HOME  倉庫  MINI

DOKUPARAMINI
■2005年10月

■10月28日
今月やたらここ書いてるぐらいだから先月までにくらべたら夢のようにヒマなのだが
こういうときにかぎってこれがまた、やらなきゃいかんことはぜんぜんほったらかしであとでケツに火がついたりするんだな。

とりあえず今月書いてることの関連ネタ。

副業はどうやらあれぐらいではクビになる心配など無用なようだ(笑)
なんか来月から料金システムが変わるとかで、
月曜日その説明会とやらによばれて行ってきたのだが
普段はおたがい顔を合わせることもない現場スタッフが数十人一堂に会して
説明をする社長に対して質問と称しグチタレ攻めにするという
たいそう愉快なイベントでございました。いやあ面白かった。
あれだ・・・なんか、聞いてると勝手な人多いわー(笑)まあ年配の女の人が多いからってのもあるだろうけど。
社長によると、本社にばれないと思ってさぼってる人もすげえいるらしい。
俺なんかじぇんじぇん真面目なほうだ。まあ好きでやってる仕事だからな。

あと
例の乗り間違えたオッサンが乗ってきた電車の路線が
来週から女性専用車両を導入するそうだ(笑)
よっぽど間違えて乗っちゃう人多かったんだろうなー(笑)
考えてみりゃそりゃ、同じホームの両側に乗り入れてるのに片方だけしか女性車両がないって変な話だもんなあ。

税金、計算どおりに返ってくるとすればわたしが当初思ってた金額よりだいぶ多く入るので、もしそうなったら思い切って、VHSをDVDに移せるDVDプレイヤーを買おうかと。
なんでかっていうと最近、ビデオを巻き戻してるとキシキシ音がするんです(泣
うちのビデオデッキ、まだ10年は経たないけどすごい安物だからな。
まあなにかしら大きい買い物はしようと思っていて
冷蔵庫にしようかパソコン関係にしようか迷っていたのですが
そんな理由で決定しそうだ。
貧乏のくせにぜいたくだとは思いますが
もう今ビデオテープっていう商品自体が店頭から消えつつあるので
ビデオしか見れないデッキを新調してもこの先しょうがないかなと。
そういえば、わたしが最初に漫画家デビューしたときの副賞が
ビデオデッキだったんだよね(笑)今使ってるやつじゃないけど。
当時はけっこうぜいたく品で10万以上したはずなんですが
わたしは自分専用のテレビを持っていなくて、もらったビデオデッキも
テレビを買えるまで数年間箱から出せませんでした・・・
あの頃は、まさか10年以上漫画家を続けていてもまだ貧乏だとは
夢にも思っていませんでしたよ フフ・・・

やっと夏の植物たちを処分して、秋冬の苗や種や球根をあつめはじめました。
数年間探し続けたシュウメイギクをやっと手に入れましたよ〜ふふ。
いや、シュウメイギク自体はけっこう流行ってるから売ってるんだけど
色・サイズ・値段ともに好みのがずっと見つからなかったのよ。
前にも書いたかもしれないけどじつは園芸関係のページを作りたくて、2年ぐらい前から一応写真は撮りためているんだけど。
まあ作ったところで写真はヘタクソだし別段めずらしい植物もないので誰も見たくないページになることはまず間違いないですが(笑)気がついたら、このせまいベランダと部屋の中あわせて枯れちゃったのも含めると50種類近い植物を扱っていました。無茶するわ俺・・・。
最近東側に3階建ての家ができて日照時間が減ってしまったので、もしかしたら
植物のために引っ越すという暴挙に出なきゃならんかも。

というかんじで
のんびり日常をたれ流してられるのもそろそろおしまいのようですよ。
年末へ向けて原稿ラッシュに突入いたします〜
▲ページ先頭へ

■10月23日
セブンアンドワイでわたしのコミックス扱ってた・・・今日まで知らなかった。
最近よくブログで、本の話題のときはアマゾンへのリンクがついてるので
そうか、わたしのコミックス紹介のコーナーもアマゾンに直リンクしようかな、
と思ったらアマゾンではわたしの本扱ってなかった(笑)
まあ三和出版のサイトからも通販できるんだけどね。

