91〜95

95

久々にものすごいエロいマンガのネームを作って
脳みその水分がカスカスです
同情するなら嫁にもらえ。


なんかこのページの左側のリングとかサーチとか同盟とかのバナー
何の告知もせずにときどき増えたり減ったりしてますけど
数日前に貼った「MEGURI‐NET」というやつ、
一応創作系のランキングにもなってるそうなので
ものすごく心が広くてなおかつひまな方はクリックしてやってくざさい。
まあここはランキングオンリーじゃなくて交流サイトでもあるので、投票がなくても登録を削除されたりはしないんですが。
(でもそれ以前に、
うちはイラストサイトでも漫画家サイトでもないと言いつつ
イラストのカテゴリで登録してしまったので(・・・・・・)
それをちくられて削除される可能性のほうが高かったり。ワーイ)

さっき見つけたんですけど、
いつから張られてたのか知りませんけど
ものすごいリンクコメントがえらそうでむかつくリンクページにリンクが張られていまして(笑)
えらそうっていうか失礼?張らなきゃいいのにみたいな。
たとえば「ナントカ入門」みたいなサイトの場合、
「こんな○○や××のことすら書いてないのが入門ていえるのかね。
まあひまつぶしにはなるけど」的な調子。
まあ世の中にはわざわざ不快なものを見て「わあ不快だ」ってみんなで言い合うのが好きな人たちもいるから、そういう人たち向けのリンク集だと思えば納得もいきますが。
で、
うちもさぞかしボロクソなコメントがつけられてるんだろうなあとわくわくしながら(笑)スクロールをまくっていきましたら、
なんだ。ぜんぜんけなしていませんでした ちっ
「もてない貧乏30女のひがみ日記」ぐらい書いてあるかと思ったのに。

でもまあこういうのは楽しいからいいですが(え?)
なんつうか、
あんまり若い奴らの集うところにはうっかり足を踏み入れないほうがいいなあとつくづく思う今日このごろのくそばばあですよ
誰がくそばばあだこのやろう

見る人が見たら個人を特定されちゃうの覚悟で言いますが
つうか本人絶対見てないとも言い切れないんですが
また感想がもらえないから掲示板を閉めるだのサイトを閉めるだのほざいてる日記を見かけましてね
しかも2件続けてですよ
それも普段特にブックマークしてるわけでもない、前によその掲示板でちょっと交流があっただけの人のところをすんごい久しぶりにのぞいてみたらたまたまですよ

何考えてるんでしょうかね
閉めたかったらとっとと閉めりゃいいのにばかですね
「やめないでください〜」
「こっそり見てただけですがファンです〜」
とか言ってほしいんでしょうね
ぺっ

まあ普段でもこんなことほざいてる奴はざらに見ますし
そのたびにいちいち腹立ててられるほどエネルギー有り余っちゃいないですが
今回なにがむかつくかってさ

2件ともイラストサイトなんですけど
2件とも俺の100倍うまい上に
どちらもプロじゃないんですよ

しかもあんた片方なんて高校生ですよ。
↑この人のサイトって入り口の注意書きがやたら大人口調かつ高圧的なんで
わたしてっきり若くても22〜23の人だと思ってました
一応プロフィールに歳書いてあったんだけどずっと冗談だと思ってた(思うなよ・・・)

なんかあれですよ。
こういう変にうまい人たちの、
あの変な完璧主義さかげんてなんなんですかね。
いっぺん閉めてじっくり腰据えて作り直せば完璧な絵やサイトが作れて感想がじゃんじゃん来るとでも思ってるんですかね。
いったい何がしたいんですかあんたらわと。
感想がもらえないったってあんた絵の感想なんてさ
そんだけうまくてかつ売りポイントも明確なんだから
言われることなんてみんな同じじゃないんですか
(笑)
同じ言葉でもより多くの人に言ってほしいんですかね

