81〜85

85

おげれつなネタをいつまでもあげといてごめんなさい
ゲヘ

ちょっとね ここんとこ
なにやら由緒ある書道団体の作品展に行ったりですとか、
税金のくそめんどくさい計算をして書類作って提出したりですとか
あちこち送るものを手配したりですとか
合い間にまじめにネームやったりですとかしてたもんで

すんげえ睡魔におそわれて今朝起きたら昼でした

慣れないことはするもんじゃないよほんと

よくみんな、ちゃんと毎朝起きて仕事とか学校とか行くよね
俺なんかそんなことしないですむためにいっしょうけんめい大人になったようなもんなのに。
もし大人になっても絶対毎朝起きて会社行って決まった時間働かなきゃいけないとか決められてたとしたら、
たぶん小6ぐらいで根性尽きて死んでたね

なんかね確定申告の書類つくってたんですけど

マンガ家になって10年以上たって初めて自分一人で作ったんですけど、
一昨年から実家を出たのでそれまでと違う税務署の管轄になりまして。
一昨年は、近所の公民館に出張してきてた税務相談に行ってそこで言われたまんま数字書き込んで作ったんですけど(ちなみに実家にいた頃もずっとそうしてたんですけど)
去年はそれに行けなくて、夏頃直接税務署に行きまして。
そしたらなんか前のところと違ってちょっと親切な人がいまして

すんごいばかでもわかりやすいように
全部「何費はア、何費はイ」とかって
記号化したメモ作ってくれたんですよ
「来年からはこれ見て自分で書きなさいね」と。

まあでも
自分で書こうが人に書いてもらおうが、
だいたい毎年同じぐらいしか仕事してませんし
この不景気にこのヘタクソが原稿料単価上げてくれなんてまかりまちがっても言えませんので
だいたい毎年収入も源泉徴収も金額は同じぐらいでして、
申告する還付金の額も同じぐらいなんですよ

でさ
毎年思うんですが

その還付金の額って、わたし
国民年金を一年分一括払いにするとだいたいCD一枚買える分ぐらい割安にしてもらえるんでそうしてるんですけど
だいたいその一括払いの金額と同じぐらいなんですよ。
ちょっとだけ還付金のほうが多いんですが。
ようするにさ

毎年同じ時期に俺の口座で
同じような金額の還付金の振込みと年金の引き落としが
行われるわけですよ

べつにいいんだけどさ
結局還付金入っても俺の手元に残るの1〜2万でさ
ようするに

毎年通帳見てそれに気づいて
うっすらむかつくわけですよ

めんどくせえから最初から、
還付金から年金分さっぴいて
残りだけを入金していただくというわけには
まいりませんでしょうか。
お役所どうしでそこらへんのとこどうにかなんないのかな

こんなこと考えるの日本中でわたしだけなんでしょうか
まあこんなこと考える前に素直に努力して収入増やす手立てを考えやがれっちゅうはなしですか
うるせえ死ね ぺっ

なんか今日さ 某大手スーパーの入社式だったらしくて
テレビでさんざっぱらやってましたが

「お客様のことを第一に考えて
がんばりたいと思います」とかほざいてけつかりましたが
ほんとりっぱですねみなさん
見習わなくちゃいけませんね(尻ボリボリ

こういう奴がきっと2〜3年もしたら「マネーの虎」に出てきて
「自分の可能性を試したいので2千万ください」とかほざいて
「おめーは商売をなんだと思ってんだ!」
とか社長に一喝されるんだぜケケなんて
そんなことぜんぜん思ってません ええ

なんか思い出したんですけど、
去年だったか一昨年だったか
やっぱり正月にプチ帰省してまして。
久しぶりに家族全員そろってごっつぉー食いながら
テレビ見てましたら、