「ツキノハナ」のレビューが面白かった。
そうか、こういうふうに見られてるんだ・・・
自分では正直そんなヘヴィーな内容だとは思ってなかったのですよ。
BLマンガってヤクザとかセレブ社会とか政界とかを扱ったものも多くて、そういう話はどうしたって命のやりとりみたいな展開が入るから、むしろそういうのを描く人たちのことを「よくこんなヘヴィーなはなし描けるよなあ」と思ってました(笑)わたしはせいぜい自分の手の届くちっちゃい世界のことしか描けんから。
でもあれか、
「読者はマンガに夢を求めてる」という考え方をするなら、あんまり自分の生活に身近なテーマの話を見せつけられたら「うわきっつー!」ってなるのかなあ。
わたしはむしろ、身近に起こっている問題を採り上げてひとつの解決策(?)をみせてあげることも、「読者の求めてる夢を提供する」役目を果たすひとつの方法だと思うんだけどな。自己満か?
ま、昨日の「ほん泣け」の話もそうだけど、
わたしが仕事をもらえているうちは、「そういう奴もこの世の中には必要なんだ」と思っていいってことだと信じます(笑)
▲ページ先頭へ

■10月22日
「ほん泣け」が発売になったのでその話をしようと思っていたのに
発売日以来なんだか邪魔が入ってしょうがない(怒
いや半分以上は自分が悪いんだがよ

みはしのくわだてのほうに上げておきましたが
また「ほん怖」のコンビニ売り廉価単行本に再録されたようです。
なんで「ようです」かっていうと知らされてなくて今日いきなり本が届いたから。今日届いたってことは昨日か今日か明日の発売なのでしょう。
前はこういうのいちいち担当者呼び出して「ちゃんと知らせろ」って怒ってたけど、あんまりどこの会社も平気でそういうことするからもう言う気もなくなった
まあ興味ある方は探してみてください。
絵が「LCミステリー」の頃の絵なのでそうとう古いみたい。
あと「純愛の快楽」にも主婦マンガが再録されてます。こちらはちゃんとお知らせいただきました

さて「ほん泣け」
どうなんでしょう(笑)「泣ける」とか「感動」っていうところからはマンガ界一遠いところにいる人間だろうと自分では思ってたんですがなんでか突然依頼が。
「いろんなの描いてらっしゃるからきっと感動もいけるでしょう」と。
あと「ちょっと雑誌にてこ入れしたいので、変わった話がほしいんです」とも。
・・・てこ入れのつもりが逆効果になってませんか(汗
「感動」だの「心暖まる」だのがだめだから他のもので稼がなきゃならなくて必死で描きちらしているうちにいろんなものが描けるようになったんですよ・・・(涙
どうなんだろうねほんとに。
まあ自分では、描いてて楽しかったです。
わたしは他の人と「泣き」のツボがまったく合わないということを自覚しているので
せいぜい数多いる読者様の中にはわたしとツボが近い人もいるんではないかと。・・・いることを祈ろう(汗
けっこう「ほん泣け」という本はアンケートを反映してくれるようなので
気に入ってくださった方は大沢企画宛てに送っていただけるとうれしいです。
一瞬のてこ入れ要員で終わるには惜しい仕事なので(笑)

同人誌のほうですが
迷ったあげく腹くくって「海と野良猫」を始めることにしました。
これは「単行本1冊分使って完結させる」ということで考えた話だったので
1回25p前後としても連載で6〜7話かけないと終わらないから
同人誌でやるにはタイミングがなー、と思ってたんですが
あんまり寝かせておいても、すでに描いちゃってある第1話の原稿が腐っていくだけなので。
始めちゃえば、スローペースでも面白ければ読者はついてきてくれるだろう!と。
他のキャラの本も作りながらになると思うので
1年に1冊とかになってしまうと思いますが
楽しんでいただけるようがんばりますです。
つかその前に冬コミとれてないとだめだけど(・・・・・・)
一応商業誌掲載と同じつもりでネーム切って、
2話ぐらいずつの本にしていくつもりですが
最後のほうはさすがにそんなにきっちり展開きめてないので
1話で1冊になるかもしれません。