そんだったらカウンタの数字の多さ見てニヤニヤしてれば充分だと思うけどどうなの

しかもこういう人にかぎって
売りポイントをはずした感想言うと怒りそうですしね
ていうか
掲示板やメールで感想が山のようにもらえるようになっても
きっとなったらなったでぶちぶち不満たれてるんでしょうねこういう人って
俺は基本的につねになにごとにも
「自分は世界で一番ヘタクソ」
というのを念頭に置いて暮らしているので
こういうちょっと持ち上げられ慣れてる人の気持ちはさっぱしわかりません
ていうかてめえらこんなのたかがあそびじゃねえかよ。
ていうか

むしろわたしのほうが
よっぽどwebが収入に影響する可能性高かったりしますが(汗
この油断っぷりはいったい(汗

あ はい
俺がヘタクソなのは俺の勝手でしたよ
ごめんなさいね ぺっ
でもそれはそれとして、わたしは


今現在の自分の持てる恵みに目を向けずに不満をたれる奴がだいきらいです


とくに甘やかされて育ったきょうびのがきどもは
てめえがいかに恵まれた環境にいるかもわからずに
すぐにスランプだの絶望だのとほざきくさりますが
てめえらの1匹や2匹死のうが生きようが世の中には何の影響もないということを思い知らせてさしあげたいかんじです
とくに

絵のうまい奴なんてまさに俺様の商売敵候補となりうるわけですから
ぜひとも影響のないうちに死んでいただきたいかんじです

まあおそらく
「webを発信すれば全世界と交信できる」
とかなんとか夢みて始めたんでしょうけども

「感想なんてそうそう来るもんじゃない」
ということにすら気づかなかったところをみると
結局てめえの世界がいちばんせまかったってことですよね
ぎゃっはーーーーーーーカワイチョウ。
ていうかさ

その該当サイトの掲示板にものすごいべったべたなほめ殺し書き込みをして
ここへのリンクを残してくれば
いっぺんに閉めたくなるかもね
ぎゃっはーーーーーーーーーーーーー

あ やりませんよ?
そんなかわいそうなことするほど腹黒くないですよわたしは


ただ該当サイトがわかっちゃった人が匿名で実行するのは阻止できませんけどね


・・・・・・うふ(はあと

・・・・・・・・・。

(2003年6月11日)


94

めずらしく重要なお知らせです。

このサイトをブックマークされている方は、URLを
http://members25.cool.ne.jp/~dokupara/
から
http://dokupara.cool.ne.jp/
に変更してください。

いや、両方とも同じページなんですけどね。
もともとどっちでも使えるってことだったらしいんですが
わたしは、短いほうは何か手続きをしないと使えるようにならないんだと思い込んでいたので(・・・・・・)
今まですべて長いほうで教えたり貼ったりしてきてしまいましたんですが
こんどレンタル元でいろいろと改変があるらしくて、
長いほうは使えなくなるそうです
8月頃から長いほうのURLではアクセスできなくなりますのでご注意ください。


あと掲示板でも書きましたが、掲示板(ばかでも言ってけのほう)もCOOLさんのなので、改変に伴って8月頃から使えなくなるそうです。
「無料でスレッド式でカスタム自由」というのを探すのには毎回毎回苦労しているのでいっそ自分で作ろうかとも思ったのですが
本屋でCGIの教科書をざっと見たら、どの本もせいぜい基本形のゲストブック型掲示板の作り方しか出ていなくて
しかもそれだけでも気が遠くなりそうなめんどくささだったので
あっさりくじけてまた借りることにいたしました。
とりあえず今カウンタを借りてるのと同じところから。登録だけは済ませましたです。
今現在のものはログ保存とか移動とかするつもりはないので
デザイン変更でき次第切り替え、ログは消えるまでは閲覧専用で置いとくことにします。


あと掲示板といえば
なんとなく言うの忘れてましたがゲストブック代えてます(笑)
やっぱり改行できないうざさに耐えられなかったんですが
どのみちあの(前の)ゲストブックもCOOLさんのなので
こんどの改変で消える運命だったそうです。
でね
前のやつには隠しページがあるとかなんとか言ってて
あれはなんだったのかと申しますと。

