扉エッセイ・36〜40

40

次の仕事に取りかかろうにも、原稿用紙が1枚もないことに気づき、その他の画材もびみょうに切れていたので、久々にバスに乗って買いに出ようとした。

バス停に着くと、「裸の大将」のような髪型と体型の、高校生らしき制服を着た少年が一人バスを待っていた。
やがてほんの数秒後にバスがやってきたが、行き先はわたしの目的地ではなかった。
バスのドアが開いたので、大将は乗るのだろうかと思って見ていたら、彼の目的地とも違ったらしく、
彼はバスの中に向かって

「ごえがうをー!!!」

と怒鳴った。

どうやら彼は、裸の大将ハイパーバージョンらしい。

やがてバスは去って行った。
他に客が来る気配はない。
どうやらわたしは、目的のバスが来るまでの数分間、
いやあるいは目的地が同じだった場合は40分近くもの間、彼のそばで過ごさなくてはならないようだ。
思わずネタができるかもしれないとワクワクしやっかいなことにならなければいいがとドキドキしながらわたしは、3メートルほど離れて様子をうかがっていた。
何しろ自慢ではないがわたしは昔から、普通の殿方にはまるっきりもてない代わりに、この手の方々と、酔っ払いと変質者と子供と動物にはやたらとなつかれる傾向があるのだ。(←各者の共通点:「本能だけで生きている」。)
バスを待っている間、彼は道行く人に向かって奇声を発することもなく、なにやらバス停の時刻表に向かってしきりに話しかけていた。
やがて
道の向こうのほうから、彼と同じ学校とおぼしき制服を着た、関取のような少女が母親らしき人と連れ立って、青いビニール傘をぶいんぶいん振り回しながらこっちに向かって歩いてきた。
それに気づいた大将は、すごい形相で彼女に向かって

「うんげらぼー!!!」

と吠えた。
すると彼女も負けじと鬼瓦のような顔で

「ずけろぴれー!!!」

と返してきた。
手に汗握る、謎のおたけびの応酬。
女相撲の母親は、まるで飼い犬が散歩中に通行人に吠えかかるのを静止するかのように、必死でわが子を押さえにかかる。
わたしはバスに通り過ぎられては困るので逃げるわけにもいかず、ひたすら視線を合わせないように立ちつくす。
すると間もなくバスがやってきた。
またしてもわたしの目的のバスではなかった。
が、
バスが止まりドアが開くと、大将は怒鳴りあいをやめ、それでもまだ何やらぶつぶつ言いながらバスに乗り込んでいった。
そして
大将が席に着き、降りる客が料金を払い終わり、ドアが閉まる瞬間
彼は女相撲に向かって、はっきりと

「じゃあなー!」

と言ったのだった。


女相撲もビニール傘を振り回して応え、
母親とともに去って行った。


野生動物どうしの威嚇合戦と思われたあれは、
じつは彼らの間にしかわからない
心温まるコミュニケーションだったらしい。

愛ってすばらしいですね。

(2002・5・20)


39

そういえば、今までのここの壁紙みたいな単色塗りじゃなしに、いわゆるちゃんとしたCG(美少女とかの;笑)ってまだやったことなかったなあ。と思って、仕事の原稿描いてた間ちょびっとずついろいろ描いてたんですよ。
まあパソコンもソフトもあんまり性能いいとはいえないし、わたし自体が要領悪いし時間もそんなにかけられないしで、1日にレイヤー1〜2枚とか(笑)そういうふざけたペースでしか進まなかったため、いまだに完成品ないんですけどね。
で、
おととい原稿が終わったので、じゃあちょっとがんばってやろうかなと思って進めたんだけど、なんか気がついたら塗りかけとか取り込んだ線画だけとかの保存ファイルがばかのように増えていたので、これはちょっと外部ディスクに移したほうがいいなと思って、買い置きしてあったフロッピーにぶち込もうとしたんですよ。
したらさ。
じぇんじぇん入んないんですよ。
最初にまずここの今使ってる壁紙の、下書きのJPGと、塗り終わってレイヤー結合する前のデータファイルと、結合してJPGにおとしたやつと、ボカシかけて完成した壁紙とをまとめて保存しようとしたら、1枚のフロッピーに余裕で入ったんですよ。
んでも
本格的に(←自分では)塗ったCGだと、これがなんと塗りかけのデータファイルいっこだけでも、フロッピーの容量の軽く数倍いっちゃうんですよ。
ちなみに、壁紙はレイヤー3〜4枚。
本格塗りだと今のところ10枚ぐらい。
あれですか
もしかして、レイヤー1枚増やすごとにものすごい容量食ってるんですかこれ。
・・・・・・・・・。
またバーカとか思われてますかわたし。

