HOME  倉庫  MINI

DOKUPARAMINI
■2004年12月

■12月29日
配りものまで作ってる時間はとれなそうなので
明日は新刊2冊出るから今回はカンベンしてください。
久しぶりに知り合いの作家さんたちのところへ
差し入れに和菓子でも買って行こうかと思っていたのに
雪ふってんじゃんよーーーコラア!!外出らんねーよ!さみーよボケェ!!
暑さより寒さでキレるわたし。
明日は晴れるみたいなので、イベントが今日じゃなくてよかったー、
と思ったらよく考えたら今日の人もいるんですね。
そうまでしてエロ本が買いたいか、と周りに言われつつ
ガタガタガタガタ震えながら並んでる方が
推定ごまんにんぐらい。

そんな怖いところへいかなくてよかった。
▲ページ先頭へ

■12月24日
今、近所のスーパーに買い物に行った帰り
地元の部活帰りの中学生とおぼしき野球のユニフォーム姿の
汗臭そうな少年の一団とすれちがったのだが
すれちがいざま彼らの会話から唯一耳に残ったフレーズ


「なーなーこいつ、
勝負パンツはいてるんだって。」



・・・・・・・・・


あの・・・・・・・・・


ゆ、夢があるんだねくりすますって(汗

夢がないのは俺だけですか。
聖なる夜に、雪のように真っ白い紙の上に
チンコとケツ穴を大量に生み出してるのは
世界中で俺だけですか。
▲ページ先頭へ

■12月18日
さっき猫が、
咳をしたひょうしに飛び出した青バナが切れずに
気持ち悪そうにしていたので
ティッシュで取ってやろうとしたら、
ブシュ!!とすごいくしゃみをして

人間が1回ハナかんだときぐらいの分量の
すごいでかい青バナのかたまりが鼻から飛び出してきた。
直径1.5センチぐらい。汚なっ。
ていうか
あんなちっちゃい鼻の穴によくこんなに入ってたな・・・

ここ数か月の同人誌の通販申し込みのカワセと
ここ1年の宝くじの当たったのを換金した分と、
いらない本を売ってきた分で
パーマ代の半分ぐらいにはなるので
パーマをかけ直すことにした。
ていうか
じつはその美容院からも割引ハガキをもらっているのだった。
どこまでも定価を支払う気がない女 それは俺。
▲ページ先頭へ

■12月17日
昨日冬コミ新刊の情報を上げたものの
どんな本だかまったく書いてなくては宣伝にならんよなあ、
と気づいてちょっと本のあらすじ書き足しました

とりあえず来年前半ぐらいまでは食いっぱぐれはなさそう。
というか
ちょっと前に依頼予告された仕事、春頃からかと思ってたら
1月からでした・・・ぎゃー。
しかも、元ネタもらえると思ってたら自分で考えるんだそうな(汗
まあ詳しいことはまた発売日でも近づいたら告知します。
だいぶ気の早い話だけど、「サプリメントキス」の後編発行は
それの進行しだいってかんじです

最近爆笑した話。
老夫婦9億数千万円日赤に寄付。
一応、どんな人がなんでそんなことしたのか興味あったので
ある番組でのインタビューをきいていたら

「相続争いの裁判が20年も続いたので
やんなっちゃった」だと

すごい(笑)
キャスターが「すっきりしたでしょうね」とかコメントしてたけど
違うだろ。
やけくそっていわないかそれ(笑)

なにがすごいって、20年間その9億数千万て
「あっちこっちひきずりまわされて移動するだけの
ただの数字」でしかなかったわけだ。
「財産」でもなければ「商品券」ですらなかったと。
結局だれも使えなかったんだから。「死に金」もはなはだしいぜ。
しかも20年間、身内からあの手この手で狙われ続けて
ぐっすり眠れた夜もそんなにないんじゃないのか。
いやー。金持ってるってなんなんだろう。金ってなんだろう。
↑あらためてこう考えた人日本中にいっぱいいるんだろうな。
▲ページ先頭へ

■12月12日
とり急ぎ、同人誌関係のお知らせ。
フォレストグリーン本は冬コミで出ます。
あと
「雲の上で朝食を」今日届きました。
30数冊だけ家に送ってもらってあとは直接冬コミ会場送りにしました。
てことで通販できます。送料は180円のままですみそうです。
特に質問とかお手紙の返事が必要そうな場合は後回しになってしまいますが、
ちゃっちゃと本だけ送ればいいという方は
年内にお届けできると思います。
▲ページ先頭へ