前のゲストブックは、フォームに記入して投稿ボタンを押すと
書き込みが反映された画面ではなく
「ありがとうございました」ページが出るんです。
でね
その「ありがとうございました」ページには
「投稿を確認する」というリンクと
「トップページへ」というリンクがついてるんですが、
その「トップページへ」で飛べる先というのがじつはこのDOKUPARAのトップページではなく

COOLの無料スペースに元から用意してある
ひな型ホームページのトップページなんです。

えっとどういうことかというと、
COOLさんで有料のホームページスペースを申し込むと、
有料スペースと無料スペース両方の分の容量が使えるんです。

わたしは今のところ有料分だけで足りてるし、無料のほうはアドレスも違ってくるのでつなげるのがめんどくさいということもあって特に使う気はなかったんです。
ただ無料のほうにはつくりつけのCGIがあるので、それだけ「ばかでも言ってけ」とゲストブックに使わしてもらっていたわけです。
つまり
前のゲストブックは、無料スペースに元から用意してあるひな型ホームページの付属品だったわけですね。

でさ
そのひな型は、カスタマイズ自由だし広告も(有料を申し込んだ人に限り)消してかまわないんだけど、
CGIの仕様をいじるのだけはダメなのね。
てことで、その「ありがとうございました」ページをいじったりなくしたりというのもできなかったんですよ。
でもさ
普通掲示板に書き込みをしたら、ちゃんと書き込みが反映されたか確認したいと思うのが人情じゃないですか。
だから「ありがとうございました」ページに「トップページへ」のリンクがついてても、ほとんどの人は「投稿を確認する」のほうを開けると思うんですよね。つまり


「ありがとうございました」ページ自体ゲストブックに記事を投稿した人しか見れないし、
その人たちがさらに「トップページへ」のリンクを開けてみる可能性に至っては
ものすごい低さだったわけですよ


つうか
実際あのゲスブに書き込んだのはわたし以外では3人ぐらいだったので、
その3人の中から「トップページへ」のリンクを開けてみた人がいるとも思えないので
現実にあのリンクの先にあるものを見た人は実質ゼロだったわけですが。
まあはやいはなし


そのリンクの先にただひな型のトップページを置いとくのも芸がないからと
今あなたが読んでいる
この文と同じ内容のものを
書いておいたというわけです(・・・・・・)

悪かったねたいしたネタじゃなくて

でも
あのCGIをこさえた人も、
こういう使い方をされたらこういう事態が起こるということは想定してなかったんだろうね。
というか
今日び改行が反映されない掲示板なんてほとんど絶滅しているので
まだCOOLが無料とか有料とか区分けしてないぐらい昔に作られたものなのかも。
まあそんな古いものを喜んで使うわたしもどうなんだってはなしですが。

・・・・・・ただ
ちょっとこわいことがありまして

わたしはCOOLさんで最初にスペースを借りてから、
その無料スペースのほうはほぼ1年近くなにひとつ手を加えず、ほとんどその存在さえも忘れて放置していたのですが
そのひな型のトップページには最初からカウンタが設置されていまして

この間ゲスブを使おうと思い立った際にファイル編集の関係で
ほぼ1年ぶりにそのページを開けてみましたら

なぜかカウンタが8000ぐらい回っておりました・・・・・・


たぶん、わたしが何もしなくてもスペースを申し込んだ段階で自動的にCOOLさんの「ユーザーリンク集」みたいなとこに載せられてるんだと思うんですが(←未確認)
一瞬思わずぞっといたしました(笑)

でもあれですよね

わたし自身ではなにも宣伝文句とか書いた憶えはないので、
誰の何のサイトかまったくわからないのにとりあえず開けてみたっていう人が1年間で8000人ぐらいいたってことですよね?
ちょっとすごいかもそれ
(サーバーの管理ってのもあるかもしれないけど
8000回は開けないだろ普通)

ていうか
知ってたらちゃんと編集してそこからこっちが見られるようにしといたのに。

ということで
そのページは結局隠しページでもなんでもなくなったので
新たな利用法を考え中でございます
何かふざけたアイデアをお持ちの方は入れ知恵してやってくざさい。

(2003年6月8日)