どこぞの大学生が、大晦日の夜渋谷で飲んだくれて
地下鉄の入り口の屋根に登って踏み抜いて
大ケガして運ばれたり逮捕されたりしたというニュースをやってまして


すぐそれに続いてこんどは
有名中学をお受験するために予備校に通う子供たちが
元旦からさっそく模擬試験を受けましたというニュースが

それを見ていたうちの家族の会話

ぽ 「こんなにがんばって勉強していい学校行ってもさあ・・・」
母 「結局飲んだくれて地下鉄の屋根踏み抜いて?ぎゃはーーー」
ぽ 「ぎゃはーーーーそうそう。」
父 「あんなガキにいっくら英才教育してもさ
  しょせんてめえらの遺伝子しか入ってないんだから
  たかがしれてるってなんで親も気づかないんだろうな」
ぽ 「金ムダだよ。うちらにくれよ」
全員 「ぎゃっはーーーーーー」


・・・・・・腹黒一家でございます


ま、まあほら
笑いがたえないのはいいことだよ

・・・・・・・・・

こんないいかげんな生き物でもなんだか30年以上生きてこられたみたいですので
進学・就職のみなさん
てきとーにがんばってくざさい


シャーロックホームズ終わっちゃってつまんない。

(2003年3月13日)


84

「そのうち壁紙を描く」とほざいたそばからこのざまですが
ただで見といてもんくいうんじゃないわよあなたたち

いよいよ「漫画家サイト臭」がきれいさっぱり消え去りまして
本人的にはなかなかいいかんじでございます。
まあまた何か描きたくなったら描きゃいいしねぐらいのかんじで。
きっとこれぐらいいいかげんなほうが続くんだよサイトなんて。

糞サイトにはやっぱりうんこいろがよくにあうね
・・・・・・・・・


さて
マンションの上の階にあいさつもろくにできない男が住んでいてたいそうお気に召しませなんだというはなしは以前書きましたが
去年の秋頃だったかな
その男が引っ越して行きまして。 しばらく空き部屋になってたんですよ。
で、まあ建物古いし不便ということもあってなかなか住人が決まらなかったらしいんですが。

うちのマンションてちょっといまどき古いタイプっていうか、
ちょっと「下宿屋」みたいな雰囲気がありまして。
部屋数が少ないせいもあるでしょうが、
ようするに

大家さんの気に入った人しか
入れないという。

高層マンションで隣の人の顔も知らないで暮らしてる方には想像もつかない世界かもしれませんが
まあわたしなんかは逆にこういうところが気に入ってたりするわけです。

じゃあどういう人が大家さんに気に入られるかといいますと、
まず何をおいても優先される規準が

「異性を引っぱりこんだりしなさそうな人」

・・・いやなにも
「セックスされると部屋がいたむ」とかいうことではなくてですね。
ようするに、前にどっかに書きましたけど
わたしの今いる部屋に前住んでた奴が、異性のところにずるずるしけこんで最後ほとんど自分の部屋にいないような状態だったらしいので、
そういうこととかその逆とかをしそうなだらしない奴はおことわりというはなしらしいです。
で まあ
特定の異性どころか世の中すべての人間から寄り付かれないわたくしなどはみごとに大家さんのおめがねにかない、こうしてわずかな家賃で雨露をしのがせていただいているというわけでございます
うらやましいですか
いえそれほどでも。

まあそんなかんじで
せっかく希望者がいても大家さんの審査ではねられたりしてなかなか住人が決まらなかったわけですけども、
今年の1月頃でしたか
階下に住んでいる大家さんに呼び止められまして。
「3月から、学校を卒業して就職する女の子が上に入ることになったのでよろしくね」と。
「お母さんといっしょに見に来られて、とても素朴でまじめそうな方だったので決めた」と。
それまでリフォーム業者やら下見の人やらがしょっちゅう上の階に行き来していたので、そのうちのどの人かなんていちいち覚えてはいませんでしたが
まあわたしとしては迷惑をかけられなければそれでいいので
大家さんが見てそう思ったのなら間違いないんだろうと。
そんなかんじでたいして気にかけてもいなかったのですが。