バカついでに白状しますと、いまだにフォトデラックスで描いてるんですけどね。
フォトショップインストールしてあるくせに。(両方とも機器のおまけですけど。)
なんかもうフォトデラの限界に挑戦する気になったらしい。
あ、わかんない人いますか。
あのね、フォトデラックスって、じぇんじぇん絵を描くためのソフトじゃないんですよね。
あのー、ようするに年賀状に自分ででじかめでとった写真なんかを使いたいときに、補正したり合成したりして印刷用にこさえるためのツールらしいです。
んでも
レイヤー使えるし、ブラシとか消しゴムとか普通にあるし、色の不透明度を落とせばいわゆる“水彩”の効果も出せるし、テクスチャもいくつかは作れるし、写真や他の絵との合成も何の苦もなくできるんで、なんだかもうちゃんとしたお絵かきソフトに移行して1から覚え直すのやんなっちゃって。
まあ
いんですよ。仕事で金もらって描いてるわけじゃないんだから。
だれもわたしにCGの正道なんざ求めやしないでしょう。
あきたら勝手にフォトショ使い出すと思うんで、ほっといてやってください。

・・・でさ。
それはいいんだけども、問題はやりかけデータのバックアップがとれないことですよ。

しょうがないから、今日ネット通販で注文しちゃいました
CD−R/RWドライブとかっちゅうやつを。
なんだかCDだったら、1枚に数百MB保存できるらしいじゃないですか。
これだったらHP用のフォルダもまとめて1枚にぶち込んで、毎回その1枚を書き換えればいいだけになるじゃないですか。
・・・え、
今まではじゃあどうしてたかって??
・・・・・・そういうことはきかないでおいてやるのがおとなというものです。
そんなわけで、CD−R/RWドライブ。
けっこう探すのに苦労しましたが、DVDも観れて2万ちょいってのを見つけました。
んでもさ。
内蔵型なのね。
一応本で調べて、外付け型と内蔵型があって内蔵型のほうがちょっと安いという知識はあったんだけども。
内蔵って。
わたし今までADSL入れるのとメモリ増やすのとで2回自分でパソコン本体の中身開けて見てるんだけども、あのクソせまいメカの中のどこに新たにメカを組み込むゆとりがあるんじゃい。とすげえ疑問だったのね(笑)
したらさ。
メーカーのHPに、内蔵型の取り付け方の説明ページがあったんですよ。
もうびっくりしましたよ。
目からウロコどころのさわぎじゃないっすよ。
だってああた、


今のパソコン本体の、
ソフトなんかのCDを挿入してた
挿入口の部分のパーツをまるごととっぱらって
そこんとこへぶち込むそうじゃないですか。


ようするに

今までCD‐ROM挿入口があったところに、
新メカの挿入口が何食わぬ顔で
おさまることになるらしいですよ。



・・・・・・・・・、
まあ知ってる人にとっちゃ今さらでしょうが。
しろうとのわたしは、思わずにはいられませんでしたさ。

「パソコンって、きもちわるい・・・・・・」

しかもさ。
その、とっぱらったほうのパーツはどうしたらいいんですか。
燃えないゴミですか。
ゴミ屋の人とか大家さんに「これなに」ってきかれたら、なんて答えたらいいんですか。
説明してもわかってもらえなかったら暴れていいですか。

きっと日本のどこかには、
「CD‐ROM挿入口の墓場」があるにちがいない。

(2002・5・17)


38

ひじょうにいいかんじでアクセスが激減しております。

更新しない報いはしょうがないとしても、どうも009リングが機能してない気配。黄金週間突入したあたりから。
リングの「ランダム」からのアクセスがぱったり消えている。
不安になって確認したがリストから外された様子はなし。
例によってサーバーの不具合とかそのへんの理由でしょうかねい。
まあランダムから回ってきた人はほとんど読んでくれないとはわかっているものの(笑)、あれだけ解析に現れてたランダムURLがごっそり消えるとさすがにブキミだ・・・


