HOME  倉庫  MINI

DOKUPARAMINI
■2004年8月

■8月16日
なんかヤワラさんきんめだるとれたらしいですね
わーすごいおめでとー(←超棒読みで

今朝テレビつけたら、まだ高校野球が始まってなかったので
仕方なくワイドショーを流しといたら
ヤワラさんの16歳ぐらいの頃の映像とか流れてまして。
今みるとけっこうかわいかったりしますね。
ケガにもめげず小さな体で相手に立ち向かって行く、
トレードマークのちょんまげに素朴な笑顔がかわいい
そんなヤワラさんを見ていた当時のうちの家族の会話

ぽ 「この人の髪型ってさ
  なんかいっつもおんなじとこで分けてしばってるよね」
母 「なに、ハゲてこないかって言いたいわけ?」(←するどすぎ)
父 「たまには分け目変えりゃいいのにな。」

こいつらには健気にがんばってる人を素直にたたえる心というものがないのか。
腹黒一家でごめんなさい。
こんな血筋途絶えてしまえ。

■8月15日
夏コミレポートは「webみはしのくわだて」に移しました。

■8月10日
土日に近所でこの集落一帯の祭りがありまして
ものすごい規模小さいにもかかわらず盛り上がったようで
それはよろしいんですが

祭りのあけた昨日は生ゴミの日で、
集積場の掃除当番がわたしだったんですが
収集車が来たのをベランダから見ていたら
なぜか一袋だけ「回収できません」のシールを貼って置いていった。
ものすごくいやな予感がして降りて行ったら
でかい袋にカンもビンも食いカスもいっしょくたで
口が締まらないほどパンパンにつっこんであった。
一目で祭りで買い食いしたゴミとわかる内容。
しかも
同じプラスチックのラムネのビンが何十本もあったので
もしかしたら子ども会とかの団体かもしれない。
炎天下、焼きそばのソースでベトベトの袋に肩までつっこんで仕分けした。
ほんとに捨てた奴に心の底から言いたいんだけど、
死ね。まぢで。
もう今すぐに命をおとしてくれ。
永遠に祭りに参加しないでくれ。
おまへに祭りを楽しむ資格なぞない。

あれでしょ
ここの祭りに参加できて、しかも
月曜がゴミの日でここが集積場って知ってるってことは、
この近所に住んでる人ってことですよね。
自分にも掃除当番がまわってくるってことじゃないですか。
自分もこういう目にあうかもしれないのにこういうことができるってどういう神経なんだろう。
ほんとに死んだほうがいいよ山車に轢かれるとかして。


ところで夏コミですが
今回売り子さんも来れないそうだし、わたしもなにしろ原稿がアレなので
申し訳ありませんが2時ぐらいで帰っちゃうと思います。
そんな押すな押すなってほどお客の来るサークルじゃないのに
なにが申し訳ないかっていうと、うちみたいなとこは
午前中大手さんに並び終わった人たちが
昼から閉会間際にかけてどばっと来たりするから(笑)
いつもそれで終わり頃まで残ってるんですが、今回はいませんので
いつもそのつもりの方はすいませんがご了承ください。
で、その後の通販の受付は9月中旬頃からになると思います。
あと
この間描いたフォレストグリーンの単行本口絵のCGの試し刷りが
例によって大量に出ちゃいましたので(笑)当日先着?名様にあげます。
色調整の試し刷りなので1枚1枚色が違うってとこがミソ。

■8月5日
このクソ忙しい&金がないにもかかわらず
パーマかけなおしなんぞしてきたら
なんか3時間半とかかかってた。
そんな無茶な注文したかな俺。

しかしあれですね
口頭でイメージを言って店でヘアカタログを見せてもらって
ああでもねこうでもねと相談したりしてるんですが
よく考えたら、その見せられるカタログのページのモデルっていつも
10代とかハタチぐらいとかなわけで、それってどうなんだろう。
あれだよね
ちゃんと、歳相応のおばちゃんモデルのページもあるはずだよね

ある時から突然そうゆうページを見せられたらちょっとショックかも
・・・・・・・・・。
いつその日がくるんだろうどきどき。


ところで
ここんとこニュース見てすごいなあと思ったのが
加古川の一族郎党みなごろし事件。
いや、事件の凄惨さとか犯行の残忍さとかはこのさいさておき
あの犯人の普段の生活とか昔からの性格とかが明らかになるにつけ。
すげえですねあいつ。
なんか生きててなにひとつ楽しいことがなさそう。
もう、この世のなにもかもが気に入らないんだろうなあ。
家族に暴力ふるったり凶器持って近所の人を追い回したりしても
本人ぜんぜん楽しくも面白くもないだろうに。
犯行動機も「積年の恨み」で、ニュースで「この家族にいったい何があったんでしょうか」とかいわれてるけど
たぶん、なにもなかったんだと思う(笑)
「自分がノンストレスの快適生活を送れない」っていうのが不満で
それを家族のせいにしたかったのでわと。
でもこの人、どうなったら「ノンストレスの快適生活」なのか
絶対自分でもわかってないと思うけど。
(ていうか正確には生きているかぎりまったくのノンストレスっていうのはありえないわけだけど。)
こういう奴昔の不良ドラマとかによくでてきたよね(笑)
あまりにどうしたらいいかわからないからとりあえず暴力ふるってるっていう。
50前にしてまだ積み木くずしてるのかー。
そんだけ長いこと生きてきて自分にとってなにが心地いいことか知らないってちょっとすごい。
わたしなんか猫がウンコしただけでけっこう幸せだ。
よかったバカで。

HOME  倉庫  MINI