HOME  倉庫  MINI

DOKUPARAMINI
■2004年3月・4月

■4月25日
「コミックマスターJ」の11巻が出ていたので買って読んだら
巨大新古書チェーンと出版界との闘いのはなしが載っていた。
まあこういうテーマのマンガなので
いつかはネタに上がってくるだろうなとは思ってましたが

なんというか
今現在の、現実世界の現状をまんま提示して
何の解決もないまま「完」になってるようにしか見えないんだけど。
「今現在の、現実世界の現状をまんま世の中に提示」したくて描いた
だけなんでしょうか。いや、だけならいいんだけどさべつに。
でもこのマンガって、そうじゃなくて
問題提起自体は現実で起こってることをまんま持ってきてても
このマンガの世界独自の解決のしかたで完結してくれても
いいような気がするんだけど。
そもそもJのキャラ自体がもうSFなんだしさ(笑)
あれかしら
作者自体がこの問題をフィクションでは解決できないような立場に
なってしまっているんでしょうか。とか深読みしちまいました。
これ以外でもなんだか
「提示しただけじゃん」な話が多かったし。
もうそういうマンガになっちゃうのかなあ。つまんない。
まあ世の中にとっては必要なことなのかもしれないけど。
誰かが提起していかないとっていう。
でも
わたしはそうじゃないところがすきだったのに。

■4月24日
これから5月一杯ぐらいまで2冊の単行本の作業に入ります。
なんか今、大幅描き直しにあたっての決意やら信念やらを
うだうだここに語っていたのだけれど
なんだか語れば語るほどうそっぽくなるような気がしたので
もういいや だまって描こう(笑)

ほんとうはカラーをCGでやってみたかったんだけど、
うちは機材のおまけについてた簡易版フォトショしかなくて
4色分解モードに変換する機能がついていないので、
まあ人んちでパソコン借りればできなくもないんですが
他人の手を煩わせてまでCGにこだわることもないかと
今までどおりアナログで描くことにしました。
今までは単行本も同人誌も一発ぶっつけで描いていたんですが、
やっぱりたまにしか描かないからいつまでたってもヘタクソで
いつもほんとは練習してからのほうがいいなあと思っていたので、
今回はちょっと練習することにしました(笑)
うまく描けたらアップするかも。
久しぶりなのでちょっと自分でもたのしみ。

■4月18日
ごめんなさい
素でパソコンの存在忘れて暮らしちゃった・・・

今、掲示板がみれなかったので
なにかあったんだろうかと一瞬おろおろしてしまいまして
それをそのままここに書いていたんですが(笑)
みれました。一時的に不調だっただけみたい。

なんでそれぐらいでうろたえたかというと、
今パソコンつけてメールBOXあけたら
今までみたことのない文面のウィルスメールが
今までみたこともないぐらい大量に届いていたからです(汗
さては掲示板に何か仕掛けた奴でもいたのかと。
最近のウィルスは差出人を擬装してメールを送りつけるというやつなので
知らない方から「おまえんとこ感染してるぞ」という内容のメールもよくいただくんですが、
うちは何回ウィルスチェックしても検出されないので
おそらく今のメールの受け取り方法なら感染することはないような気が。
ていうか
その「感染してるぞ」メール自体が
ウィルスでないという保証もないわけだよ
ほんとやなよのなかですね


あいかわらずいっぱいいっぱいなので
ネタはあるんだけど書くタイミングがつかめない。
仕事ばっかりきんきんやるのはやはり限界があるので
仕事しながらでもできることをいくつかやってます。
そのうちお話しします。

■3月30日
ううちくしょう、こんなことはじめなきゃよかったよ(笑)
えっと、言い忘れてましたが
今回メモっているこの仕事のしめきりは、じつは4月末です(笑)
本来なら「3月→仕事なし、4月→通常の仕事2本」というスケジュールだったところを、普通に4月の分を1本3月に回すだけでなく、5月と7月にやればいい作業も少しずつ3月と4月に割り振って最終的に7月をまるまる1か月フリーにしておきたいというもくろみです。
なので、3月一杯かかってあげてもむちゃくちゃ早いんですが自分の都合ではもっと早いにこしたことはないと。
そんなかんじで下の続きです

