HOME  倉庫  MINI

DOKUPARAMINI
■2004年5月

■5月28日
そういえば、前に煮ちゃんで祭られたとき
わたしがお金を稼ぐためにエロを描きはじめたってことが
けっこう反感買ってたようで、わたしはそれを見て
「ああ日本ってまだまだ女の子がお姫様なんだなあ」と
しみじみ思ったりしました。
「あたしはエロが純粋に大好きで(ってのもどうよ;笑)描いてるんだから、
お金目当ての人なんかに描いてほしくないわ!」っつってる奴もいたな。
誰だったんだろ(笑)たぶん名前きいても知らねえけど。
「お金目当て」っていうと、たいていの人は勝手に
「本当はいやだけどお金のためなら仕方ない」という意味に解釈するけど
本当にそれができるんだったら、マンガなんか描かないで風俗とか行きますよ。
マンガでも「本当にいや」な仕事は断ってるしな。

つうか
「お金のことを言うのは下賎だ」と言い切れるような生活してみてえよ・・・

■5月26日
まだ多少細部が気になるものの一応イラストコーナー整備完了。
肝心の中身が増えてないどころかじゃっかん減ってたりするのに
体裁だけ変えるのはけっこうはずかしいんですが
でもそれを理由にいつまでもやらないってのもまずいような気がしたので。
まあ新コーナーのカンバン絵とか描きおろしたしね。いいよね。(訊くな)
あと今回メインギャラリーに上げたアナログ画は、ネタ的なものなので(笑)
すぐおろすかも。わかんないけど。

あと
KUWADATEの新しいトビラ絵は、コミックスの裏表紙用のイラストを加工したものです。
発売前だけど、まあこんだけいじっちゃえば悪用もできまいと(笑)
たぶん実物とはまったくイメージ違います。
気になる方はぜひ6月26日本屋で確認を。そしてそのままレジへGO。

■5月24日
23日の分は倉庫に個室で収録し
ついでに倉庫をちょっとだけ整理しました。

ただ落ちてるようにみえてじつはギャラリーで
大がかりな改装をおこなっております。
っつっても絵がふえるわけじゃなく(ちょっとはふえるけど)
ほもエロ系のキャラ絵のコーナーを別にこさえてます。
さすがにソレ系の枚数もふえてきたっていうのと、
あとこれから先ソレ系ばっかり更新しそうな気配がないともいえないので。
っつってもネコばっかり描きたいときは描くけど。
ま、「コレしかやらない!」って絞っちゃうのは自分が楽しくないので(笑)

で、改装にあたって
メインギャラリーのフレーム版をやめようと思ってます。
自分はよそのギャラリー見るときはフレームのほうが好きなんだけど、
うちはどうもセンスが悪いせいなのかなんなのか
メニューフレームが邪魔にみえてきて。
今度テーマギャラリーがみっつになるし、みっつともフレームなしなので
じゃあメインだけフレームが選べるってのも意味ないかなと。
しかしその程度の理由なので残しとけって言われたらべつに残せるので、
これ読んでる方で
「いつもフレームで見てるから絶対なくしちゃいやだ!」
という方は2〜3日中にメールで言ってください(笑)
まあうちはたぶんイラスト目当ての方自体あんまりいないと思うし
いても毎日はチェックしてないと思うので、
たまたま今日読んでる人の中にいなかったらもうなくしてよし!ってことにします。


ひさしぶりにパーマをかけて派手なおばさんになりました。
あーやっぱりさらさらストレートは似合わない(笑)やめて正解。
バクハツしてるほうがしっくりくるわー。
だいぶ前にこの髪型にしようときめて、1年ぐらいのばしてたんですが
いざってなると、こんな仕事してると髪型整えても誰に会って見せるわけでもないので
なんか機会がないと損なような気がして(パーマ高いしさ)
なかなか行かなかったんだけど、
今週妹にメシおごることになったので。
なんで家賃8万のところに住んでる有名企業OLに5万のところに住んでる貧乏漫画家がおごんなきゃいけないのかよくわかんないけど。まあ海外みやげとかけっこうもらいっぱなしだったんで。
ひさしぶりにタイカレー食ってきます。