それからしばらくして、ある日の昼間。
何やら若い男女らしき話し声と足音が上の部屋へ上がって行くのですよ

大家さんを通したようすもなく、
しかも2人はあきらかに「業者と客」などではなく
どうみてもカップル。
しかも

部屋の中へ入っているようす

は?なんじゃあいつらは?と
思わず窓を開けて様子をうかがっておりますと、
しばらくしてやはり、ごくふつうのちょっとちゃらけた若いカップルが
何やらぶつぶつ言いながら階段を下りて帰っていきました

はて
あのかたわれが今度入る女の子なんだろうか?
しかしこんな早くから鍵を渡されているものか疑問だし、
大家さんの留守中に男連れで入るというのも解せない
(そういう人物に大家さんがOKを出すとも思えない)。
もしかしたら、このあいだ大家さんが言ってた入居者はキャンセルになって
業者から鍵を預かった別の人が見に来たんだろうか?

などとそのときは疑問に思ったものの
日が経つにつれてそのことはいつしか忘れておりまして

そして今月2日の朝のことでございます。

わたしが灯油を買おうと降りていきましたら
大家さんが「ちょっとちょっと!」と
小声で呼び止めるのでございます
何事かと思いましたらば

「アンタこないださ、今月から入る人きまったって言ったじゃない。
で学校の卒業式終わってから荷物運び込むっていうから、
一応月初めから権利が発生することにして
鍵も渡してあったのよ。
したらアンタ、今朝よ。
男の人と手つないで降りてくるじゃないの。
もうびっくりしちゃったわよだって絶対まじめそうな人だって思ったのよお母さんも礼儀正しいしさもう絶対そんなことしそうにないって信じてたのにいきなりこれよアンタもうどうなってるのかしらねえ今の人はー。
アタシびっくりしてお母さんに電話して確かめちゃったのよ。
まあお友達じゃないかって言ってたけどねえどうだかねえー。」

・・・・・・・・・。

ええと。

たしかにその朝、わたしも足音は聞きました。

大家さんもおとなりのおばちゃんも70代で階段はゆっくりしか上り下りできないので、足取りで違う人だということはわかったので
誰だろうとは思いました。

でもですね

大家さんの驚きとあせりは決してわからなくもないんですよ。
「いまどきそれぐらいいいじゃないですかー」と言えちゃうほどわたしもいまどきの人間じゃないんで。
どっちかにつけといわれたら確実に大家さん寄りではあるんですよ。
でもですね

大家さんの長年の経験で培ってきた人を見る目の確かさ云々はこのさいさておきましてですね

3月1日から居住権が発生したからと
3月1日のまさにその夜
家財道具も布団も何もないであろう部屋に
さっそく男と


・・・・・・そんなにやりたかったんですか。


この時点ではこのカップルの顔は見ていませんし、
この間現れた謎のカップルと同人物だったとしても(たぶんそうだろうと思うが)やはり顔なんか憶えていないわけですが
にもかかわらず、2月末にこのカップルがかわしたであろう
男 「なあもういいだろ何日おあずけ食ってると思ってんだよ
  ホテルいこうぜハアハア」
女 「ばかっだめよ3月になったら部屋が使えるんだから
  もったいないじゃないっハアハア」
というなまなましい会話が容易に想像されてしまうのは
わたしだけではないはずです


おまえら犬か。


ちなみにその後本人が菓子折持ってあいさつに来ました。
見た目はたしかに素朴そうなかわいいお嬢さんでした
・・・見た目はな。

まあ、
自宅の3階をラブホ代わりにされた大家さんにはきのどくですが
これからその人の顔を見るたびにしばらくは
「あっすごいやりたかった人だ。」
「あっすごいやりたかった人が買い物してる。何買うのかなあ」
などと思い出され、楽しい毎日が送れそうです


引越し先で異性を引っぱり込む予定の方は、
うるさい大家よりも何よりも
近所の腹黒マンガ家にくれぐれも用心しましょう
ケケ

(2003年3月8日)


