101〜105

105

少女A 「最近さあ、サヤカのやつ
    なんかちょっとむかつかない?」
少女B 「え そーお?」
少女C 「あーでもそういえばあいつ、
    たまに人のこと見下したような言い方するときあるよね」
少女A 「でしょーでしょー
    ね ね 次の休み時間からさ
    あいつのこと無視しない?」
少女C 「え マジ?でもおもしろそ」
少女B 「ええ〜そんな〜かわいそーじゃーん」
少女A 「まーた
    そんなことぜんぜん思ってないくせにー」
少女B 「きゃはははは ひっどー」


・・・仕事とはいえこんな嫌なネームを
スラスラつくれる自分がときどき怖いですこんばんは。
2004年いよいよ野垂れ死にまっしぐらの貧乏マンガ家です

絵のほうばっかり更新していたのは
なにもここのネタがなかったからでは決してないんですが
まああれです ようするに

文字を打っているひまがあったらCGをやらねばという
けっこうケツに火がついた状況がじつはあったりするんですが
すいません
それを説明するのが今めんどくさいです。
とりあえずいつまでも去年のネタをあげておくのもなんなので。


今日は、親戚一同の新年会なるものによばれまして
築地あたりまでおもむきまして
普段の標準消費量1か月分ぐらいのトリ肉を
むさぼり食ってまいりました

なんかすごいばか高い地鶏らしいけどごめんなさい
違いなんかじぇんじぇんわかりません。
一応かろうじて「若者」のメンバーは
わたしと妹と20代前半の従妹の3人だけだったので
おやじどもはほっといて3人でダイエットにはなにが効くとかそんなはなしで盛り上がってたんですが

帰りぎわ
おやじメンバーのひとりが寄って来てわたしらにあいさつしたとき
妹が
「こっちばっかりで盛り上がっちゃって
そちらの席に遊びに行けなくてごめんなさいねー」
とか答えていたので
ちょっとこいつきもーとかおもってしまいました

なんていうか
普段会社内のつきあいでコンパニオン役をさせられてるのが板につきすぎです。
お酌のタイミングとかもすごいんですよこいつ(汗
わたし自分がビール飲まないのでビール飲む人の気持ちのキビなんてわかりませんから
飲み会に行ってもビールはビール飲みどうしで勝手にやれよと思ってほっときますが
こいつも自分ビール飲まないくせに。
なんなんだ
OLってみんなそうなのか?
酌ができるとできないとでは
社内での扱いが違ったりするんでしょうか

そのわりにこいつ
男にもててるけはいがないですが
あっいけね

まあとにかく
わたしは誘われた時点で「ただじゃなきゃ行かん」と言っておいたので
ただめしでした ワーイ。
高級料亭にもかかわらず
口に指つっこんで骨とったりしてしまいましたが
じじばばメンバーはあっちはあっちで
酔った勢いにまかせて差別用語全開になってましたので(・・・・・・)
問題なしとさせていただきます


さて
帰りにふと思い立って途中下車して
お気に入りのパン屋に寄りまして。
ふたたび帰りのきっぷを券売機で買いましたところ

出てきたおつりを拾うさいに
なにか違和感をおぼえたのでございます

しかし昨今ひったくりなどが横行してるので
とっととサイフをしまいながら改札に向かいました
その途中で気がつきました。

300円のきっぷを買おうとして500円玉を入れたら
おつりが300円出てきたということに。

駅の人に言ったほうがいいかなあとは思いつつ(←そりゃいいだろう)
買った券売機から呼び出すにはもう券売機の前を離れてしまって次の人が買っているし。
・・・ごめんなさい。

「ま、いっか。」と
そのまま電車に乗ってしまいました

言い訳ですが
わたし、普段はけっこうこういうの申告する人なんですよ。
コンビニのコピー機なんかでも、前の人がおつりを取り忘れてたりするとちゃんとレジに言って渡しますし。
なんていうか
バチがあたりそうな気がするじゃないですか。
たとえ金額はちいちゃくても。

今日もやっぱりバチがあたらないかなあという思いが残ったので
なにか、過去に100円損したことがあれば
それが還元されたということにして一応納得できると思い(←納得するなよ
思い出そうとしたのですが、残念なことに
そのようなエピソードはなにも思いつきませんでした
そして