■5月19日
おととい・昨日あたり久々にイラストコーナーをいじったら
またこういうのって、いじりだしたらいろんなもんが気になりだして
困ったもんである。
なんというか、最後に改装したときけっこう時間を割いたので
コーナーのデザインには不満はないのだが
どうもそのデザインと、中身の絵とがつりあっていない・・・
ような気はじつは今までにもしていないこともなかったのだが、
ちょっと見ないふりをするにも限界がきたみたい(笑)
まあ3年もやってりゃな。
なんというか、改装時には一応「シンプル」をめざしたのだが
どうもこの絵どもは、シンプルというよりも
「ぞんざい」という扱いがより似合うような気がする。
ちゃんと不相応でない似合ったガクブチに入れてやればヘタクソなりに映えるのでは、
と信じてずっとやってきたのだがなんだかそういう問題でもないような。
さりとて何の説明もガクブチもいっさいつけず
白地にぽつんと置いて見せるというのは、あれはあれで
上手い人がやってこそひきたつシンプルさというもののような。
「いっそやめちまえ」というところへだけはたどり着く気がないので
とりあえず、最近の以外のうがき文をできるだけ排除したりとか
より「どうでもいい」感を強調すべく改装作業中。
それにしても
CGはどうやっても勉強不足だからしょうがないとしても
アナログ画は、自分のひいき目ということを考慮しても実物は
原画展をやれたぐらいだからそれなりに見られるはずなのに
なんでwebだとこんなにひどいんだろうなあ、
と考えていたら、ふと
今サイトに上がっているアナログ画の半分以上は
先代の腐れスキャナで取り込んで
フォトデラで処理したものであることを思い出しました(・・・・・・)

何気なく同じ原画を1枚今のスキャナで取り込んで
フォトショで処理してみたところ、

同じ絵とは思えないぐらいきれいで(まあ限界はあるけど)
しかも軽いファイルができあがりましたとさ

早く気づけよ俺・・・・・・

とりあえず、気づいちゃったので
ひきつづき載せる気がある絵は全部ファイルつくりなおします・・・

でも新しい絵も描きたいなあ。

■5月16日
昨日の朝、またはなみずがとまらなかったので鼻炎の薬を飲んだら
夕方頃になって異常なぐらい効いてきて起きていられなくなって
結局9時間ぐらい寝てしまった・・・
まあおかげでスッキリ目覚めて朝っぱらから更新作業してるわけですが。
だいたい鼻炎薬でも風邪薬でも、1日3回飲めと書いてあっても
1回で普通に効くか効きすぎるかなので1回以上飲んだことがない。

イラスト、なんとなく出しそびれてたやつとか何枚か上げました。
あとアナログのやつがトリミングが気に入らなかったりしてまだ出せない。
あと、
昔描いたマンガで同人誌が売り切れてるやつとか商業誌でも原稿が返ってきてるやつとか、読めるようにしたいなあとずっと前から思ってるんだけど。
なかなかそれだけのためにまとまった時間をとるっていうのができないんですよねい。
「天国の食卓から」のコミックスの作業はどうにか終わりまして
表紙の絵とか取り込んでおいたので、
もうちょっと発売日が近づいたらどっかに使おうと思います。
今から出しておいても忘れられそうだし(笑)

そうだ
なんか今あちこちで流行ってるらしい「web拍手」ってやつ。
なんかCOOLさんで、違うんだけど似たようなことができるやつの
タグを配布してくれていた。
web拍手には興味なかったんだけど
「このまんま貼り付けて使っていいよ」って言われたら
ちょっとやろうかなという気に(笑)
どうなのかなこういうのって書き込んでくれる人いるのかな。
掲示板より気楽に書けます?
わたしはあんまりそうは思わないんだけど。
初めて行ったサイトがちょっと良かったり、
前から気に入ってたサイトが設置してくれたりすると
ぽちっと押すだけは押すけど、メッセージ書き込んだりはしてない。
ていうかさ
そのメッセージに対して日記で返事書いてる人が多いけど、
結局名指しで個人あてに返信してるんだったら掲示板と変わらないんじゃ・・・
メッセージ自体は人目に触れなくても、
返信の内容でだいたい何書いたかわかっちゃうときもあるしさ。