83

やるきがなくてごめんなさい
ワーイ


なんかさ
2ちゃんで祭られたのが1月末頃だったじゃないですか。
でさ
今までにも、カウントだけで「祭られてるな」と察せられたときが
じつは3〜4回あったんですよ。
んでも今までは、だいたい1日か2日どばっとふえただけですぐ収束したんでべつにどこでだれに何言われてるかとかあんまり気にしてなかったし
「カウント増えてるんですけど」とかもとくに言わなかったんですよ。
んでも今回はさすがに1週間とおかずに2回続けてだったんであまりのブキミさにちょいと反応してみたわけですよ
で結果
あくまでカウントで判断する限りですが
祭り自体が10日間ぐらい続いたもようで(まあイベントもありましたし)
最高潮に増えた数字が10日間ぐらいならんだわけですよ。
でさ
そこからたいした更新もしなかったし、どうせすぐいつもみたいにぱたっと元に戻るんだろうなと思いきや

まず最高値から30人ぐらい脱落した状態が5日間ぐらい続き

さらに20人ほどが脱落した状態がまた5日間ぐらい続き

その後もじわり、じわりと
5〜6日おきに10〜20人が落ちていき

なんと元の数字ぐらいに戻るのに
たっぷり1か月かかりましたのです

シュラ場中はあんまり毎日とか解析見れないんですが、
2月はグラフ見るのがほんと面白かったよ
解析って、サイトやってる人はわかると思うんですが
1日ずつの来訪者数が横向きの棒グラフで表示されるんですよ。
それがさ
2月は、頭の10日間ぐらいがいちばん棒が長くて
それから1か月かけてきれい〜〜〜に短くなっていくの

なんかあれみたいだった
ソフトクリームとかがのってる逆円錐のやつ

あ ごめんまた頭悪そうなこと言っちゃった

ついでにわたしはものを食べるのがおそろしく遅いので、
ソフトクリーム食うとかならずだらんだらん溶けだして
さいごあの逆円錐がべったべたになり
いい歳こいて服まで汚しまくるなんて
口がさけてもいえません
・・・・・・


さすがにさ
壁紙そろそろどうにかしなくちゃとか思ってるんだけど
ちょっとすぐには構図が思いつかないので

おととい久しぶりに自分で編集さんに原稿を渡しに行ったんですが
こんなとこまで出てくるのもめったにないのでどっかで遊んで帰ろうと思い
そっから地下鉄ですぐの神保町に行きまして、
お習字関係の文献と、浮世絵を探そうと思ったんですよ。

ここに書いてもだれも楽しくないようなはなしなんで言わなかったですけど
浮世絵とか和家具とかけっこう好きで、資料あつめてるんですよ
金ないからもっぱらMOOK本で写真ながめてるだけですけどね

なんかね 浮世絵っつっても複製のとか、
あんまり有名な作者じゃないやつとかサイズが小さいやつとか状態がよくないやつとかは一般人でも神保町あたりで買えるらしいってきいてたんで、
一応前から機会をねらってはいたんですよ

したらさ
いいの見つけちゃったんですよ奥さん。

明治以降ぐらいの比較的新しいやつなんですけどね
「なんとか札」っつうステッカーぐらいのサイズの。
↑聞いたんですけどもう忘れちゃったほんとばかですね

でも店の人にいろいろ説明してもらったんですけど、
本当にステッカーと同じような用途のものだったらしいです。
役者の顔とか風景画とか子供のおもちゃの絵とかいろいろありまして
宣伝チラシのような役割も果たしていたんではないかと。
でさ