バチは、意外に早くあたりました。


電車が駅に着き、降りてバスに乗り替え、
座れたので手持ちの文庫本をひろげ、
本に没頭して2〜3分ほど走ったそのとき、
ふと気がついたのです。


自分の座っている周辺に
異臭がただよっていることに。


どんな異臭かわかりやすく申しますと、
長年公園や地下道に寝泊まりしていらっしゃる方が近寄ってこられたような。
具体的には、
「この席に座ったがきかボケ老人がおもらしをして
それを拭かずに乾かした」を
10回ほどくり返したかのような。
もっと具体的には
しょんべんを煮詰めて日陰で醗酵させたような
そんなかほりでございました(↑もちろんいやがらせです)

一応周囲を見回してみましたが
公園で寝泊まりしていらっしゃるような風貌の方は一人も見受けられません
バスはそんなに満員でなかったにもかかわらず
わたしの前と後ろの座席にも人が座っていたので
これはもしかしてこの座席周辺のみならず
避けようがなく車内全体にこもった臭いなのだろうかと

なかばあきらめつつ
通路をはさんで反対側の空いた席に移ってみたところ

うそのように臭いは感じられなくなりました

ということは、
やはりアレはその席のみにしみついていたということに。
ということは、


・・・・・・まさか
「この席に座ったがきかボケ老人が」というのが
正解だったりするのでわ・・・・・・


べつにシートにあやしいシミとかついてなかったけどなあ。
↑いちど他人が思いっきりそういうシートに座るのを目撃してしまったので、それ以来座る前に確認するようにしているんですが。


100円ねこばばの代償がしょんべんバスなら安いもんだ
とかそういう問題じゃないです
運転手さん
臭い消しスプレーぐらい標準装備してくざさい

地鶏ゲロをおみまいしますよ?

(2004年1月17日)


104

鏡餅を相手に「だるまさんがころんだ」をする高橋英樹に
一抹のかなしみをおぼえずにいられない今日このごろ
みなさまいかがおすごしですか。


なんか今年さぎじけんとか多かったみたいですね
まあそれ以外の事件もまんべんなく多かった気はしますが

先日とあるニュース番組みててびっくりしたんですけど
なんつうんですか 資格商法?(違うかな)
あれまだあるんですねっていうか

まだひっかかる奴いるんですね

あれたしか、すでに3〜4年前わたしが仕事してた雑誌で
「こんなもんにひっかかるバカな女」的なネタで採り上げられていたはずですが

あれですよ
子供がちょっと育ってヒマができた主婦とかが
なんか在宅の仕事でもできないかしらとさがしていて、
「短期間で高額収入!月収100万も夢ではない!」
とかいう広告に引っかかって電話してみたら
「仕事をするには当社規定の資格が要るから
まず教材を買って勉強しなさい。
資格が取れたらじゃんじゃん仕事まわすから。」
と言われて
目ん玉飛び出るような高額の教材を買わされ
結局仕事が入ることはないという。
まあ手口自体は知ってたんですけども

被害者が引っかかる決め手になった誘い文句っていうのをきいて
笑っちゃいましたよ

「あなたには他の人にはないなにかがある」だと。

なんていうか
おまへらそんなに自分の可能性ってやつに夢みてるんですかと。
しかも
面と向かって目見て言われたわけじゃないんですよ

今日初めて電話でしゃべっただけの相手にですよ。

なんていうか
あるいみしあわせですよね
うらやましい(←超棒読み)

なんかさ
「ここではないどこか」とか
「今の自分はほんとうの自分じゃない」とか
なんかしらないけどみんなすきだよね

2年ぐらい前、ちょっと地元系の掲示板にはまってて
よくオフ会なんかも行ったりしてたんですけど
そのうちの1か所の管理人が、なんかある日
「自分を見つめなおす旅に出てくる」とかほざきくさりまして。
ハゲデブのおっさんなんですが
でも歳はわたしより下(笑)

「日本海に沈む夕日を見てくる」
「日常を忘れたいからパソコンは持って行かない」
「ネット喫茶をみつけても絶対はいらない」
などとシリアスぶってけつかったんですが

ケータイはしっかり持参で
旅先から掲示板に書き込んでやがりました
しかも

「夕日を見てたら仕事のことが気にかかった」と
予定を1日繰り上げて帰ってきやがんの
何しに行ったんだおまへわ

しかも、
その後行われたオフ会でもなんか一人シリアスぶって
わたしに「自分を見つめなおしてみたくなるときってない?」
とかきくので
「ない。」と答えてあげましたところ
「そうかー、きっと自分のやりたいことやれてるんだね。
俺は今やれてないからさあ。」