って、ここまで書いてて気がついたんだけど
こういう「どうなの」ってときに置いとけば
「わたしはこう思います」って返事が書きやすいのか。そうか。
気が向いたら近いうちつけるかも。

■5月15日
そんなつもりで昨日あの写真↓を上げたわけでは決してないのだが、
写真の画面右半分を占める茶色っぽい壁の家には
きちがいおやじが住んでいて、
時折コンサートホールのような大音響で
堀内孝雄を流している。
まさに今、孝雄リサイタルのまっさいちゅう。
まあ、きちがいに暴れられても困るし
そんなに頻繁なことでもないしという
「注意したくないことへの言い訳」はそれはそれで別として、

「孝雄そんなに嫌じゃないなあ」
と思ってしまっている自分を発見し
そんな自分がちょっとイヤ(笑)

■5月14日
うちの白バラちゃん。

柵の向こう側のびんぼうくさい風景がなければ
一見高級マンション(ふう)なのに・・・。
「だからなに?」な話でしかないので書いたことないけど
じつはけっこう園芸おばさんなわたし

朝青龍負けちゃったねえ。

■5月11日
いやあ うちのサイトってさあ・・・
ほんとバカだね(笑)

まあいまさらですが。
おカタい団体のサイトなんかねっちり読んで戻ってくると
本当になんという脳足りんぶりだろうとつくづく。
「誰がこんなもん書いたんだよしんじゃえよこんなばか」
とか心の底からいやになったことも一度や二度ではありませんでしたが
今日はちょっと癒されちゃいました(笑)
癒し系だったのか俺。←違う。

馬鹿がいきおいあまって
年金手帳を紛失したらしいです。

去年の秋頃、ここでちょっとネタだけふって書きそびれてたけど
実家の部屋を空けるために荷物を整理しに行って来て、そのときに
ハタチで加入して以来ずーっと入れっぱなしだった同じ場所から
手帳が発見された。
わたしは当時すでに馬鹿だったので年金やらの知識は皆無で
手続きなどもたぶん親が行って、手帳も親から渡されたのだが
どうやら持っているだけで何も書き込んだり見せたりする必要もなさそうだし、
ハタチのときにもらったたかが紙束を65になるまで何の手も加えず後生大事に保存しておくというのも何か現実味がないような気がしたので
この手帳が大切なものだという認識はまったくなかった。
それで去年の発見時に
「こんなもんがまだあったが捨てていいか」
と親に聞いたら「それは大事な物だから保管しておけ」と。

こういう会話をかわしたことは確かに憶えているのだが

この直後に手帳をどうしたのかを
まったく記憶していない・・・

わたしは同じ場所に返しておいたのだと思っていたが
ないそうだ。
わたしのマンションのほうでも「あるとしたらここかここ」という場所にはない。
というかわたしの勘では、
「整理中のゴミにまぎれて捨てた」がたぶん正解
(↑これが正解だと自分にも責任が及ぶので母は絶対に認めようとしないが)

でもあせる気持ちはほぼ皆無。
なぜかというと
「年金をもらえてありがたい」状況が自分に訪れるとは
はじめから思っていないからです。

どういうのが「年金をもらえてありがたい状況」かというと、
「歳をとって若い頃のようには働けなくなり
自分あるいはツレアイの稼ぎも蓄えも心細くなってきたが
そこに年金がプラスされればどうにか今までランクの生活は維持できる」
とかまあそんなかんじではないかと思うのですが

正直自分の将来像ってどう考えても
「とっくにできる仕事も雇ってくれるところもなくて
(もちろん言うまでもなくツレアイなどいなくて)
年金もらえたところで月6万ぽっちじゃ暮らせないので
いずれ野垂れ死に」
か、あるいは
「年金支給を待たず来年あたり早々に野垂れ死に」
なので

