トップページエッセイ・66〜70

70

なんかやっぱり気に入らないので直してしまいました
(ぎゃらりいのほうの原画も)
余計目に悪そうな色になったけど気にするな。
この絵を描いてて、この背景に飛ばしてあるお花の便利な描き方を初めて発見いたしました。「ストリングプロ」とかいうwinに入ってたソフトを使うと簡単にできるんでございます。
前に作った壁紙で、女の子の後ろにみかんの切り口があるやつ描いたときこれ使いたかったなあ何で気づかなかったんだろう。あのときはフォトショの円形ツールと直線ツールで手描きしたんである。
コンパスと定規使って紙に描くのとなんにも変わんねえじゃんとか言わなくていいですよ本人がいちばん思ってましたから。
まあしかし
パソコン買った当初はこんなソフト何に使うんだと思っておりましたので、これも2年間独学なりに使い続けた成果といえばいえなくもありませんです。えらい俺。

そういえば
久しぶりにこの人の話題にふれますが(・・・・・・)
実家のオカンはわたしと反対で、人から直接手取り足取り教わらないとできない、そして教わったこと以外は自分でなにひとつ応用できないという人物でありまして、
10月頃電話で
「ペイントで絵を描いているが、基本設定以外使えない上マウスなのでこの上なく不便である。
聞くところによるとペン状のマウスというものが存在するらしいので、それを購入の上帰省し、ついでにペイントの詳しい使い方を教えて行くように。」
とのお達しがあったのですが、
めんどくせえので妹にやらせたんですが、
その後
「教わったがわからないので正月あらためて参上するように。
とりあえず手持ちの技術を駆使して自画像を描いたので送る」
と画像添付のメールが送られてまいりました。

この人じつは中途半端に絵心のある人だったりするので
「うわあへたくそ」と笑いのネタにするほどのものにもなっていないのが困ったところではあるですが(え?)

とりあえず無許可で晒してみます

もらったもんは俺のもんじゃ ケケ
自画像だっつってますがまあ似てるっちゃ似てるしぐらいのかんじです
まああれですな
以前はこの人、700KBぐらいの画像を平気で添付してきて迷惑なことこの上なかったんですが、
この絵は最初からこのサイズで送ってきたのでそこらへんは考えようによっちゃ一応進歩といえなくもないです。

(2002年12月9日)


69

うわあ派手だな・・・・・・

年末年始に壁紙を作っているヒマがなさそうなので、
「クリスマスにも見えなくもないけど
それ以降も使えないことはない」というかんじの
コソクな図柄と色使いで描いてみたんですが、
じつはこんなに色を使ったら壁紙に向かないのではという気もうっすらしておりました
薄色化したら背景が紫になったのも計算外だし・・・。
でも意地で使ってやる
だってお嬢さん一人描くのに2日以上かかってるんだもん

ところで
いつも壁紙替えたらここの文も書きおろさないと、と思うんですが
けっこう壁紙を作りあげただけで気力を使い果たして脳が休みたがっているので
実際にはそれから1日とか2日とか3日とかたって文も書いてから上げるようにしているため、それだけ新壁紙のご披露が遅れるわけですが
まあここはイラストサイトじゃないんで(え?)べつにそれでいいような気がしてたんですが
そういえばサイト作り始めの頃読んだ本には
「とにかくできたそばからすぐ上げてこまめに更新するべし」
とかなんとかやたらと書いてあったような気がしないでもないです。

でもあれだよね
実際見る側に立つと
できたそばからなんでもかんでも上げてあるサイトって
「なんでもかんでもできたそばから上げりゃいいってもんじゃねえだろ」とか思うよね(え?)
あ べつにどこのだれとか言ってませんよ
一般論よ一般論(え?)

サイト作り始めの頃っていえば、
そういやなんかやたらとアドバイスだかなんなんだか
いろんな人からいろんなことを言われましたおぼえが。

「悪口なんて良くないわっ」ですとか、
「悪口なんて危険なサイトをやっていると妨害にあうわよっ」ですとか、
「悪口なんて危険なサイトをやっているとウィルスを送られまくるわよっ」ですとか、
「漫画家なのに漫画家サイトをやらないなんておかしいわっ」ですとか、
「漫画家なのに漫画家サイトをやらないなんて、そんなんじゃ仕事のチャンスを棒に振るわよっ」ですとか、
それはもういろいろと。
まあ気持ちはわからないでもないですがね。
たぶんあれですよね
いい初心者のカモをみつけたんで
「パソコンの先輩」みたいな顔がしたいんでしょうね。
でもあれですよね

見てもいない奴にかぎって
憶測でいろいろ言いたがるもんですしね

作り始めの頃に限らず今でもときどき言う奴いますが
もれなく「あ ハイそうですねありがとうございます」とか
あさってのほう見ながらお答えしております
それで友情が保たれるのなら安いもんです(え?)