やりたいことをやらずに生きることを選んだのは
おまへ自身じゃねえのか、というツッコミが即うかんだんですが
なんか本人深刻な悩みを背負った自分に酔ってるようだったので言わないでおいてあげました
ハゲデブのくせにな あっいけね

でも
自分自身を見つめなおすっていうんだったらまず
そのたるんだ腹になぜ目が行かないんだと
あっいけね

せっかく大の男が横で弱音をはいてるのに
母性本能くすぐられてあげなくてごめんなさい。
でも

こんなヘタレによろめかないと男ができないんだとしたら
一人のほうがましなような気が
あ ごめんなさいなんでもないです

まあなんにせよ
ゆめをみるのはいいことだよね(←すげえ棒読み)
きっと
「これわほんとうのおれじゃない」って毎日言い聞かせていれば
たるんだ腹もいつか引っ込むんでしょうね
はやくその日がくるといいね
でもその前に

「今のあなたはほんとうのあなたじゃない。
あなたには無限の可能性がある。」なんて言われて
へんな教材を買わされてないといいですが

ハゲデブに幸あれ。
あっいけね

(2003年12月27日)


103

あれですかねやっぱり
玄関にちんことかうんことか書いてあると
ああここはえろいはなしをしてるサイトだから
宣伝とかしちゃってもだいじょぶだろうとか
思われちゃうんでしょうか。

いやたぶん関係ないとは思うんだけど。
宣伝書き込みとかする人ってぜったいサイトの内容なんかいちいち読んでないとは思うんだけど。
初めてレスつくほうの掲示板に、
しかもすごいタイミングでエロ宣伝書き込みをされたもんで
・・・・・・・・・
しょうがねえからなんかちがうこと書きますよ
ちっ

とか言ったからって
エロ宣伝書き込みをすればわたしがサイトを更新するとか
思うんじゃねえぞこの低能どもめ

高校のとき、自分の偏差値を知るために受けた実力テストで
1問もわからなくて0点を取ってしまい偏差値が出なかったという
輝かしい過去を持つ低能の俺に低能ってゆわれちゃ
死んだほうがましだぞてめえら

先ほどベランダで植物の手入れをしておりましたらですね

あ、その前に
あまりにどっから書いていいのかわからなかったので今までネタにできなかったんですが

うちのマンションの隣にものすごいカルシウムのたりない一族が住んでおりましてですね

マンションの隣の部屋じゃなくて、隣の建物ね。
まあ詳しいことははしょりますが
この3年ぐらいの間にいろいろと経過があったんですが

隣の建物に老夫婦とたぶんその子供、
そしてさらにその隣の建物に
老夫婦の長女一家が住んでおりまして

この長女とそのだんなというのがもう
ものすごいわかりやすいヤンキーなんですが。
二人ともたぶんわたしと同世代ぐらいで
ちいちゃいがきが2匹いるんですけど
そのがきどもにもものすごい髪型をさせてたりするんですが

さっきなんかさわがしいので見ていたら、
ここんちのだんなヤンキーと
その友達だか親族だかの、
やはりちいちゃいがきどもをつれた
同じくらいの年回りの男ヤンキーが
二人連れ立って歩いてるんですよ
二人とも着物着て

もうさどきどきしちゃいましたよ
なんの集会かと。
方や茶髪のパンチパーマ、
方やドレッドのポニーテールが
正月でもないのに羽織袴に足袋に下駄はいて歩いてるんですよ


よくみたら、がきのほうも
頭をだんごに結ってやたら派手なかんざしとかつけてるので
ああそういえば、さっきテレビで
今日は七五三だとかいってたっけなあと
(がきの着物はこれから着せるらしい)
まあ
七五三に男親が和装でめかしこむってのもあまり聞きませんが
わりとヤンキーという生き物はてめえのがきを大事にする習性があるので
一応それなりに納得もいったわけですが


そのヤンキー二人の会話が聞こえてきたわけですよ。
ちなみに
ヤンキー1がドレッドで2軒隣の家のだんな、
ヤンキー2が茶髪パンチで訪ねてきたほうね


1 (酒屋の自販機の前で)「何買うー?」
2 「んっとねーつめたいのとー、
  コーラのあったかいの。」
1 「なんにするんだよー」
2 「つめたいのとコーラのあったかいのー。」
1 「あったかいの?」
2 「んっとねー
  つめたいのとねー、コーラのあったかいのー。」(しつこい)
1 「つめたいのってウーロン茶でいーの?」
2 「つめたいウーロン茶とコーラのあったかいの」(しつこすぎ)
1 「ウーロン茶あったけーのしかねえよ」
2 「いんじゃねえのそれで」