一応地元の社会保険事務所に聞いてみるけど
再発行不可だとしたらそれはそれでもう
今年から「もらえないのに納めてる奴」になります。もういいです。
手帳保管するのもめんどくせえ奴に
お上にたてつくエネルギーなんざあるかぼけ。
一応社会保険庁のサイトで調べたら
紛失したら絶対年金がおりないということでもなさそうだったけど、
でも今からうん十年後じゃすでに
失くしたか失くしてないかも憶えてなさそうだ。
ていうか
あんだけ山ほどいる払ってない奴らが
全員きちんと手帳を保管してるともとうてい思えないんですが。

とりあえず
「来年あたり早々に野垂れ死に」なら納めなくてすむなあ。
そうしようか。うんそうしよう。きまり。

■5月9日
何のフォローにもなりませんが
ちなみに
ピラミッドはいっぱいあるってことは知ってます(笑)
つくりかけでやめたやつとかあるんだよね。

ちょっとまじめなはなし
というか
そぼくな疑問。
あの例の、アメリカ軍によるイラク人虐待のはなし

第一報が入ってからもう何日も経つにもかかわらず、
各局とも連日ニュースであの写真を
大写しで出し続けるのはなぜなんだろう。

ニュース自体は毎日続報を出さなくてはならないにしても
あの写真自体は、一度出したらあとはもう
「例のコレ」ってわかる程度の出し方でいいじゃないですか。
サイズちっちゃくして色フィルターかけるとかさ。
あれって一種の「惨酷映像」じゃないんですか。
子供を持つ親だったら見たくないし見せたくない映像じゃないんですか。
たとえば
日本で誘拐事件が起きたとして、
犯人から脅迫のために人質をあんなふうに陵辱してる写真が送られてきたら
やっぱり連日大写しで放送し続けるんでしょうか?

なんかだんだん普通に不愉快になってきたんで
続報自体は聞かなきゃいけないと思ってるんだけど
最近ではあのニュースになると
写真を見せられる前にチャンネルを変えている。
まさかとは思うけど
視聴率かせぎのためだとしたら、
逆効果に思う人間もいるということを
どうにかして報道側の人間に知ってほしいかんじ。
ていうか
知らないでやってるってこともないと思うけどさ。

■5月7日
なんかひさしぶりに
うっかり原稿料をふみたおされるとこだったらしい(笑)
あ ごめんなさい関係者見てるかもしれないんですが、
怒ってはいないです(笑)
怒ってないけどネタにはさせてもらうわ ヲホホ。

いや昨日、ひさしぶりに銀行に行ったら
連休明けでめちゃくちゃ混んでいたので
通帳記入専用の機械で記帳だけしてきたんですが、
自分でいついくら引き出したかはだいたい把握していたものの
光熱費やら国民年金の一括払いやらの引き落としで、ほんの数日前に
ものすごくやばい金額にまで減っていたことが判明(汗

一応今は別の会社からの原稿料が入って
そんなにやばくはなくなったんですが
でも
一応、去年から今までだいたい月イチぐらいで何かしら描いていたはずなので
さすがにこれはおかしいと気づいた。

思い当たったのが、去年の秋初めて仕事させてもらった某社の突発本。
これは、会社は初めてだったものの請け負ってたのはなじみの編集プロダクションで
その編プロさんは今ちょうど移転中で電話もメールも使えないので、
どうせ原稿料を払うのは編プロじゃなくて出版社なんだから
直接コッチに聞いたろう、と
今日出版社のほうに電話して聞いてみましたところ

「もう去年のうちに、編プロさんに
渡すものはぜんぶ渡してある」とのこと・・・

いや、ちゃんと編プロさんの移転先は教えられているので(笑)
逃げられたとは思いませんでしたけどね。
でも、まさか編プロさんから支払われるとは思ってなくて
出版社名義で振り込まれると思ってたので、
じゃあ通帳にその出版社の名前が書かれてないから未払いだと思ったけど
ほんとはもう別名義でちゃんともらってるのか!?と
一瞬ものすごくあせりましたさ。
結局
出版社の責任者の方が編プロに連絡つけてくれて、
さっき編プロの代表者さんから携帯で
「ごめんなさいうっかりしてました」と(笑)