93

あ、なんか夏コミ受かったみたいですよ。

久々の更新で第一声が↑コレかよみたいなね。
なんか先月じつは仕事がたいへんだったみたいなんですけど
本人まったく自覚ありませんでした
まあここが更新できない以外とくに影響もなかったですしね
こんな虫ケラ漫画家1匹死のうが生きようが世の中には何のさしさわりもありゃしませんよ ケッ

ほらその前がさ
1か月まるまるサボ・・・お休み期間でしたから。
その休みボケのせいで進みが遅いんだろうぐらいに思ってました
なんか描いても描いても描いても描いても描かなきゃなんないものがあるのね。
はて こんなに毎日描いているのに
休みボケ程度でそこまで手が遅くなっただろうかと思いきや

じつはいつもよりページ数が多い上に
カラー扉まであったという。

普通仕事の内容伝えられた時点で
「わあ今月はいつもよりページ数が多い上にカラーまであるんだ大変だなあ」
ぐらい思いそうなもんじゃないですか。
なんかそういうことぜんぜん考えてないみたいなのね

たしか10年ぐらい前にさ
マンガ家になって初めて2か月連続で仕事が入りまして。
その当時ってただでさえ載せてもらえる枠が年に3本ぐらいしかなかったんだけど、
わたし本人がろくにネームの作り方も知らないでデビューしちゃったもんだから、1本のネームに何か月もかかるっていうのが普通だったのね。
ようするに
「このネームは使える。」という判定をもらってから掲載号が決まるため、ネームがOK出てからしめきりまで、原稿にかけられる期間が短くても1か月ぐらいはありまして。
まあそれぐらいもたもた描くのがいつものペースだったわけですよ。
それを急に短いサイクルでしかも2作続けてやれと言われたもんだから

2作目のしめきり間際
ストレス性の胃炎で病院に駆け込んじまいまして

そのときも
「うわーこんなたいへんな時期に病気になるなんて
なんておれわばかなんだー」
としか思いませんでした
ほんとばかですね。
「こんなたいへんな時期だから」病気になったんじゃないですか
なんでそんなこともわからないんでしょうか
こんなどうしようもないばかだから漫画家なんかなっちゃうんですよ

そういえば
そのときに病院で胃のレントゲンを撮ったんですが

ものすごい胃下垂だということが判明しまして。

もう写真見せられて笑いました
なんかすごいんですよ
「胃下垂」という言葉を知らない人が見ても「これは胃下垂だ」って言いそうなぐらいの胃下垂っぷりでした
実際わたしもそれまで正常な人の胃の写真も胃下垂の人の胃の写真も見たことなかったんですが
それでも見せられて医者がその言葉を発する前に
「わあ俺胃下垂だったんだ!!」と思いました

あれってなんなんですか
病気なんですか。
治療して治るというたぐいのもんなんでしょうかね?
わたしはてっきり「出っ歯」とか「くせっ毛」とか
ああいう部類のものなんだと思ってたんですけど
(↑本人が気にならなければ特に治す必要もなしと。)
ずっとこの事実自体忘却して暮らしてたんですけども

最近この胃下垂の胃が
やたら自己主張してきまして

まあ普段ずっと粗食もいいとこな食生活なもんで
めったにないんですが、たまーに消化のあまりよくないものを食べたりしますと
なんていうんですかね

胃が「ぼこっ」と出るんですね。
脱腸の胃バージョンみたいな。(・・・・・・)

さすがに外からわかるほどじゃないですが
本人にはわかるのでかなりきもいです

思わず「エイリアンが・・・」とかつぶやいてみたり
・・・・・・・・・

わたしほんと結婚しなくてよかったですね。

仕事に疲れて帰ってきたら自分の家に
自分の胃見て「エイリアンが」言ってる女がいるなんて
考えただけでも帰宅拒否症になりそうです


まあなにはともあれ
あれ以来ほんとに好き勝手暮らしているので幸い胃炎も再発せず
今回もまあどうにか原稿が上がったわけですが

ちょっとやっぱりラストの詰めが甘くて
自分で言った日に宅配出せなかったので、
今日自分で編集部の近くまで手渡しに行ってきたんですが

出がけに郵便受けに
コミケ委員会からの郵便物がささっているのを見て
「あれ?もう当落通知きたのか」と思いつつそのまま出かけまして、
夕方帰ってきて郵便受けから取り出しましたら