・・・・・・・・・

もうなんて頭の悪い会話なんだろうと。
頭がズキズキしてまいりました

なんでヤンキーの会話ってこんなにあたまがわるいんだよ

頭が悪いからヤンキーになったんでしたねそもそも
それにしたってわたしと同世代ってことはいいおっさんですよ二人とも
どうすんですかこんなことで

昔さ
笑う犬のなんとかっていう番組のかなり最初の頃に、
ホリケン扮するヤンキーが女の子と自販機の前でものすごい頭の悪い会話をするっていうコントがあったんですけど

今考えるとあれってすごいですね

ほんとにギャグじゃなくて素であの世界なんですよ

ヤンキー1が「コーラのあったかいの」に突っ込まないのも、
ばかばかしくて聞き流してるんじゃないんですよ

聞こえてないんですよ(汗

聞こえてれば、
4回も言われりゃきれますよあんなくそつまんないギャグ

・・・ギャグじゃなかったりしてな
・・・・・・・・・

ともかく
こんな会話が日常交わされている環境で暮らせる
あのひとたちってものすごいですね(汗

しかもこんな親に育てられるがきってどうなんだろう
・・・・・・・・・

とりあえず
この会話を聞いてしまったわたしにできることはただひとつ


おとうさんかおかあさんがヤンキーのおうちに生まれてしまった
かわいそうなおともだち。
とってもやくにたつDOKUPARAのぽんたおねーさんが
いいことをおしえてあげますねー

ジュースのじどうはんばいきで
あったかいコーラは売ってないですよー。
もしうっかりおとなを笑わせようとして
あったかいコーラをしつこくおねだりしたりしたら
どこかのおうちの2階のベランダから
使わなくなったラジカセがとんできたりするので
きもにめいじておきましょうねー。

(2003年11月15日)


102

ごぶさたしといてなんですが
今現在はもうそうでもないんですが
ほんの先日まで、もうなにもかもが
めんどくさくてしょうがなかったです

先週、とあるちいちゃい腐れイベントがあったんですが
いつもは売り子さんに来てもらって、トイレに行く間とかお友達とだべりに行く間とか店番をしていてもらうんですが
今回は来てもらいませんでしたというか
都合をうかがうとかの連絡すらしませんでした なんでって
メールを打つのがめんどくさかったから

というよりもすでに

こちらからの連絡のメールすら打たないうちから
むこうから来る返事を読むのがめんどくさかったんですよ

・・・・・・・・・
なにかやばいですかわたしは。

さらに

イベント当日、会場に行ったら行ったで
一応パンフレットを買って、知ってる作家さんのスペースとかいくつかチェックしたんですが

いざ席を出て訪ねて行って
スペースにたどり着いてご本人がいるのを確認しても
話しかけるのがめんどくさくて
そのままUターンして戻ってきてみたり
・・・・・・・・・

だってほら
べつに話しかけなくたって生きていけるし
・・・・・・・・・

だめですか。

なんていうんですかね
べつに鬱とかひきこもりとか、そういう
深刻なはなしじゃぜんぜんないんですよ。
普通に店に買い物に行って、店員にあれこれ質問したりとかするのはぜんぜんめんどくさくないんです
電話なんかも、必要があってこっちから問い合わせたりするのは
まあたしかに普通にめんどくさいですが一応必要なんだからとちゃんと自分から動くんですよ
ただ

かかってきたら出たくないなあと思って
何日か電話機のコンセントを抜いて暮らしたりはしましたが

べつに生きていくのに支障はなかったです

まあこの平成の世の情報化社会においても
自分のホームページをぜんぜん更新しない奴とか
パソコン持っててもぜんぜん開けてない奴とか
パソコン持ってない奴とかケータイ持ってない奴なんてのは
まだまだいくらでもいるわけですが

一人暮らしで自宅で仕事してて
ケータイも持ってないのに
電話機のコンセントまで抜いてる奴は俺ぐらいかも

なんていうんですかね
「やらなくても命にかかわらないことは
いっさいしたくない」みたいな。

まああれでしょうね
こうやって自分から縁をぶちぶちぶった切っていって
気がついたら誰からも見捨てられて
さいご一人で死んでいくんですね
いっそ骨になるまで見つけないでいただけるとうれしいです

