウケースに上半身べたっともたれかかって何やら書き物してるところへ声かけたんだけども、
こっち向いてもその姿勢くずさない。
普通起きませんか。
こちとらびんぼうながら一応客ですよ?
しかも
人の持って生まれた顔のことをとやかく言ってはいけませんが、

つねに意味不明なうすら笑い。

なんなんですか。
ばかにしてるんですか。
「あのー」って言っただけでわたしばかだとばれましたか。
まあばれたんじゃしょうがないですが。
なんだかレンタル屋の店長といい、ここんとこ店員運(?)悪いかも。
いやもしかして

サイボーグですかさてはこいつらも?

ま、
そこんとこはこのさいぐっとこらえましてですね。
にやけサーファーのいかにもめんどくさそうな説明をおとなしく聞いてみましたですよ。
やっぱほぼ自分が予習してったとおりだったですよ。
ただ、現時点でこの店に置いてある機材は、ネットで見つけたのよりかなり高めとのこと。

どうしようかなーと思っていたら。

サーファーの奴、おそろしいことをほざきやがりました。

「あのー、焼こうとしてるテープってーまさか
レンタルとかのじゃないですよねー??」

・・・ギク。
や、やっぱりなんかまずいんだろうか。
んでも
自分で見る専用だったら、ダビングとかしてもべつにいいんじゃなかったっけ??

ぽんた 「え。あの。・・・それだとなんかちがうんですか。」

サーファー 「ええー、あのー、今のレンタルのビデオはみんな
       コピーガードかかっちゃっててー、
       絶対複製できないようになってますんでー。



・・・・・・・・・。



もしかしなくても
知らなかったの俺だけですか。



だとしたら、16日の扉を読まれた方はひとりのこらず
「うわーバカこいつー
こんなことも知らねえでやんの。」
と思われたわけですね。
思われた上で誰も何もおっしゃらなかったのはきっと
「でもこいつのことだから、また一人であれこれ無駄な努力をしまくったあげく“うわーバカ見たー”とかネタにして書くんだろうな。ケケケ」
とか期待して(?)暖かく見守って下さったからですよね。なんて広い心の皆様なんでしょう。
ていうか
せめてにやけサーファーでなく花粉症兄ちゃんだったら
もうちょっとショックは少なかったのではと思われし。
カムバーック花粉症。何言ってんだ。

まああれですよ、
今レンタルしてるテープってかなり昔に製造されたものなんで、
冒頭に「複製は禁止です」みたいな注意書きが出るだけで、実際に技術的にできないことにまではもしかしたらなってないかもしれないんだけども。
でも機材そろえちゃってからじつはできないとわかったりしたらあまりにバカすぎてネタにもならないんで、複製作戦は残念ながらこれをもって終了とあいなりました。
ていうかさ
今にして思えば、最初のレンタル屋での
「捨てるときチョーダイ」作戦て、
バカではあるけれども回り回って結果的にいちばん正しい方法ではあったのね・・・。

●で。
そんなこんなぼやいていたら、ネットを通じて知り合ったある方から、思いがけなくテープを手に入れられることになりました。
まさにネット様様です。
ていうか
ほんとはこういうときぐらいしかあんまりありがたみって感じてなかったりしますが(笑)
なにはともあれ、むちゃくちゃいいかんじにキレイにオチがついてよかったです♪

●たぶん次あたりからは、「002の重箱の隅をつつこう企画」に(笑)着手するのではないかと。
絶対すでに読んでないと思うけど、002超らぶらぶあいしてる方は、さようなら(笑)
べつにケチつけたりけなしたりする企画ではないんですけども、こういう面白がり方ってやっぱ気分良くない人いると思うんで。
各々ご自身で予防線張ってくださいますよう、
よろしうたのんます。

(2002・4・21)

BACK   HOME   NEXT