HOME  倉庫  MINI

DOKUPARAMINI
■2004年9月

■9月30日
とゆうことで、本屋さんにイラストをあずけてきました。
結局、↓で書いたもう一軒の返事待ちだったほうの店は
直筆だろうと通常の書店用POP以上の扱いはしてもらえないそうなので
(まあこっちの店は全国チェーンだからなあ)
PC加工で作ったPOPを置いてきました。
でもこういうのってけっこう足を運ぶ労は買ってくれるみたいなので
また本が出ることがあればどんどんやろうと思った。

キャメルさんのほうは、
「こういうのうちも初めてなんでとりあえず好きにやってみてください」
と言われ(笑)時間ない中必死で考えたんですけど、
やはり売り場に置いてギリギリ邪魔にならない大きさってボーイズアンソロジー本のサイズと同じA5かなあと思い、A5で描きました。
なので地図見てわざわざ行くとガッカリします(笑)
というか、ほんとに1〜2日しか置かれないかもしれないし。
ボーイズって毎日のようにどっかしらじゃんじゃん本が出るから。
まあでも売れるといいなあ。
キャメルさんご協力ありがとう。

■9月24日
とゆうわけで
またしばらく篭ることになりました馬鹿です。
「くわだて」の改装もほっぽらかしですが読者様がイベントに来てくださることのほうが大事なので、とりあえず今は突っ走らせていただきます。
猫雑誌創刊にあわせて(というかいっぱい買ってもらえれば定期刊行になるそうなので)宣伝のために猫コーナーのほうもひさしぶりにちゃんと回そうかなあと思ってたんですが。やっぱあれもこれもというわけにはいかないなあ。発売日後にでもなにかできればしたいけど。

宣伝といえば
前々からやってみようと思ってはいたんですが、
単行本「フォレストグリーン」の発売に合わせて
地元の本屋さんに直筆のイラストを置かせていただくことになりました。
まさに飛び込み営業です(笑)
そんなに大都会のどでかい本屋じゃなければ地元のよしみで置いてくれたりするんじゃないかなあなんてぼんやり考えてはいたんですが、ちょっと前にネットで、けっこうわたしなんかからみれば大御所の作家さんが、本が出ると直々に本屋に営業にまわっているということを日記に書かれていたので。あ、じゃあやっぱりやっていいんだと(笑)
一応前のわたしの本も置いてくれていて、そういうものを展示するスペースがありそうな店2軒にお願いしてみて、1軒はOKとれたので、もう一軒も連絡いただけたら本屋さんの場所とかこのサイトに載せようと思います。っつってもまあわざわざ遠くから見に来てもらえるほどのことをするわけじゃありませんが。一応、東武東上線沿線の方はよろしく〜(笑)

■9月20日
台所で
毒ガスを発生させてしまいました

このごろもう涼しいじゃないですか。
みそしるが24時間ぐらいなら常温でおっけーだったんですよ。
冷蔵庫ちっちゃいから鍋ごと入れるのやなんですよ。
で 昨日(18日)作って3日間ぐらいちびちび食うつもりで
とりあえず昨夜は常温でフタだけして放置したんですよ。
で今日(19日)の昼あっためなおして食おうと思って
(最近朝食はシリアルにしているのでみそしるは食わない)
フタをとってみたところ

表面全体がサイダーみたいに
シュワシュワシュワシュワ言っておりました

すげー
みそしるって発酵するんだ。

しかもあれですよ
ニオってらっしゃるわけですが、
数ある悪臭の中でもよりによって
人類が生理的にいちばんうけつけないであろうかんじの
なんかわりと大きめの生物が死んでくさってるみたいな
そんなにほひなんですよ。
そのみそしるの具ってイモとネギだけなんですけど。
イモとネギとミソとダシしかはいってないものが
なんでこういう種類の臭いを出せるのか。生命の神秘。
ていうか1日ぐらいで腐ってんじゃねえよ根性なしめ

なにはともあれ
「あそこの家、一日中ひきこもって変だと思ってたけど
どうも死体を隠してるらしいわ」
などと噂が立つ前に処分できてよかったです。

■9月18日
結局「全面改装」にならなんだ・・・(笑)
壁紙が替わって左右逆になっただけじゃねえかよみたいな。
でもこの表紙をテンプレに、他のページもてまてま直していこうかと。
(ていうか、ごめんなさい今日はもう作業すんの飽きました。)
あの「仁丹」ふうのブリキカンバンがついてるデザイン、
ださくて気に入ってるんですが
なにしろサイト開設当初からのもんなので(汗
もういいかげんどうにかしようやと。