以前はコミケの当落通知って、
封を開けなくても封筒の宛名ラベルでわかったんですよ。
すなわち単純に落選なら白、当選なら色つきだったんですが

ちょっと前の回から、同封のパンフレットが折らずにでかい封筒で送られてくるようになりまして
まあ今日もでかい封筒がささってたから出かけるときに見て
「ああ当落通知だな」と思ったわけですが、
でかい封筒になってからはまだ一度も落選したことがないので
落選ならどういう郵便物が来るのかまだ見たことがないんですよ


帰ってきて取り出してみたところ、
封筒の宛名がシールではなくセロハン窓になってまして


その窓から見える宛名の書いてある紙が白だったため
「あっ今回落ちたんだ」と速攻思った俺(←ばか)


そのまま外階段を上って部屋のカギを開けて部屋に入って
猫のおかえり攻撃を受けつつ荷物を置いて
机からハサミを取って封を開け
事実を知るまでの数十秒の間に、
落選したとなるといつ頃新刊を作って通販の告知を出すのがいいか
そのためには他の仕事のスケジュールをどう詰めたらいいかと
ものすごい速さで計算をめぐらせてしまいました
なんでこういう何の役にも立たないときだけ頭の回転早いんだろう


ばかにつける薬を作ってくれたら
お嫁さんになってエイリアンを見せてあげる(はあと

↑拒否権はありませんので。

(2003年6月4日)


92

昨日の夕方 仕事しながら
「そうだあとでパソコンあけたら○○について調べよう。
スペース空けて××も入力して検索すればたぶん一発で出るだろう」
ということを考えていた記憶があるんですが
いまだになにについて調べようとしたのか思い出せません
なかなか更新ができないのもたぶん
もともと少ない脳細胞がものすごい勢いで死滅してるせいだとおもわれます
脳みそが豆乳プリンな30代漫画家ですこんにちは。

なんかひさしぶりにはなみずがたれながれてましてね
薬を飲んだのでラリりながら書いてますが
たぶんいつもとたいして変わらないでしょう
というかいつもってどんなんだったかすでに忘却のかなたですが気にしない。
おまへも気にするな。

昨日の夕方、どっかの局のニュースで
なんか2億4千万ぐらいかけて豪邸を建てたら
ものすごい手抜き工事されて、コンクリートにでかい石がボコボコ混ぜ込まれてたり断熱材が入るべきところに木っ端がつめ込んであったりで
壁の中がすき間だらけでそこから雨水が流れ込んできて
家中に墨汁まきちらしたような真っ黒なカビが生えて
それを吸った家族がみんな内臓から皮膚からボロボロになって
でも家を建てた業者は地元の有力企業なのでお役所も手が出せないという地方のおきまりパターンで
裁判でもうまく丸め込まれて結局その欠陥豪邸を壊す費用さえとれないという
いっそすがすがしいぐらい悲惨なはなしをやっていまして

もう目キラッキラさせて見ちゃいましたごめんなさい
だってたのしいじゃないですか
2億4千万がまるごとゴミですよ粗大ゴミ
まさに建ち腐れ御殿ですよぎゃっはーーーーーー。

でもあれですよね結局

におくよんせんまんなんかポンと出せるからいけないんですよねそもそも。

こないだ特命リサーチ200Xかなんかでもブラックマネー詐欺についてやってましたけど
あれも「今緊急に150万要る。すぐ返すから。」とか言われて
ポンと出せるからいけないんですよね
出せなきゃ絶対とられることないんだから。

なんかこういう詐欺とか悪徳業者とかの手口についてやってるの見るの大好きでして
あれはさ おそらく「手口を覚えて引っかからないようにしましょう」という意図でやってるんでしょうけども
もちろん自分もそのつもりプラス
仕事のネタに使えないかなぐらいのかんじで見てたんですけど