あれですよ
ただでさえマンガの原稿料って、支払われるの原稿描いてから数か月後だし
その何か月後かも会社によってまちまちなので
わたしみたいにあちこちで節操なく描きちらかしてると
どこのどの仕事の分がいつ、いくら支払われるのか把握できなくなってきて
ほんとやばいですね。
貧乏な奴ほどリスクが高いという(笑)

そういえば
国民年金て一年分一括にするとちょっとだけ割安なんで、
以前はいっぺんに十万以上引かれるのはこわいなあと思ってたんですが
どうせ毎月一万ちょいは「ないつもり」で暮らさなくてはならないので
同じことかと思って何年か前から一括にしてもらったんですが、

今回初めて危ない橋を渡りました・・・

とりあえず誰が払ったの払ってないのの議論はもういいから
せめてちゃんと有意義なことに使ってほしいかんじです

■5月5日
塗り絵作業がたのしいです。
コピック+色鉛筆で、久しぶりなので2枚ほどミニカットで練習して
描き始めたらこれがめちゃめちゃはまる。
いつまでもいつまでもやっていたい。
いや そうもいかないんだけどさ。
練習で描いたやつは取り込んだので近いうちに上げます。
表紙とかも、印刷されたら文字が載っちゃうし
どこでカットされるかわからないので
本が発売されたら原画あっぷしようかなあ。
裏表紙とかもくじとか、カットだけ用意して
デザイナーさんにおまかせしようかと思ったんだけど
よく考えたら自分もデザイン学校出てたんで(・・・・・・)
せっかくパソコンも使えることだし、
デザインサンプルだけでも自分で作ることにしました。
そういえば前の単行本出してもらったときは
まだこんなにパソコン使いこなせてなかったんだなあ。としみじみ。
全部CGで描くだけが能じゃないですよねー
考えればいろいろ使い道はあるもんですよ。うん。

■5月3日
「天国の食卓から」の単行本の
1色ページの直し&描き足しが思ったより早く終わって
カラーをねちねち描いております。
見本用に他の方の本をたくさんもらったのに
やっぱりみなさん普通に上手すぎて参考にならない(笑)
ので、結局またしても思っきしわが道をいってしまいました。
これでもかというほど食べ物のイラストを描いて
超カラフルにしてみようかと。
本屋さんで平積みにしてもらったときに
ちょっとでも目立てればいいなあと。

で、
口絵カラーで普通にイラストを描いてもつまらないので
カバー袖(内側に折り込んである部分)も使って
またしてもバカマンガを描いてしまいました。
ほんとこんなバカなことしてんの俺だけだ(笑)
だってせっかく「何やってもいいです」って言われてるんだから
何でもしないと。

でさ
カバー袖のほうのネタでちょっと英文を使いまして。
自分で辞書で調べたんだけどもちろんわたしはしゃべれる人ではないので、
今日OCN翻訳サービスっていうのをみつけて
一応調べてみたんですが

ここは英訳・和訳両方できるらしいので
まず日本語を入力して英語に直してみたところ、
わたしが自分で作ったのとはぜんぜん違う文が出てきた。
しかし
どうも単語的にも言い回し的にもなじみがなく、
そもそも日本人にしか読まれないであろう本(笑)に使うものなので
少なくともわたしレベルの英語力しかない読者さんが読んで
何が書いてあるかまったく理解できなくては意味がないので
(じゃあなんでわざわざ翻訳サイトで“正解”を確認したかというと、
むっちゃくちゃ英語力のある読者さんもいるかもしれないので
ぜんぜん間違ってたらはずかしいじゃないですか。)
ためしに自分で調べて作ったほうの英文を入力して
日本語に直してみたところ、
まったく問題なくわたしが最初に打ち込んだ日本語と
同じ文が出てまいりました

・・・どっちでもいいのか?

どっちでもいいんだったら
わかりやすい自分で作ったほうを採用することにしました。
というわけで、むっちゃくちゃ英語力のある方は
俺の本なんか読まないでください(笑)

HOME  倉庫  MINI