HOME  倉庫  MINI

DOKUPARAMINI
■2005年8月

■8月29日
出遅れたけどピアノマン騒動。
真相がわかったときは普通に「なんじゃそりゃ!あほかっっ」と思ったが
しかし よくよく考えてみたら

あの人、特技がたまたま「ピアノ」でよかったよね。
もし収容された病院で医師が紙とエンピツを渡したとき
最初に描いた物が
美少女エロ画だったりしたら
この騒動のタイトルが
エロ画マンとかオタクマンとか
ロリコンマンとかになっていたかと思うと
いちまつのかなしみをおぼえずにはいられません。
(あ、でもあの人同性愛者だったらしいね関係ないけど。)

前回扉ネタのイモの話
倉庫に収納したら写真が表示できてませんでしたーマヌケー。
サプキスようやくマンガ自体はほぼ描き終わりまして
これからガンガン写植貼り。
70ページ分のマンガの写植貼りって何時間かかるのかしら〜うふふ〜
とりあえずスプレーのり2缶買ってあるけど足りなかったら笑うな。
ていうか今時そんなアナログ作業してんなって話だよな。
副業が今のペースで1年続けられれば40万近く貯まるはずだから
そしたらデジタル作画用具一式そろえちゃおうかなー
でもテレビと冷蔵庫も買い換えたいんだよなー
誰か冷蔵庫くれないかなー
冷蔵庫くれたらエロいマンガもっといっぱいかいてあげるよって言えば買ってくれるぐらい金持ちでわたしのマンガのすげえ大ファンって人どっかにいないかなー
▲ページ先頭へ

■8月27日
副業のほう、仕事内容はぜんぜん苦じゃないのだが
派遣の手配をしている本社のスタッフが
かなりのお馬鹿さんぞろいで頭を痛めておるしだいであります
・・・・・・・・・
悪気ないのはわかるんだけどさ。

基本的には、うちに「何日にどこそこに行ってほしい」と電話がかかってきて
OKすると詳細と現場への地図がFAXされてきて
当日わたしが一人で勝手に行って数時間作業して帰って
月末に本社へ行って日報とかをまとめて提出してくる、
というシステムなのだが

ときどき派遣の手配をしている本社スタッフがなんでかいっしょに現場に出向いてお客様のごきげんをとる、ということをやってるんですよね(笑)どうも金払いの良さそうな上客と見込んだ人にかぎってそこまでするらしいんですが。
まあそこまでする場合は売り込みとおべっか使い(・・・)のために本社スタッフはすでに1回以上現場に足を運んでお客様に会っているわけで、当日ついてくるならせいぜい「こいつがやりますから」とわたしを紹介してとっとと帰るというので充分なわけですが

昨日ついてきた奴(俺とは初対面。若い女)は
なんだか俺が作業してる間30分ぐらい
ずーっとお客様と雑談してけつかった。
俺が片付けた応接に座って自分だけ茶のみながら、それはもう聞いててはずかしくていたたまれず飛び出していってグーで殴って黙らせたいぐらい、ひたすらひたすらお客様をヨイショし続けていた。
まあそれはいいのだが

俺が作業終わって戻ってきたら、
そのお客様というのが足を骨折されていて、もう治りかけのようではあったもののまだ足先は固定されたままで歩くのには不自由をしいられていたのだが
こともあろうにそのお客様の足を指さして俺に

「ねーっかわいそうでしょー??骨折しちゃってるんですよぉー」

・・・・・・・・・
俺なんて答えたらいいんですか(汗

この馬鹿スタッフは、昨日は俺の作業が終わる30分前に来たので
お客様が骨折されて足が不自由なことぐらい俺とっくに知ってたんですが

今初めて知ったみたいに「ええっっ骨折ですか!!大丈夫ですか!」とか言ったほうがよかったんでしょうか
それとも元気に「はい!かわいそうです!!」が正解ですか?
なんか、どっちにしてもお客様を小ばかにしていて失礼の上塗りのような気がするんですが気のせいですか?
かといって「知ってます」と冷たく答えるのもお客様の心証悪いじゃん。
何でも言やあヨイショになると思ってんだろこの馬鹿め。
なんでこの馬鹿のために俺がこんなに悩まなくてはならんのだ(涙