さて。
こんどこそ扉のレイアウト定着させたいです(笑)
もうただひたすら
「ときどき壁紙とテーブルと文字の色を替えればいいだけ」
という状態にしてしまいたくて、11月からずっと悪戦苦闘してるわけですけども。
じつは、ここんとこずっと原稿描きで更新できなかった間ちょっと息抜きにCGもどきであそんだりしてて、そういえばCGの教科書ってまだちゃんと読んだことなかったなあと思って、本屋に行ったんですよ。
でもそこの本屋CGの本売ってなくて、代わりにふと目についたwebデザインの雑誌を買ってみたんです。
ええ、「ホームページ作成」関連の本は山ほど読みましたがじつは 「webデザイン」の本はほとんど読んだことありませんでしたわたくし。
でまあ、今さらながら
「1ピクセル幅の透過画像をテーブルのつっかい棒代わりにして空白を作る」
とかそういう裏ワザを知って(裏ワザってほどじゃねえかこの程度)、さっそくてまてま使ってみたり。
そう、今まで使ってた「上と左右に空白を作る」のタグは、じつはNNでは反映されないんですねい。
あと、画面の解像度なんかもじつは今までじぇんじぇん意識してなかったり。
うち800×600なんですよ。
んでも統計によればそれ以上の方のほうがだんぜん多いんですよねじつは。
毎日解析見て知ってたくせに、「じゃあ改善しよう」という頭はなかったという。
(ていうかまあ、ものすごく都合よく解釈するならば、多少デザインに難があっても内容が見たくて来ていただけていると、いえなくもないわけで。・・・・・・・・・。)
ていうか
白状すると、「画面の解像度がでかい」ということの意味自体あんまり理解できてません(笑)
あれだよね
モニタのサイズ自体は同じで解像度がでかいとしたら、字とかちっちゃくなっちゃうってこと??一応手持ちの雑誌にそういう図が載ってはいるんだけども。
んでも
15インチぐらいのモニタでこんなに中身がすみっこ寄っちゃってたら、字なんか読めなくないですか。
だって今わたしが普通に見てるブラウザの中身と同じだけの情報が、画面の半分ぐらいにムギュッと凝縮されてるわけですよ。この図によれば。
とくにカワイイ系&カッコイイ系のデザイン重視のサイトなんて、最近よく
「フォントサイズ最小で見やがれ」
とか言ってるし。
いや言ってもべつにかまいませんけどもね。見たくない奴には見ない権利がありますし。
んでも
この凝縮加減で「最小」っていったいどんな小ささなんですか。
げろはきませんかそんなもん毎日見てて。

もしかして、すでにモニタ自体もっとでかいのが主流になっちゃってるとか。



・・・・・・・・・。
今これ読んでる皆さんもしかして
一人残らずわたしのこと
バーカバーカとか思ってませんか。



バカついでに言ってみますが、
一応少ないのうみそしぼって考えて、壁紙の横幅を800ピクセルにしてみたわけです。
これだと800×600で見てる人はこの文章の入ってるセルの左側に絵がきて、
それ以上で見てる人はセルの両側に絵がくるのでわないかと。
・・・かと・・・・・・
えっと、
よければどなたか報告してやってくざさい。

あとさらにバカついでにほざきますが、
これからは使い終わった壁紙をDLフリーにしようとおもいます。
べつに素材屋きどりたいわけじゃなくて(笑)
自分の中で「他人が使うかもしれない」と思ってれば、もっと頻繁に作ったりだんだん上達したりするのではないかと。
・・・かと・・・・・・

今までの壁紙はだみですよ。ほんとにひどいですから。穴だらけで。
あ、言われなくても誰も持ってかない。そうですか。

そういえば、
当初さんざっぱら読んだホームページ作成関連の書物やらサイトやらに
「あんまりいろんなコンテンツに手を広げずに
テーマをしぼったほうがよし。」
と必ずと言っていいほど書いてありましたが。
すっかり読まなかったことにしてるわたし。
いいの
「そんときやりたいことを全部やる」がわたしのモットーなの。
んでも
自分で言うのもなんですが、あれこれ手を出してるわりにふしぎとまとまってる気がしませんかうちのサイト(笑)
あ気のせい?やっぱり。

ちうわけで
一応、どのブラウザにも対応する基本タグだけでシンプルかつセンス良く(笑)やってくというのを目指してますので。例の空白タグなんかも、これからぽちぽち抜いていきますです。
あ、ごめん「マウスあわせるとリンクの文字の色が変わる」っつうやつ、なんかやってみたかったんで(笑)やっちゃってますけど、これもNN対応じゃないらしいんで、どう見えてるかわかってねえです。
不都合だったらやめますんで言ってやってくざさい。