22日以降、めんどくさくて残してしまったコマをてまてま描いていたのですがそればっかりだとあきるので、途中で背景も描いてみたりベタを塗ったり。
このへんまでくるともうひたすら「画面を黒くする」だけなので、最低限の手順さえふまえればある程度いろんな作業が入り乱れても平気。
で、本当にめんどくさいところ3〜4コマとあと急遽でかい建物を別紙に描いてコピーすることにしたので、そこだけ残して24日の夜頃からトーン貼りに突入。
うちのトーンは、
雰囲気ものとか飛ばしもの
 ↓
顔や肌や背景の陰影
 ↓
服や小物の色ガラつけ
という順番で、それぞれ「全ページ貼ったら次の行程にかかる」というやり方です。
で、途中例によって飽きたところで(笑)残しておいたコマとコピー用の建物も仕上げて、なんだかんだで28日の昼間には完成。
・・・と思いきや、
扉ページを描くのを忘れてました(笑)
というか、いつも扉をいつ描くかはそのときのノリによってまちまちなんですけども、今回はけっこう早い段階で構図が思いついたので下書きだけはしたんですが、2人のうち片方の人物の顔がどうしてもうまく描けなくて。何度も何度も描き直したあげく一応描けたもののまだ自信がなかったので、ひととおりマンガの下絵をやって顔を描き慣れてからもう一度見直して、変じゃなかったらペンを入れよう。と下絵のまま置いといて、なんとなくそのままペン入れするタイミングを失っておりました・・・。
ということで最後の最後に扉の仕上げ。
といいたいところなんですが実際は、この段階で友達から引っ越すというメールが入り、「原稿があがったら手伝おうか」と電話したところ「手伝いはいいけどいらないマンガをやる」というのでそのままなしくずしに無駄話、そのあとマンガをもらいに行ってまたそこで無駄話、さらに帰ってきてもらったマンガが面白くて読みふけり(・・・・・・)
まあでもどうにかすべり込みで28日中には上がりましたさ。
やっぱり本当にやばいしめきりではないので
ラストちょっとダレましたね。
でも今回は単なるスピードアップだけでなく、できれば画面作りも少年誌のクオリティにどこまで迫れるかと(笑)いう挑戦もしてみたかったので、これでもかというぐらい画面をうめることができました。
今後はここからまた手を抜くことなくさらなるスピードアップがはかれればと。

ところで
前回の分を読み返してみたら、「普通に暮らしながらの最速」という表現
どうも以前にも使ったような気がしてならない(笑)
もしかしたら前にもこのサイトでこんなことをやったんだろうか。
怖くて探す気にもなれませんが。

(ついでに念のため
やたら「少年誌のクオリティ」という言葉を使っていますが
今回わたしが描いていたのはもちろん少年マンガではなくて
腐れ女子向けエロマンガです。
べつに将来週刊少年誌で連載をしたいという野望もありません
ただ少年マンガ誌で好きなマンガができたので
その作者がどれだけの努力をはらっているのかを
自分なりに垣間見てみたかっただけです。)

■3月22日
↓に書いたまんまの理由で
素直に作業にはまってました(笑)
今は、ちょうどいつもややダレるくだりにさしかかったので
思い切って2時間ほど小休止。

ここってマンガ描いてる人とか
マンガ家になりたい人が見てるのかどうか知りませんが
(たぶん見てないと思うけど)
今回せっかく少年マンガにはまったので(笑)
少年誌の週刊連載の作業にどこまで迫れるか、
というよりはむしろどこまで迫れないかと(笑)
いうようなこころみを自分の中で勝手にしてみておるわけです。
ということで、以下ここまでの作業メモなんかを書いてみます。

ちなみに今回描いているのは読み切りシリーズ連載の第5話、
(つまりキャラ設定等の作業はしなくてよい)
扉含め22ページ。週刊少年誌の連載1回分より3ページ多いです。
アシさんは今回使いません。