なんかさ
俺こくみんねんきんとかわりとちゃんと払ってるんですけど、
えすみまきこに「ふう〜ん」とかいわれて
思わず払うのよしたろかなとかおもってしまいました

「ちゃんとおさめとけばちゃんともらえるの」って
おまへが言ったところで何の保証になるんだよみたいな。
そもそももらえる歳まで生きてる気があんまりしてないんですが。
じゃあなんで払ってんだよといわれれば
払わなくてすむ正当な方法を考えるのがめんどくさいからですがなにか
ともかくとりあえずあのCMをなんとかしていただけませんと
しまいにテレビつけるのまでめんどくさくなりそうです

ていうかほんと選挙運動ってうるせえですね。
テレビの音量もいつもの倍くらいにしないときこえません
まあ言うまでもなくいちばんうるせえのは集落のくそ狭い路地で拡声器であほみたいに名前連呼しまくる地元の候補者どもですが

わたしが住んでいるところは市と市の境界線に近いので
けっこうあちこちの選挙区から宣伝の声が
不明瞭に聞こえてくるわけですよ

先日もベランダにて洗濯物を干しておりましたところ
どこからともなく風に乗って遠方の選挙運動の声が

「市民の皆様ご声援ありがとうございます
おーやまちんぽ
おーやまちんぽでございます」

・・・・・・・・・。
いやあの、

最初に聞いた時点でついうっかり
「この人の名前“ちんぽ”にきこえるなあ」
と思ってしまったもので(思うなよ・・・)

それ以降何度聞いても
「おーやまちんぽ」にしかきこえなくなってしまいました

本当はなんていう名前なのかなんてもちろん知らない
おそらく連呼してる本人たちも
数キロ先で自分たちの叫んでいる名前がどう聞こえているかなんて
知るよしもないことでありましょう


「ご声援ありがとうございます。
日本の未来を変える男
おーやまちんぽ
おーやまちんぽを
どうかよろしくおねがいいたします。
手を振っての応援ありがとうございます
おーやまちんぽ
おーやまちんぽ
地元の未来を背負って立候補いたしました
おーやまちんぽ
おーやまちんぽを
どうかよろしくおねがいいたします」



与党だの野党だの
政権が移ったの移らないのにはまったくきょうみないですが

おーやまちんぽの当落だけがとてもきになる今日このごろ
・・・・・・・・・



こんな下品なサイトなんか見てないで
きのこ狩りでも行ってきたらどうですか。

(2003年11月11日)


101

す すごいショックなことがあったから書いちゃうわよっっ


すごいったってべつに生きていく上ではなんの支障もない
くだらないことなんですけどもね
とりあえず
昨日9月14日の「アッコにおまかせ」をみた方にはネタバレますので。
↑もうこの時点で充分くだらないです。うるせえ。

いやあのですね
うちのマンションて商店街から一本路地を入ったところにあるので
商店街でかけてる有線がガンガンに聞こえてくるんですよ。
まあそれはいいんですけどさ なんていうか

選曲がちょっとアレなんですよ(・・・・・・)

いやまあ、入居した頃からすでにちょっとアレだなあとは思っていたんですが
一応、夏休みやらクリスマスやら正月やらひなまつりやらにはちゃんとシーズンものの童謡を流したりもするんですが

たまに何の脈絡もなく突然
田原俊彦特集の日があったりとか(・・・・・・)

まあとにかくよくそういうことをしてくれるので
そういう商店街なんですねと無理やり納得させて暮らしていたわけですけども。
今年に入った頃からだったでしょうか

なんかしらないけど
ずーっとおんなじ曲ばっかり流すようになったんですよ。

おんなじったって1曲じゃなくて、
何曲かのセットを毎日毎日毎日毎日くりかえしかけるんです
それも

どれもこれもなにやらあやしい曲ばかりを

いや、中にはちゃんと若者にうけてそうな普通っぽいバラードとかポップスとかもあるにはあるんですが
わたしは歌番組とか流行の恋愛ドラマのたぐいはまったくみないので
売れている歌&歌手なのかどうかの判断はつきかねます
ちなみに

「ちゃんと若者にうけてそうな普通っぽいバラードとかポップスとか」
以外のただのあやしい曲のうち1曲は
「ハレラマ」
・・・・・・・・・

↑これはたまたまわたしがチェックしてたサイトで
一時期話題になったからタイトルがわかったんですが。
毎日毎日数回ずつくりかえし「♪ハレハレハレラマ〜」とわけのわからんまじないを聴かされるだけでも充分商店街のスピーカーをたたき壊してまわりたくなりますが、