ていうか

扉ページどかんと改装しといてじつは
中身はひとっつも増えてないって
モノスゴかっこわりいですね。

言われる前に自爆。
秘技ツッコミ封じ。

(2002・05・15)


37

じつは、上の階の住人がかなり嫌い。

去年の3月頃入居してきたんですけどね。
けっこう若い(たぶん)男なんですけどね。
まあ、最初から何の興味もなかったんですよ。
誰もわたしの男の好みなんかべつに知りたくもないでしょうけども、ようするに
“まったく興味のわかない容貌”
の人間なんですよわたしにとって。
いるでしょそういう人、誰にでも。
異性同性かぎらず。
整っているともいえないけれど、見ただけで不快感を覚えるほどのブサイクでもない。
嫌うほどでもないけど、べつに友達にも恋人にもなりたいとは思わない。
んでも、まあ
大家さん含めて4世帯しか入れないちっちゃいアパートだし、わたし近所づきあい嫌いじゃないし、一応ここでは先輩である(笑)わけだしってことで、あいさつぐらいは普通にするつもりだったんですよ。
んでもね
こいつ、わたしがあいさつすると目そらすんですよ。
ちょっと失礼じゃない??
大家さんとかとはちゃんと話すらしいんですよ。
なんなの。
どういうのそれ。
ブスと口きくとなんか損するとでも思ってんの。
へたに口きいてやってなんかカンチガイされて襲われたら困るとか思ってんの。

そんな“飢えてるオーラ”とか出してんのわたし。どうなの。

でさ

ひとつムカつくポイントを発見すると、もうあとからあとからこいつの何もかもが許せなくなってくんのね。
バイクとマウンテンバイク両方持ってることとか。
1匹うん十万のブランド猫2匹も飼ってることとか。
しかも
こないだそのうちの1匹が1歳にもならないうちに事故で死んじゃって、こいつその後すぐまたうん十万のブランド猫買ってきたらしいんですよ。(情報源→大家さん。)
べつに、うん十万のブランド猫が悪いとは言わないよ。わたしはわたしが勝手に雑種が好きで飼ってるだけで、もしこの先なんかのきっかけでどーしてもちゃんとした品種の猫が飼いたくなったら、それこそ借金してでも買うかもしれないし。単なる好みの問題ならそりゃ他人が口出すことじゃないですよ。
でもね。
なんかこの男、ぜんぜん家にいないんですよ。
そりゃ仕事が忙しいかもしれないよ。何の仕事か知らないけど。
で、疲れて帰ってきて生き物が迎えてくれるのが、心の安らぎにはそりゃなるかもしれないよ。
でもさ。
なんでそれが、よりによってうん十万のブランド猫でなくちゃいけないわけさ。
そこんとこがわかんない。
1匹死んじゃって寂しくて、すぐに代わりがほしくなったっていうのはわかるよ。わたしもゆきちゃん死んじゃって、しばらく猫の里親探しのサイトばっかし見てたし。
んでもさ
すぐ札束持ってペットショップ行っちゃうってのはわかんない。
買えりゃいいのか。
金で買えるものは買っとけってか。
じゃあてめえこんなボロアパートに住んでんなよ。
どっか、オートロックでセキュリティ万全の、まかりまちがってもブスが通りすがりにあいさつなんか絶対してこない高級マンションみつけて引っ越せよ。
いやいっそてめえで家建てろよ。要塞みたいなさ。
そんでもってブスや雑種猫が近づくとビームかなんか出るようにしとけ。
・・・たかがあいさつ無視しただけでここまで言われるなんてご愁傷さまとしか言いようがありませんけども。