すごいかっこいい尾上菊五郎を掘り出しちゃいまして

ついでにこいつを取り込んで
仮の壁紙にしようかと。・・・・・・。

まあね
一応誰がいつ描いたもんだかわからないとはいえ
「買ったから」っつってわたしがwebですきにしていいもんでもないだろうと思うので、
構図が思いつくまでの数日だけ使わしてもらおうかなと。
あ ちなみに
値段は3000何百円とかでしたよ
小宮山書店ていうとこの4階。興味のある方は行ってみれ。
なんか三島由紀夫の初版本とかなま原稿とかが100万円ぐらいで売ってたりしたんで
ちょっと小金持ってて骨董にはまりかけぐらいの人は気をつけたほうがいいかも。
まあそんなわけでさ

昨日ちょっと取り込んで加工してましたら
もうちょっとのところでフリーズしくさりまして

しょうがないから再起動してもう一度最初からやろうとしましたところ


なんかスキャナが死んだもようだよ奥さん


菊五郎の呪いですか?


まあそもそも1万円もしないようなしろもの(←スキャナね)でしたし
使い始め当初からあんまり調子よくなかったんで
修理なんかしないで捨てることにして
これから新しいのを物色してまいりますが
貧乏性のわたしのことですのですぐ買うとも思えません
そんなわけで

へたしたらもう1か月この壁紙のままかもなどということは
たとえ思ってもくれぐれも口に出さないでいただきたく
・・・・・・
や、やだなあ
そのうち描くわよ・・・・・・たぶん・・・
・・・・・・・・・


なんか上の階にまた引っ越してきまして
ここんとこ毎日なにかしら作業してるみたいなんですが

それがらみでさっそく大家さんがいいネタくれましたので(笑)
次回こうごきたい。

(2003年3月5日)


82

10月頃から延び延びでだらだらやってた仕事が
やっと終わりました
こんな仕事ですがなにか




こんな生き物が自分の留守の間に
自分の歯ブラシで歯をみがいていると知ったら
思わずトリカブトのひとつも煎じてみたくなりそうです。
このくそばば様のだいかつやくが読みたい方は
3月14日コンビニで「本当にあった嫁と姑の怖い話」をげっと。


宮崎アニメとは相性が悪いとあれほどわかっていながら
もももけ姫を観てしまいました。

あの・・・・・・

ごめんなさい。
あれはその、

たしかスプラッタホラーでわ
ないですよね??

いや いいんです
今さら設定についていけないだとか、
史上最多セル枚数などというマニアだけが知ればよさそうなことを一般向けの宣伝に使うのはどうなんだとか
そんなことをつつく気は毛頭ございませんのです

わたしははっきり言って「映画の映画たるすばらしさ」というものをまったく理解できていない人間なので、
テレビで映画を鑑賞する場合
よっぽど一瞬でも見逃すと犯人がわからなくなるとか
一瞬も見逃せないぐらい展開が速いとかいう内容でない限り
「役者がちゃんと演技してくれて
ストーリー展開がわかればそれでいい」という考えにおいて
たいてい何か別のことをしながら耳だけで聴いていたりするわけですが

昨日のもももけも
確定申告のための伝票整理なんぞしながら聴いていたわけですが

終盤の数十分 ずっと


どろぶちゅぐちゃごぼずぶずぶずぶずぶ

という音ばかり聞こえていたような気が


いやがらせですか
そうなんですね?


まあ、始まって1分もしないうちに
でかいいのししが全身に赤黒いヒルみたいなナマコみたいなやつをひっつかせて出てきた時点でちょっといやな予感はしましたが
そこらへんはさすが宮崎アニメと申しますか
その後けっこう早い段階で陽気なおっさんとか女たちとか親しみやすいキャラを登場させてくれましたので
どうにか半分ぐらいまでは耳だけでもついていけたのですが

サンがアシタカを助けたくだりで
「ここからはLOVEな展開に突入するんですね」と
飽きて15分ぐらい席をはずしてしまいまして

その間になにやら「ししがみさまのくび」とやらをめぐって
だいじな話し合いがもたれたけはい
ようするに
ここを聞きのがしてしまったわたしは

終盤何やってんだかさっぱりわからず
ただ意味もなくどろぐちゃ音を聴かされるはめに

独り罰ゲームですか

映画のストーリーもわからなかった上に
経費の計算も3時間かかって間違えてたなんて
口がさけても言えません

みやざきのばかー

(2003年2月15日)