だいたいこんなちょびっとしか見てないサイト荒らしたりつぶしたりしたって何の楽しみにもならないですしね。
でも言う人はそこまで考えてないんでしょうね
たまに
「掲示板に出入りしてる」とか「オフ会に出た」とか言っただけでも
「そ、そんな危険な!!」
とか言う人いますしね。
どんな危険を想定してるのか知らんが
ネットなんかやらなくても襲われるときは襲われるだろうがぼけ

そんなこんなでなにひとつのいやがらせもなく
平穏無事にサイト開設2回目のクリスマスが近づいております

去年は「祖母の納骨」という
すばらしいイベントがございましたが
今年はというと

「山持ちの家の長男と結婚したら
同居した姑がものすごい不潔なばばあで
あまりの汚さかげんににお嫁さんは
ノイローゼで入院してしまいました」
という漫画の原稿を描きながらの聖なる夜でございます
すばらしいです神様
何のバチですか。
せめて全裸の美少年どうしが汁まみれで抱き合うマンガとか
美少女どうしが血みどろで殺しあうマンガとかにしてくざされば
まだすくいがあるものを(え?)

このままいくとばばあの妖怪のような顔にがしがしとペンを入れつつ
第九を聴きながらの年越しでございます
明けて2003年 初めて描く絵が
妖怪不潔ばばあですか
来年もすばらしい年になりそうです。


すべての人の上に愛を。
すべてのカップルの上に馬糞を。

(2002年12月8日)


68

中華まんクッションがほしくてパンとまんじゅうを買いまくって冬にもかかわらず冷凍庫を満タンにしてすっかり冬眠準備バンタンな独身女30代エロマンガ家でございますこんばんは。
どうでもいいけど某ナガタ○エンのCM、
そんなにみそみそみそみそ連呼されてもサンドイッチに味噌汁はなんぼなんでも気色悪いと思うのはわたしだけなんですか。
ついでにいうと夏頃やってた、ごはんにお茶漬けの素とクラッシュアイスをふりかけて
「夏は冷やしで。」
っていうアレも実行した人がいるとはとうてい思えないんですがいかがなもんでしょう。

気色悪いつながりで恐縮ですが

わたしも勢いで「俺」とか「わし」とか
ネット上のみならずリアルでもときどきいいますし
自分の周りにもそういう女子はわりと多くいるので
このふたつに関しては慣れたというか、そんなに違和感を感じないのですが

女子が活字で自分のことをさして書く
「僕」「ぼく」「ボク」だけは
異様に気色わるく感じてしまうのは
どうしてなんだろう

しかもさ
ネットでこれ使う人ってほとんどが、べつに男っぽいキャラを演出しようとか または本当に男と思わせようとか
そういう意図はなさそうなんだよね
「僕」って言いつつ自己紹介ではちゃんと「女」って書いてたり
日記でだんなとのいちゃいちゃをつづってたりね。
おそらくリアル本人も、ぜんぜん「僕」とか男言葉とか使いそうにないごく普通の女らしい女であると容易に想像されますが。
どういう意図なんだろうさっぱり読めない
もしかして昔流行った少年願望とかゆうやつですか

「俺」とか「わし」だったらまだわかるんだよ
下品だから(・・・・・・)
「俺」「わし」使う人はたいていちゃんと
普段の言葉づかいもリアル本人も下品だしね。
「オッサンのような女ですがなにか」みたいなね。
でもあれだよね
「僕」っていう言い方は、
「男っぽさ」からうまいぐあいに「下品さ」を排除してあるんですよね。
でも
逆にその計算が読み取れてしまって胸クソ悪いということに
本人気づいてないんですね。

いやたまたま数日前にネット徘徊していて久しぶりにそういう人のサイトにたどり着いてしまったのでちょっと思っただけなんですが。

以前 わたしが初めてたどり着いた“僕女”のサイトでは
それはそれはせつない調の詩で
「彼」との性生活をつづってありまして
「ほ、ほも?ねね、これまじほもですか?」と思わずはあはあしてしまいました
まぎらわしいまねすんなしねばかやろう。