■12月9日
北の工作機関のみなさん
お願いだから日本から拉致した人を帰してあげてください
もし亡くなられている方がいるなら
その前後の事情を遺族の方に正直に教えてあげてください
ほんとおねがいします
心の底からおねがいします。


あの話題がトップになってるかぎり
夕方のニュースが
クソつまんなくてしょうがないんです(泣

とっとと話おわりにしてもらって
もっと、悪徳商法の手口にせまるとか
迷宮入り事件の犯人像にせまるとか
凶悪犯の素顔にせまるとか
そういうあかるくたのしい話題がみたいです

えっ
▲ページ先頭へ

■12月7日
昨日鹿賀丈史が出てるドラマを見ていて突然気がついたんだけど、
鹿賀丈史がしかめっ面をした顔って
ジャックニコルソンに似てませんか。

まあ似てても似てなくても誰も興味ないと思うけど
たまたま数日前に、録画しておいたジャックニコルソン版の
「郵便配達は二度ベルを鳴らす」を観まして
ジャックニコルソンのあまりの悪党面っぷりに
話の筋が正しく頭に入らなかったという(笑)
(ラスト近く、女と結婚する決心をするところ
ラストまで観れば本当に改心してたんだとわかるけど
わたしはまだ保険金かけて殺そうとしてるんじゃないかとか
ものすごい疑って見てた。だってそういう顔なんだもん。)
で、
鹿賀丈史に関してはわたしは長いこと「二枚目」という認識があったんだけど
(たぶん初めて見たときが二枚目役だったからじゃないかと)
だんだん犯人役とかもやるようになってきたら
どうにもこのごろやたらと悪党面に見えてきてしまい、
善玉をやっていてもなにかたくらんでるんじゃないかとか
さいごのさいごで寝返るんじゃないかとか
すっかり素直に観れなくなっていることに気づいた。

そんなことを考えながら昨日のドラマを見ていたら
ふと顔が似ていることに気づいたという。
いやあものすごい共通点だ(笑)
まあ気づいたからって何の得にもなりはしませんが。
▲ページ先頭へ

■12月5日
「鳴かぬなら 鳴かせてみよう ホトトギス」

これは家康のことをいっているのだと憶えていたのは
わたしだけなんでしょうか?

いや、昨日の昼間「ミリオネア」の再放送でこの問題が出ていて
答えが「秀吉」だったから。しかも、わたしはこの番組本放送でも見ていて
たしかそのときも同じ疑問をもってここに書こうとしたおぼえが。
(たぶん時間がなかったんだと思うけど。)
わたしは、これは信長・秀吉・家康の3人が実際にこんな歌を詠んだわけではなくて、のちの世で歴史を勉強する際3人の特徴をうまいこと表わすために誰かが勝手に詠んだのだと思っていた。
で、
「殺してしまえ」の信長はまあいうまでもないとしても
「鳴くまで待とう」というのが、秀吉が信長に仕えつつ出世のチャンスを辛抱強く待っていたことを表わしているのであって
「鳴かせてみよう」は「積極的に策を講じた奴が最後に一人勝ち」、
つまり家康が徳川幕府を築いて長年栄えたということで、
結局この3首の歌自体が3段オチみたいになっている
というふうに教わったおぼえがあるんだけど

「鳴かせてみよう」が秀吉だとしたら、わたしは20年来
覚え方ごと間違っていたことになる・・・

どうなんですかみなさん??
いや、まあわたしの今後の人生でこれを人に語って聞かせるチャンスなぞ皆無だろうからべつに間違って憶えててもたいした支障はないと思うけど
2度も気になったのでちょっと検証してみたくなった。
というか、わたしがこんなに理論立てて間違っていたのだとしたら
おそらくわたしにこれを教えた人物も間違って覚えていたんじゃないかと。
それが誰だかはもう憶えてないんですが
もしかしたら何百人の生徒に間違って教えたまま
すでに墓の下かもしれないわけで

生徒に間違った歴史を教えたまま無責任に死んでいった教師をたとえて
一句詠んでみました

「鳴かぬなら 墓の下まで ホトトギス」
▲ページ先頭へ

■12月3日
昨日用事で池袋に行った帰り
電車の窓から、修理中だか休憩中だかの
山手線と京浜東北線の車両がたくさん停めてあるのが見えたのだが
なにやら車両の窓と窓の間の壁にびっしりと
選挙ポスターのようなものが貼ってある。
え、あんなとこに貼っていいことになったのか。
それにしても今東京で選挙なんかやってたかなあ、と
いっしょうけんめい目を凝らして候補者の名前を読んでみた




「歯竹 強」




・・・・・・・・・

なに普通にだまされてんだ俺
▲ページ先頭へ

HOME  倉庫  MINI