時々、週末などにこいつのところに客があるんですよ。
大勢だったり一人だったり。
たいてい自転車で来て、アパートの下のところに停めてあるんですよ。
・・・あ、べつに張ってるわけじゃないですよ(笑)
建物ボロいし、うるせえからすぐわかるんですよ。
でさ。
1台、よく目につく赤い自転車があるんですよ。
いちばん頻繁に来てる人らしくて。
けっこういつも邪魔なとこに停めてあるんでこれはこれでムカついてたんですけどね(笑)
まあちょっと変わった型の自転車ってこともあってよく覚えてたんですよ。
でさ。
これの持ち主ってわたし、ずっと男だと思ってたのね。
こいつが入居した頃しょっちゅう入りびたってた男友達らしき人がいたんで、たぶんその人のだろうと勝手に思ってたんです。
したらさ。
昨日、買い物に出ようとしたら、また下にこの赤い自転車が停めてあったのさ。
で、あーまた来てんだなとか思いながら歩き出したら、
道の向こうから上の住人が歩いてくんのね。
女連れで。
土曜日の昼下がり、泊まりに来た彼女と自転車は置いたまま、ちょっと近所へ食糧買出しがてらお散歩。といった構図ですか。
へー、彼女のだったんだ赤い自転車。
彼女いたんだこいつ。
いやもう、ぜんっぜんべつに興味ないっすよ。
むこうが気づこうが気づくまいが、自主的に思っきし無視ぶっこかせてかただきましたさ。
彼女の顔見てやろうとも思わんかった。
わたしうらやましいときはちゃんとうらやましいって言いますからね。
こいつらに限っては、もうどんないちゃいちゃしようが、どんな変態プレイを繰り広げてくれようが、どんな修羅場起こして刃傷沙汰にまで発展しようが、たぶん見向きもしませんよわたしは。

たださ。

うちってさ、天井低いのよ。家賃安いだけあって。
身長約161センチのわたしが背伸びして手伸ばせば届くぐらい低いのよ。
でさ
こいつ、うちの真上に住んでるわけよ。

・・・・・・・・・。

気づかなかったとはいえ、



今まで、赤い自転車が下に停まった日の夜は わたしの頭のすぐ上であの野郎が
女と交尾ぶっこきあそばしていたのだと思うと 胸クソ悪すぎてへどがでそうです。





こんど下で赤い自転車を見かけたら
ゲロぶっかけていいですか。



できればエビチリ風味。
「赤」つながりってことで一応。

(2002・5・5)


36

いつも思うんですけども
コンテンツに「日記」を置いている人は、
“毎日書く”が原則なので書けなかったときはあとで書けなかった理由とか謝罪とかを書かなくちゃならなくてたいへんだよね。
あ、
わたしがあくまでここを「日記ではない」と言い張るのは、なにもそれが理由じゃないですよ(笑)いや、それもあるけど(笑)
ていうか
毎日書けないことははじめからわかりきってたしね。

そういえば、
もう今来てくれてる人はほとんど知らないだろうけど、以前は
「わたしが日記を書かない理由」
なんていうたわごとも置いてました。
しかも冒頭の注意書きのところに。
「掲示板を置かない理由」っていうのを書いたので、そのついでに。
なにしろその頃まだ「テキストサイト」というくくりがあることも知らなかったので、
「個人サイトといえばメインコンテンツは日記と掲示板」
みたいな常識がまかり通っていて(いや今でもあるいみそうなんだろうけど)、じゃあそのふたつをあえて置かないとなると、それなりの理由を用意しといたほうがいいんだろうかみたいなことで。(実際「置かないんですか」とかけっこうきかれたし。)
結局掲示板を設置した時点で「掲示板を置かない理由」が要らなくなったので、「日記を書かない理由」のほうもついでにいっしょに消しちゃったんですが。

なんか
まだサイト開設して1年にもならないのに「こんなん置いてたなあ」なんて(笑)振り返るのもちゃんちゃらおかしいですが。
今ちょっとあらためて「“日記”という概念に対するこだわり」みたいなことを考えて書きかけてたんですが、長くなりそうで時間がないのでまたこんどにします。
ていうか
ほんとは当分ここを書いてる時間が取れそうにないので、
でも前の文(4月26日分)はちょいと、その間ずーっとさらしておくには毒がきつすぎるので(笑)とりあえず何か代わりになるものをと思って書き出したのですが、
考えてみたらそういうのをうまいことちゃちゃっと書けないからわたしは“日記”を置けないのだったねハハハ。
ほんと、毎日簡潔にうまい文書ける人ってエライよ。
ツメのアカくれ。なめさせろハアハア

つうわけで
仕事がらみは「くわだて部屋」のほうで書きますし
(ていうか、あのコーナーほったらかしすぎですね。やべー。仕事してねーみてーじゃん。そんなことはないんですよ。)、
あんまり長時間集中しないでできる画像関係とか、あとサイトデザインの微調整とかをてまてまやってくと思いますので。
いや気が向いたら文も書きますので。

ていうか

ここって元々、こういうことを告知するために作ったのだということを 今思い出しました・・・・・・

(2002・5・2)

BACK NEXT

ノンフレーム版もくじへ