これにもましてむかつく叫びが流れていらっさるわけですよ

「♪げらっげらっごーごー!げらっごー!」

・・・・・・たぶん英語だと思うんですけどね↑。
あまりにも悪を打ち倒さんばかりに絶叫しているので
てっきり特撮ヒーローものの主題歌かなんかだと思ってたんですが
ある日スーパーで買い物してるときちゃんと歌詞が聞こえたので
ゴジラ松井の応援歌だとわかりました

まあこの阪神優勝へ向けての気運高まるときに
六甲おろしなど1ミリも流さずひたすら松井を応援し続ける
その姿勢はどうなんだと問う以前にですね


♪げらっげらっごーごー!げらっごー!
げらっげらっごーごー!げらっごー!
日本のゴジラはなかないぞー
三振スランプなんのそのー
うってはしってまもってさいこーだー
うってはしってまもってさいこーだー
それがアメリカンドリーム
いつもーおとこはーわらってるー
はばたけわれらのめじゃりーがー
めじゃりいがあー♪



・・・・・・・・・


ただでさえ数が少ないこのわたしの脳の記憶チップを
こんな頭の悪い歌に使わせるなんて
ここの商店街はわたしになにかうらみでもあるんでしょうか。


じつは、
この歌詞がわかった時点でネタにしようと思ってたんですが
それからだいぶたった昨日になって

ナゾだったあやしい曲のうち
残る最後の1曲の正体が
判明いたしたわけでございます

それは、それはもうみごとなとどめでございました。
ごめんなさい
「げらっげらっ」なんてこれにくらべたらまったく問題になりません。
わたしここ数年でこんなびっくりしたことありませんでした。


なんていうんですかね
サンバ調の曲だったんですよ。
歌詞でも聞こえる部分では
「♪おどれサーンバ うたえサーンバ」とか
「♪オ〜レ〜 オ〜レ〜 ○○○○サンバ〜」
みたいなこと言ってましたし。
なんかよくしらないけど世間ではラテン系とか流行ってるみたいだし
そういえばなんか、ディアマンテスでしたっけ
ボーカルが少年隊の植草みたいな顔してるラテンの楽隊がいたじゃないですか。
あのへんあたりが歌ってんのかなあと。
まあ、カラオケで歌われたりするかんじではないけども
商店街で流れる曲としては「はれはれはれらま〜」だの「げらっげらっ」だのよりはだいぶまともかなあと。
とにかくわたしの知らないどっかでは流行ってんだろうと。
正直そんなに気にしてなかったんですよ
したらあなた

昨日の昼間ですよ。
まったくなんの気もなくただぼへーと
「アッコにおまかせ」を観ておりましたらば。
なにやら
「誰も知らないけどじつはあの人がこんな歌を出している」
みたいな特集をやっておりまして

VTRにどこぞの大劇場らしきステージが映ったかと思うと
あやしげに光るラメ入りの和服をまとった
おびただしい人数の厚化粧の踊り手さんたちを割って
全身に電飾をつけたバカ殿のようないでたちで
暴れん坊将軍こと
松平健が登場し

「♪おどれサーンバ うたえサーンバ」と
例の歌を歌い出したでわありませんか


しかもですよ

例の聞き取れなかった部分。


「♪オ〜レ〜 オ〜レ〜
マツケンサンバ〜!」


・・・・・・・・・


聞き取れないわけですよ。
マツケンサンバですよ松健サンバ。
どうしたらいいんですか。
こういうときはどこへ通報したらいいんですか。

もうあなた
目が点どころか、全身の毛穴がパカーってかんじで
画面に見入ったまま数分間かたまってしまいましたよ。
なんですか 俺は今年に入ってからずーっと知らずにバカ殿のバカ歌を聴かされ続けて
しかもずーっと「まあわたしはきょうみないけどどっかでは流行ってるのね」とか勝手に納得してたわけですか。
どうしてくれるんですか。
納得してたあの頃のわたしに対してどう責任とってくれるんですか。

とにかくあまりのショックに
オチを考える頭もないぐらいなんですが
最後にひとこと言わせていただくなら


今、
ディアマンテスのボーカルに土下座して謝りたい気持ちでいっぱいです



(2003年9月15日)

BACK NEXT

倉庫  HOME