結局「ご不自由ですね、お大事に」と言っておいた俺ってオトナ。
でもこういう周りのオトナな態度が余計に馬鹿を増長させていくわけだが。
▲ページ先頭へ

■8月25日
仕事のネーム、2本同時進行のうちの1本ができたので
(まだOKでてませんが)
ここで思い切ってサプキスの原稿をやっちゃおうとおもってます。

ていうか
さっきまでやってたネームが、我ながらスゴイです(笑)
何がどうすごいかっていうと、読者投稿ものなんですが
もらった投稿文が正直マンガにしようがない内容だった。
ヤマどころかスジもない。ただ「こういうことがありました」と淡々と書いてあるだけで、どうしてそうなったかとかどう思ったかとかがほとんどなくて、そのくせ“起こっていること”そのものはけっこうスゲエんで(汗
本人の心理とか状況を推測して話にしていかなくてわならない。
んでもね
ネームに起こしていくうちに、なんだかその人の考えてることがわかってきたんですよ!!文面にもないし、おそらく本人も自覚してないであろう深層心理が「あれ、そうだ!これってこういうことだ!!この人きっとこうしたかったんだ!」とありありと見えてまいりました
わーすげえ。カウンセラーか俺(笑)
以前、「こんなオバケをみました」というほんとに“見た物”だけを箇条書きにしてある霊体験投稿をストーリーマンガに起こしたことがありましたが
それと似たようなかんじです。
あのときも「俺天才」とおもいました(バカの言うことだ気にするな)
あーもう俺ネームだけ起こして暮らしたいな。
ネームだけつくって今と同じ原稿料もらえねえかなー
(↑絶対無理だから言っている。実際にはお絵かきもできなきゃツライでちゅ)

プロットだけ作ってあるもう1本は
雑誌のジャンルは主婦マンガなんですが内容は少女マンガです。
バックナンバー買って読んでみたら
なんかべつに少女マンガでもよさそうだったんで。
主婦じゃなくてもいいというのが正直うれしい(笑)
ので自分でも描くのかなり楽しみです。
発売が近くなったらまたお知らせします
▲ページ先頭へ

■8月25日
BL関係の更新をした後、BL系の検索サイトの登録内容を更新してくると
一時的にそこからのアクセスがドーンと上がるんですよ。
それはいいんだけど

以前は上がっても200ぐらいだったのに
最近は500以上とかいくので
正直ちょとコワい(汗
でも解析みると、同人ページまでたどりついてるのはそのうち3分の1ぐらいなので、ほんとにただ「ここ何だろ」って開けてみてるだけの人がほとんどってことですが。

検索サイトに登録されてる他のサイトの一覧をみてみると
やっぱりうちはアオリ文がダントツに下手だなあと思います(笑)
まあ、うちはサイトそのものがBLサイトじゃないので
どれぐらいアオっていいかわかんないんだよね。

アオリ文がうまいサイトをいくつか開けてみたら
正直実際のサイトの内容は、うちのほうがまだ具が多いんじゃないかぐらいのところも多かった。
やっぱりアオリ文は大切ってことだな。
「こういう人とこういう人がいちゃいちゃしてますよ」とかって
同人誌の話の内容を書いたりすればいいのかもしれない。
次の更新からはそうしよう。

気がついたら、配り終わった配りものとかのカラー絵がたまってきてるので
そのうち久々にあっぷしようと思います。
ていうか本当はプリンタ刷りでカラーイラスト集出したい(笑)
作るのすごく大変だから、極小部数限定にして値段もべらぼうに(待て
まあ、もうちと速いプリンタがないと無理だけど。
▲ページ先頭へ

■8月21日
イベントレポートは「webみはしのくわだて」に移しました。
▲ページ先頭へ

■8月16日
下のハコに書いてる内容(コピー本のネタと使う紙をきめた云々)、
10日以上も放置しといて言うことじゃないけど
わたし的には、はるか何か月も前のことのような気がするのに
まだ10何日しかたってないのかーというかんじ。
なんだか今月はおそろしいスピードで時がすぎてゆきまする。
これでも連日4時とか5時とかに起きて夜中まで作業してるので
普通の生活の人よりは「使っている時間」は多いはずなんだけどなあ。

夏コミレポートは「webみはしのくわだて」に移しました。
▲ページ先頭へ

■8月3日
突発本、とりあえずネタは思いついて
昨日画材買いに行ったときだいたいこの紙使おうとかきめてきました
あとは描く根性のみ・・・・・・
一応副業始めてから、原稿を描く作業ペースは
前よりかなり上がってるみたいなんですが。
人間て意外と30過ぎてもまだ進歩できるらしい。
進歩してる陰でじつは寿命が縮んでるってはなしもあるけど(・・・・・・)