そんなわたしが高校時代、学園祭で
先輩にのせられて
「男装美少年コンテスト」に出たことがあるのは秘密です

(2002・11・26)


67

なんかどうも壁紙の人物の顔が隠れるのが気になって
レイアウト直してしまいましたが
じつは1年ぐらい前がこんなかんじだったんですよね

そのときは、うちはあくまでテキストサイトなので
トップ開けてトップの文章が更新されてるのが
すぐわかったほうがいいよな、と思って
文章を上に引き上げることにしたわけです
つまり
トップ開けてぱっと見がこれだと、初めて来た方は
小さい画面で見てたりなんかしますとへたすると
トップに文章があることに気づかないで中に入ってしまったり、
うっかりすると「ぎゃらりい」に直行して
そのままいつまでもイラスト中心サイトだと思い込んでたりされる可能性もありえないとも言い切れないわけですが
なんかそれはそれでおもしろいような気がするのでいいや。

えっと、例によって
本格的に腐れイベントの原稿描きに突入しますので
またちょっと滞るかもしれません。
なんか書きたくなったら戻ってきますので。

(2002・11・23)


66

先週のことなんですけどね

夜中の1時頃、風呂から上がってきたら
なんだか外から怪音が響きわたってるんですよ

ビチビチビチビチビチビチ

なんといいますか
壊れた雨どいから水がはげしく地面にたたきつけられているような
足を一本もがれたバッタがのたうちまわっているような
規則的ではあるが機械的ではない
なんとも耳につくいやなかんじでございます
すでに寝入ってるならば起こされるほどの大きさではないかもしれませんが
これから寝るには充分妨害になる騒音ですよ
なんだろうと思って外を見ましたが
音のしてくる方角まではだいたいわかったものの
はっきりした音源まではわからない
というか
一見したところこんなでかい音が発生しそうなほどの「異変」も
起きているようすはない。

しょうがないからパジャマに綿入れはおって見に行ってみましたよ
なんかこのへん田舎のわりに眠らない街なんで、そこらの家けっこう灯りついてんですけどだれも出てくるようすはない。
なんでこんなうるせえ音誰も気にならないんだろう
みなさん家の中でもっとでかい音でテレビやらステレオやらつけてるんでしょうか。
とにかく音のするほうへ行ってよくよく調べてみましたら

ある家の、エアコンの室外機のカバーのすき間から
植物のつるが奥深く入り込んで
回転しているファンに当たって
ビチビチいってたんですな

なんかこの家 室外機と外塀との間隔がほとんどない上に
外塀にびっしり植物からませてあるんで
よく見ないと室外機がそこにあることもよくわからない

わたくし電気のことはよくわからないんですが
いくらなんでもあぶないんじゃないだろうか

しかも
その室外機のすぐ上の、エアコンを使っているとおぼしき部屋の窓には煌々と灯りがついているわけですが
中の人間が気づくけはいもありません

よっぽどピンポン押そうかと思ったのですが
時間が時間ですし、自分もパジャマに綿入れなので
とりあえず自力でつるを引っぱり出してみて、無理そうだったら家の人を呼び出してなんとかしてもらおう。
と思ってズザザザーと引っぱってみたところ、
なんとか抜けて音も止まりましたとさ

とにかく寒いので
はらいせに抜いたつるを引きちぎってそのへんに投げ捨ててとっとと帰りましたが

これだけならばたんなるちょっとした近所迷惑ばなしで
ここに書くほどのことでもないんですが
なにがもんだいかというと


この家ってば
今年2月に火事を出した
(※23参照)
例の家なんですよね
・・・・・・・・・


つい1〜2か月ほど前にやっと修繕完了して
もとどおり住めるようになったばかりだというのに
この油断はないんじゃないでしょうか。
ようするに考えたくないけどやっぱり
「火事を出すような一家」ということですか。
とするとやはり知ってしまった以上
「あそこは火事を出すような一家である」ということを
この辺一帯に知らしめることは
わたしに課せられた住民としての責務なんでしょうか・・・

なにかいい案があったら教えてみなさい。
↑「近所じゅうの郵便受に匿名チラシを投げ込む」以外で。

(2002・11・21)

BACK NEXT

ノンフレームもくじ