最近 ふと気がつくと
すっかりだます側の立場に立って
研究する気マンマンで見ている自分がいたりしてこわいです

なんかさ
こんなこと言っちゃ問題ですけどもさ

なんかあまりにもだませそうなんだもん
引っかかる人たち見てると(・・・・・・)

やりませんよ?
やりませんけどもさ。
ほら詐欺って労力のわりに儲けが少ないじゃないですか。
捕まった奴から手口を暴いてみればたいてい
「そんなめんどくさいことしてあげくに捕まるぐらいなら
最初から地道に働いとけばよかったのに」と思うんですが

ときどき自分の周りにも
ものすごいだまされやすい奴とかがいまして(笑)

今は切れてますが以前友達でTさんという人がいまして
これがものすごいカモなんですが
カモるのもかわいそうなぐらいのすさまじいまぬけっぷりでして

これまたものすごい不謹慎なはなしで
もし万が一関係者がみてたらほんとに申し訳ないんですが

昔、たぶん都内のどっかの川で大人の女性と子供の死体が見つかって
近県に住む医者の奥さんと子供だとわかったんだけど
まだもう1人子供(乳児)がいるはずで行方不明になっている
という報道がありまして
連日ワイドショーをにぎわしていたんですが

その頃わたしはある漫画家さんのアシスタントをしていて
そのTさんもそこのメンバーだったわけですが
その日はTさんがまだ到着していなくて、
わたしと先生だけで仕事をしながらワイドショーでその報道を見ていまして
いろいろとやじ馬根性でああでもね、こうでもねとくだらない推測をしてあそんでいたわけですが
そのときに

「そのまだ見つかっていない乳児が
じつは悪魔の申し子で、頭に666のあざがあって
自分の親と兄弟を惨殺して行方をくらましている」
というネタができまして(笑)

・・・ネタってほどでもないぐらいのくだらなさなんですが
まあしめきり前の漫画スタッフなんてみんな頭がおかしいですから
この程度のことでも面白かったんですねきっと

あ、ちなみに真相はお察しの通り
“愛人ができて妻子が邪魔になった医者が保険金をかけて殺した”
とかなんとかそんなんだったわけですが
この時点ではとりあえずそこまで立証されていませんで。

まあそんなくそくだらないはなしでひとしきり盛り上がったところへ Tさんが到着したので、
さっそく「きいてくで」とそのネタをしゃべりましたところ

Tさん「ええっっ!そ、そうだったの!?」

・・・・・・信じてしまいました(汗

こっちはだます気すらないのに
というか最初からネタだとわかる話し方をしていたにもかかわらず。
ここまでくるともうみずからカモられに行っているとしか
・・・・・・・・・


そういえばこの人とよく洋服とか買いに行ったんですけど
「ああ今月ピンチなのに〜
でもこの色のこういうのほしかったの〜〜
あーどーしよ〜〜〜」
などとよく迷っておられたのですかさず
「わーそれすごいにあうよ!きっと今日出会うべくして出会ったんだよ
今買わないと絶対後悔するから買っときな!!」
と背中をポンして散財させてましたぎゃっはーーーーーーー。

後日「これこないだすすめられて買ったやつ。似合う??」
なんて言って着て来られても
ぜんぜん憶えてない俺(・・・・・・)
いんじゃないですか気づかなければ本人幸せなんだから。

やっぱり人をだますのも
これぐらい罪のないところにとどめておかないとね(え?)


こんな昔のどうでもいい出来事はいくらでも出てくるくせに
昨日何を調べようとしてたかはやっぱり思い出せません
だからといって
脳に効く薬なんか持って来られても買いませんよ ペッ

魁皇の尻萌え〜

(2003年5月23日)


91

プチむかつくメールが来たんですけどさ
以前借りてた無料サーバのレンタル元のひとつからなんだけど

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

平素はお世話になっております。××ホームページサービス事業部です。
最近当サービスでアダルトコンテンツを含むサイトを頻繁に見かけますが、 アダルトコンテンツはその程度に関わらず固くお断りしております。

弊社ではアダルトコンテンツ用の無料ホームページレンタルサービスも 運営しておりますので、該当される方はそちらや他社のサービスへ移転 されるか、サイトの停止をお願い致します。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