昨日は本社に行って、いろいろ書類提出とともに
研修からの初給料をもらってきたんだけど
それは給料専用の口座に入れて、生活費とかにはなるべく使わない予定
・・・だったんですが
そのあと画材を買いに行ったら思いのほかものすごい量になってしまって
一応お金多めに持っていってたんだけど
これはひょっとしたら今もらってきた給料から借りなきゃかなあ、
と思いつつレジに行ったら
セール価格でびっくりするぐらい安かった(笑)
カゴに入れながら目算で出してた金額の半分ぐらいですんじゃった。
コミケ準備応援セールかと思いきや夏休みの子供たちのためらしく、
マンガ画材コーナーにけっこう小学生が来てて
あーでもねーこーでもねー迷ってるので
思わず「それはこういうふうに使うんだよ」と口出しする俺
今のがきってどんなマンガ描くんだろう?
わたしが子供の頃は自分もクラスの男子とかも
内容はすげえくっだらないのにノートに描いてみんなにまわしたり
模造紙にでっかく描いて教室に貼ったり平気でしてたけど
今の子もああいうことしてんのかな?
こんどもっと仲良くなってみせてもらおう。
▲ページ先頭へ

■8月1日
てことで申し訳ありませんがサプキス後編は
大阪での発行とさせていただきます。
って言い方も大阪を楽しみにされてる方には失礼か・・・

現時点で睡眠3時間ぐらいにして描きまくって
印刷所にも特急料金のしめきりまで引っぱってもらう交渉はしてたんですが
どうがんばってもマンガだけで70ページ
1日で一人でトーンを貼らなければならない(・・・ありえません。)
しかも
明日副業のほうの本社と(ちなみに副業は派遣)
足りないトーンのリストを作って買いに行くために
半日以上とられてしまう、という状況になりまして。
わたしが無理するだけならまだいいけど、こんな小部数の本のためにこれ以上印刷所と運送屋に無理してもらうのもあまりにも心苦しいので・・・
ちなみに
例によってトーンをぜんぜん貼らないで出す、という選択は
もうわたしのマンガ製作においてはにどととらないことにしました。
やはり完成品を自分が見たくない物なんて作る意味がないので。

ザツでもなにがなんでも当日間に合わせて新しい物を出すべきか、
発売を延期してでも納得のいく物を出すべきか、
というのはこういう状況になったとき毎回迷うことではあります。
で、わたしは毎回延期するほうを選んでしまう(笑)
この間のイベントで、近所のサークルさんが
どうみてもなぐり描きのコピーの束を「新刊」と称して200円で売っているのを見まして。
その時点でサプキスはネーム完成、何ページか下絵も入っているという状態ではあったので
「あの下絵が入ってるページだけをコピーして束ねて“今日の新刊です”って置いとけば、“新刊なし”よりはじつはわざわざ来てくれたお客様に対しては親切なんだろうか?」
と一瞬考えました。
実際それをやったら、お金を出す人は絶対いるとは思うのね。
だけど
結局はその下絵を完成させたものをいずれはあらためてお金とって売るわけじゃないですか。
ちゃんと中身を読みたくて買う読者さんは、やっぱりそれやられたら怒ると思うんだ。まあエロ同人誌って中古屋に流すためにテキトーに中も見ないで買いあさる人も多いんだけど。やっぱりそれでも大半は“読む”ために買ってくれてるとわたしは思うし。思いたい。
そりゃ いつも「新刊なくてすいません」ではお客さん離れていっちゃうと思うけど、長い目で見れば
「このサークルしょっちゅうなぐり描きの束で金取ってる」
と思われたら、結局いつかはお客さん離れていくんじゃないだろうかと。
うーん
まあわたしの場合自分が、どんなに好きな作家でもなぐり描きの束には絶対金出さない人間だからなあ(笑)それどころかそういうものを売ってるのを目撃した時点で「もうこの人の本読まない」って思うだろうな。
冬から手伝ってくれてる売り子さんがやっぱり同じ考えの人なので
それで背中押されてる部分もあります(笑)
まあ商売人としては失格かもしれない。
そこで「だって同人だしただの趣味だからいいのよ」という言い訳を使うのも嫌なんですが、
イベント当日お客様に「新刊なくてすいません」と言わなくてはならないとき
「あーもっと前からがんばっとけば間に合ったのに。」
という後悔はたまーにしてますが、
「あー未完成でもなにがなんでも出しとけば今の客から金とれたのに!!」
とは一度も思ったことがないので
たぶんわたしとしてはこれで正しい選択なんだろうなあとおもいます。

ていうか
しめきり延ばしたからって今日から寝れるわけじゃねえんだなこれが(涙
大阪合わせのしめきりだってそんなに日があるわけじゃないし、
夏コミの新刊が「摩天の夢」だけでは申し訳ないので
これから考えて、ぎりぎりまでなんかやります。
夏コミ&大阪ぜひあそびにきてやってくざさい。

それにしても
まさか1月から描き始めたマンガが
夏コミに間に合わないとは・・・
・・・・・・・・・
▲ページ先頭へ

HOME  倉庫  MINI