16日の昼過ぎに担当さんからTELでネームOK。
ネーム自体はたしか約1日で完成。で、このTELまでに原稿用紙を作るという作業も完了。
原稿用紙を作る→わたしの場合、紙を右ページ用と左ページ用に分け「とじ」側1センチのところにはみ出しラインを引き、目印のスタンプを押し、左右ページを順番どおりにならべてページナンバーをふる。早ければ1時間ほどで終了。
まず全ページ、コマ割りをとって絵のアタリとフキダシだけを描き、先にフキダシとワク線だけをスミ入れする。
これが終わったのがたしか18日の昼頃。
で、アタリをたよりにねちねちと人物の下絵。
アップとかキメゴマを優先にとりあえず全ページうめてみる。が、
ラストまで行くと最初に描いたやつはすでに顔が違っているので
戻って微調整。ここまでで20日の夜。
終わりしだいざくざくとペン入れ。
この時点では下絵が入っていないコマもたくさんあるのだが
ノリがいいページはその場で下書きして仕上げてしまったり。
そんなこんなで、細かいところを残してメインの人物は
今朝(22日)でほぼ完了。
今は、小さいのにやたらめんどくさいポーズをしている人物とか
チョイ役のくせに何ページも出張ってる人物とか
そういうのをねちねち入れてます。
わたしはここがいつもいちばんめんどくさくてダレます(笑)

ということで
ネームスタートしたのが15日とすると、
もう1週間過ぎちゃってますねー(笑)ぜんぜんだめじゃないか。
一応、目標としては今週一杯ぐらいですかね。
ネットはかなり絶ってましたが自炊とか買出しは普通にしてるし
夜は7時間は寝てるし(徹夜とか昼夜反転とか好きじゃないので)
天気のいい日は朝歩いたりしているので、
「普通に暮らしながらの最速」ってかんじでしょうか。

ということで、後半は終わってから。

■3月16日
今日明日あたりに更新しとかないと、
むこう3か月ぐらい気持ちよく放置になりそうな気配です(汗
去年作った略式版扉ページがまだ保存してあるので
今のうちに切り替えたほうがいいだろうか・・・。
今月はしめきりがないので、4月と7月にやる予定の作業をのんびりしながら
サイトもいっぱい更新してよそのサイトにもいっぱいあそびに行って
ついでに久しぶりにお習字でもやろうかなあなどと思っていたのですが、
なんかいろいろあって今月と来月と再来月で結局
マンガを5本分ぐらい描くことになってしまいました・・・
でも
今、じつはすんごいひさしぶりに面白いマンガを発見して
バカはまりしまして。
もう現在出ている単行本は集めきってしまったんですが、
それでも毎日くり返し読むほどはまってます。
で、そのマンガって画面のつくりもものすごく好みなので
不思議なことに自分も絵を描くのが楽しくなってきたんです(笑)
こんな画面がつくれたらなあと。
↑いや、ジャンルが違うからそうもいかないんだけどさ。
なんかでも、読んでて「描くのが楽しそう」って思ったマンガってあんまりないかも。この作者の仕事場におじゃまして現場を見てみたいと思ってしまった。
実際は、自分だって仮にも毎月原稿製作の現場を体験してるわけだから
楽しいわけないってわかってるんですけども(笑)
まあでもせっかくだから
のってきてるうちにさくさくやっつけちまいたいもんだなと。

■3月11日
ほとんど毎日家にいて、夜中もけっこう起きているのに
電気代が異様に安い。
笑えるほど安い。
こんな光熱量で暮らせるなんて
ほんとうにわたしは生きている人間なんだろうか(笑)

今年単行本が2冊出るんですが、
すでに描いてある収録する予定の作品のうちの1本を
半分ぐらいネームからやり直すことにしました・・・
ただでさえまるまる1話描き下ろしするのに・・・
ついでに言うと“単行本用に描き下ろすもの”っていうのは、
枚数や白黒・カラーにかかわらず「原稿料」というものは出ません。
ぜんぶタダ働き。
でもどうしてもこのまま載せるのはいやだったんだもん・・・

どの本のどの話を直すかは、
また祭りにでもなったとき格好の餌食にされそうなので
今は言いません(笑)

■3月8日
じつは思うところあって、3月から1か月ぐらい
「毎日サイトに日記を上げる」にチャレンジしてみようかと思ったんだけど
日記に必死になりすぎて他のコンテンツが今以上に放置になったり
日記のネタや書く時間のためにリアル生活に支障が出ることは
想像に難くないのでやめました。
って書いている今日がすでにもう8日なんですけども。

ちょっと今やることや考えることがいっぱいで
優先順位がきまるまでネットには手をつけないと割り切るしかない状況。

HOME  倉庫  MINI