カンバン絵に使ったイラストは、もともとは
「フォレストグリーン」の書店用POPのために描いたもので
あれのシンプルバージョンのまっ黄っ黄なPOPが
あなたの街の本屋に現れるかもしれません。
で、それの線画をコピックで塗ってポストカード用に作ったもの
を、さらに色調変えてカンバンにしてみました(笑)
(どんだけ使い回すねんワレ)
まああれですよ
あっちも本体玄関と同じく、カンバン絵のサイズを固定して
そこだけときどきつけかえればいいというふうにしたかったのですよ。
で、タイトルもイベント配布ペーパーと同じにしました。
今まで何でだか、同じじゃまずいんじゃないかと思ってたんですが
何でまずいと思ったのか今思い出せないので(・・・・・・)
統一することにしました。ああすっきりした。
ていうか
閉鎖するかもしれないっつったそばから何がんばってんだこのくそあま
というツッコミは受け付けません。

■9月15日
ありえないいきおいで体重が減ってるんだけど
癌でしょうか。

KUWADATE全面改装しようとだいぶ前から思ってるんですが
いろいろ告知とかこれ以上遅れるのもまずいので
とりあえず中身だけ上げました。
近日中にこんどは表紙だけ変わるというまぬけがとりおこなわれるとおもいます。
「ネコ缶」という本、
すでに出ている「イヌ缶」という犬本をもらったんですが
これをみるかぎりでは、一時期たくさん出てた実録ギャグ中心のアンソロジーコミックみたいなやつではなく(わたしはそういうのを想像していたんですが)、感動ばなしとかファンタジーもありの、まあ「犬が出てくる普通のおとなマンガ」というかんじでした。ほとんどが創作のストーリーマンガ。もしかしたら犬と猫では違うのかもしれないけど、まだ実物みてないからなんともいえん。
とりあえずわたしはこのサイトにのっけてるようなバカマンガを8本ほど描きましたので(笑)気になる方はぜひ読んでやってください。

■9月13日
ところで、
「誰にでも優しい人はだめだけど誰にでも易しい携帯はいい」
とかなんとか言ってる携帯のCM。
ずっと絵見ないで声だけ聞いてたんだけど
昨夜初めて大竹しのぶだということを知った。
ずっと何の疑いもなくさとう玉緒だと思ってました(笑)
声もしゃべり方も似すぎ。
ていうか
顔見てもまだ「あれ、玉緒ってこんな顔だっけ」と思ってた俺。

ちょっと前に、エアコンというか冷房機(冷房機能しかない)のリモコンが壊れまして、本体が壊れたわけじゃないから本体側で操作はできるんだけど本体には温度調節機能がついてなくて、リモコンが壊れたとき最後に設定してた温度から動かせなくなってしまいとても不自由していたんですが
今日単行本の原稿がやっと完了しまして
担当さんに渡しに行く準備をしていたとき
マンションの大家さんが新しいリモコンを持ってきてくれました。
ちょうど今日は30度超えするらしいので
原稿上げたごほうびみたいでちょっとうれしい。

■9月13日
「デスノート」もうだめだつまんない読めない。
復帰していきなり悪口ですか。
まあここ悪口サイトだし。

ようするに
「出来すぎるため対等な友達もできず退屈をもてあましてた子が
殺人に手を染めることによって自分を追う者と初めて対等な関係を持て
充実した人間らしい心を持って人生を送れるようになる」ってやつですか。
つまんねええええええええ。
でもまあこれ読者対象あくまで「少年」だしなあ。
大半の読者はこれを「いよいよ佳境に入って面白くなった」と評するだろうし
やおい大好きっこちゃんたちはそれ以上に大喜びだろう。
いや、↑この人たちをあてこんでの展開かもしれない。

前に掲示板に「ホリック」を読み始めたけど2巻でつまんなくなってやめたと書いたけど、じつは同じ理由。
「主人公(男)には苦手とする同級生(男)がいるのだが
じつは2人はお互いに助け合わなくては生きていけない運命にある」
みたいな設定が出てきたのが2巻。
大半の読者(おもに女子)は「きゃっどきどき」とか思うんだろうけど
わたしは「ああハイまたですか」としか思えない。
ええ思えないわたしが悪いんですよ。

某有名書評サイトにわたしの単行本の悪口が思っきし書かれているので
「つまらないから買うな」という情報がネットで流されることの恐ろしさは一応自分でも把握してるわけですが、
「デスノート」も「ホリック」もわたしがこんなとこで何か言ったぐらいで売り上げに影響するわけないと思うからあえて気にしないことにする。
普通こういう内容って文字色反転させて書いたりするんだろうけど
うちはそんな親切なことしてあげません。
読みたくなければ読まない勇気をおまへが持て。

HOME  倉庫  MINI