これだけなんだよ

普通さあ
「これは全員に送ってるものだから、心当たりのない方はごめんね」みたいなことをひとこと書き添えるもんじゃないですか。
これだけだといかにも
「おまへアダルトコンテンツやってるだろ?ええ?」と
きめつけてかかられてるかんじがしてまことにふゆかい

まあ不愉快なのは
心当たりがあってちょっとどきっとしちゃったから
というのもありますがあえてそこには触れずにぜひひとつ


今夜あたり寄生虫のラッシュらしいですね
あごめんなさい帰省中でした
そうだよわざとだようるせえ。

なんかあちこちぷちぷち更新してたんですっかりちゃんと運営してる気になっていてここが放置なの忘れてました。
すんごい久々にぎゃらりいをいじったんですが
フレームリンクががったがたなのに初めて気づいてがくぜんといたしました
ぎゃらりいを今の形に改装したのってたしか11月頃なんですが
短くてもその頃から(へたするともっと前から)ずっとがったがただったということですか。

誰一人教えてくれなかったのは
どういうことかな
はは・・・ははは・・・・・・・・・

ま まさか
11月から今まで1人もぎゃらりいを見てな・・・
ま まさかね
たぶんきっとあれですよね
気づいても、こういう文を書いてる人だから教えてあげたりなんかしたら
「うっせ余計なお世話だばーかしね」とか言われそうな気がして言えなかったんですよねそうですよね
・・・・・・・・・

や やだなあ
言うわけないじゃないですかそんなこと
そんなひどいこと口に出したりなんてしませんよ
たとえ思ってても

・・・・・・・・・・・・


それにしても最近、またお絵かき掲示板に出没してるんですが
あれですね 自分でいうのもなんですが
たまについうっかり爽やか系とかキレイ系の絵が描けちゃったりすると
コレを描いたのが自分だという事実が
そこはかとなくブキミでしょうがありません

でもその絵にほめ殺しコメントなんかつけてくれちゃって
ついうっかりうちのサイトをのぞいて見ちゃった方は
その100倍ぐらいブキミでしょうね
ごめんなさいね
だいじょうぶですよちゃんと本人ですよ
分裂症サイトへようこそ♪

まあそんなわけで先月は仕事がなかったので
誰も見てないところをぷちぷち更新したりしてたわけですが
手直しが終わったところで突然ぎゃらりいのサイトデザイン自体に飽きたりいたしまして
こんなことなら休みの間にもっとCGいじっときゃよかったとか思っても後の祭りというお約束のパターンでございます
で休みの間何してたかっていうと
前半は、来年コミックスになる予定(と編集さんが言ってくれてるのでとりあえず信じといてる)の原稿を引き取って手直ししながらお習字練習しまくりで、
後半は夏のイベントで出す同人誌の原稿を作っておりました。
ようするに通常の仕事してる月となんら変わりありませんでしたさ
っつってもだらだら毎日10時間以上寝て暮らしてましたので(・・・・・・)原稿類はまったく進まなかったわけですが。
なんか真夜中のすごい時間にフセインの像がぶっこわされるのを
生中継で見ちゃったりしましたが
そんな一国の一大事も今や
人んちの山林に勝手に白い布おっぴろげてる奴らがいるだとか
あざらしが目から血流してるだとか
その程度の事件によって押し流されつつあるわけですが
そんなことよりも

ちょっと前にここに書いた
友人の結婚式がたしか5月10日ぐらいと聞いていたんですが

ちなみにここにあのネタを書いたのは
「結婚するから明日招待状送るね」
と言われてから何日もたっていっこうに招待状が来るけはいがなかった頃だったのですが

今に至っても招待状が届かないのは
本人があのネタを読んで気を悪くしたからなのか
それとも結婚そのものがぽしゃったからなのか
ひじょうに気になって眠れません



・・・結婚そのものがぽしゃったんだとしたらネタにしてやろううっしゃっしゃっしゃなんてそんなひどいこと思ってません。
ええぜんぜん。

(2003年5月5日)

BACK NEXT

倉庫  HOME