81

昨日はJ・GARDENにおはこびいただき
ありがとうございました

どうにかおしょうゆをかけに来る方も
生卵をぶつけに来る方も
栗きんとんをなすりつけに来る方もいらっしゃらず
1日無事過ごせました
ていうかよく考えたら、
ネットを通して匿名での攻撃すらなかったんだから
顔を出しての直接攻撃などあるはずもございませんでしたよ
一応そのことには、2〜3日前に気づいてはいたのですが、

昨日の朝バス停に行ったらちょうどバスが出たところで
まあそんなに寒くもないし時間もあるのでバス停2つ分ぐらい歩きまして、
そこでちょうどバスが来たので乗って席についたところで
つり銭箱を忘れたことに気づきました
や、やっぱりちょっと動揺してたのかな
くそう

取りに帰っても間に合う時間ではありましたが、
歩いた距離を考えたらやはりめんどくさかったので
バスの運賃の支払いと電車のきっぷでムリヤリ両替し
池袋でも帰りのきっぷを先に買って両替し
その後会場に向かう途中でコンビニを探し
箱菓子を買ってさらに小銭と箱をゲット

2ちゃんで報告するために昨日偵察に来た方がいらしたとしたら、今ごろ
「あいつおかしの箱に売り上げしまってたよ超貧乏くせえ」
とか言われてるんでしょうか。

・・・そ、それだけはどうかっっ
ちがうのよおおお
あれはきのうだけなのよおおおおおおおお
信じてええええええええええええ


まあ、
もしわざわざツラをおがみに来た人がいたとしたら
つまんなかったでしょう(笑)
わたしけっこうなんにも特徴ない人ですから。
ちょっと顔がでかくて目つきが凶悪で
笑うと歯がものすごいぐらいで。
まあとくになめるように観察されてるかんじもしなかったですが
売り上げというか売れ行きも、
なんか冬コミのときとはうって変わって
さほど悪くもなくというかんじでした
途中やっぱりつり銭が足りなくなって
くずすために買い物にはしってちょっと長時間席を空けてしまったので、
それがなかったらもっと売れたかも。

くずしてくださった方
本やくいものをくださった方
ありがとうございます
いないとき来られた方すみません。

でさ
ちょっとこれで考えたんだけど。
こないだの冬コミと今回では、まあ新刊にフルカラーのカバーを足したとはいえ机に置いてるもんは同じだし
うりこさんが欠席で一人参加ということも同じ条件だったわけですよ
なのにこれだけ売れ行きや本人の気分が違うというのは
まあ「来た客が違うからだろ」と言ってしまえばそれまでですが、

たとえ同じ商品をならべて同じように一人でだまって座ってるにしても、

朝会場に来たらすんげえ寒いし今日は一人で店番、
しかも届いた新刊は思いのほか地味だったということで
「くそー寒いよ一人でつまんねーよしかも新刊地味だよ」
と思いながら売っているのと、
「とてもいい本ができたわさあみんな買ってちょうだい」
と思いながら売っているのとでは
おのずと結果も違ってくるのではという気がしたわけですよ。
いやまあ昨日はべつにいい本ができたとは思ってなかったけどさ
一応本人的には冬コミの反省点を
できる範囲でフォローしたつもりではあったわけですよ

こうやって1年中反省してれば
やがてひとかどの作家にのし上がれるチャンスも
ありそうなものですが

トリ頭だからたぶんむり

で、でもがんばるよっっ
がんばってもっと鎖骨も腹筋も
ちんこもけつめどもうまくかけるようにするよっっ
だからどうか


昨日スペース内でずっと
ニヤニヤしながら毒草の本を読んでいたことは
ばらさないでやってくざさい


ハアハア毒草萌えー


(2003年2月10日)

BACK NEXT

倉庫  HOME