あと業務連絡
今週(〜22日)同人誌のお申し込みをされた皆様
イベントの配りものを作ってから同封したいので
発送はもう少々お待ちください。
▲ページ先頭へ

■10月21日
すごい怖い夢をみた

起きる直前ぐらいなんだけど、ほらよくおしっこたまってるとトイレ行く夢みたりするじゃない(笑)
で、なんか宝塚音楽学校?みたいな(←行ったことないけど)、お嬢様学校と豪華な劇場がドッキングしてるという場所で友達と芝居を観た後トイレを探しているという設定だったのね。
で、もう人もいなくなっててなかなかトイレが見つからなくて
やっと見つけて入ろうとしたら、なんでだか個室が2重になってて
つまり最初に便器のあった個室はけっこう四畳半ぐらいで広くて、
その奥に扉があってまたその向こうに普通サイズの個室トイレがあるんですよ。
でさ
最初の広いほうのトイレの、和式の便器の中に
夏に麦茶を入れたりするガラスの四角いポットが立ててあって
菊の花がいけてあるんですよ。
で、友達が「なにこれ気味悪い」とか言うんだけどわたしは
「あーどうせここで誰か生徒が死んだとかでしょ」と(笑)
こともなげに言って奥のほうのトイレに入ろうとしたんですよ。
で、わたしが入ろうとする寸前にその学校の年配の女の先生が来て 「何してるの」と聞くもんだから、わたしと友人は一応「トイレお借りします」とことわって、わたしが扉を閉めると

その扉の横、つまりトイレ同士を隔てる壁に鏡がついていて、
その鏡の間から今来た先生が突然顔を出し
「あ、一応言っとくけどね、このトイレで亡くなった人がいるのよ」
などとわざわざいうわけです

わたしは「ああやっぱりそうなんですか」とか答えたんですが、
なんかおかしいなと思ったんですよ。

てっきり、その鏡が2枚の引き戸になっていて
先生はそれを開いてその間から顔を出しているのだと思ったんですが

よくみると先生は
鏡の“中から直接”顔を出しているでわありませんか・・・

その瞬間俺気づいてしまいました
「死んだのはこの人だ・・・・・・」

そのとたんその顔はニヤリと笑い
・・・そこで目が覚めました(笑)ギャー!!こえええええ!!!
しかも怖いのはこれだけではありませんよ。

その女の先生の顔、どこかで見たことがあると思ったんですよ。
で、起きてからよく思い出してみたら

・・・・・・昨日のお客様の顔でした
ぎゃっはーーーーーー

殺したかったんか!!(笑)
どんだけ根に持っとんねん俺。
▲ページ先頭へ

■10月20日
やべえ
副業のほうクビかもしんねー(笑)ぎゃっはーーーー。

あのですね
最初この仕事始めたときから、こういうお客様にもしあたったらこわいなー、やだなーと、思っていたまさにそういう方に今日あたってしまいました(汗

どういう方かというと
「わけのわからんことでいきなり怒り出す人」
・・・・・・・・・
今日は2人で行ってくれってことで、本社から同じく派遣された初対面のまったく知らないスタッフさんと現場に向かいまして
2人とも本社からは「現場でお客さまの指示に従うように」としか言われてなかったんですよ。

現場に着いて、お客様から説明を聞いて
わたしが「じゃあまずこの作業からかかりましょうか?」
と、確認のため訊き返したところ
いきなり怒り出しまして

「今までの人はそんないちいちきかないでだまって作業してくれた!」

・・・で、なんか口に出したら止まらなくなったらしく

「だいたい2人でそうやってこそこそ話すのが気に入らない!」
(↑うちらも知らないどうしなので打ち合わせしないと作業にならないからであって、もちろんお客さまの悪口を言い合ってるわけでわない)
「2人で目配せしあうなんてバカにしてるのか!」
「うちの家を、まるで汚いものを見るような目で見た!!」

一応「そんなことありません、申し訳ありません」ぐらいは謝ったんですが
「そんなに気に入らないなら帰ってもらってけっこうだ!!」と。

しまいにちょっと目線を動かしただけでも
「ほらまた!!」
とか言い出したので(・・・・・・)しょうがないから
もう一人の人と目を合わせずに「じゃあわたしはこれで失礼します」と
勝手に帰ってきました(笑)
だってもうこういうこと言い出してる人の怒りを鎮めるのにエネルギー使うってなんだか無駄なような気がしたから。
なんですかねこれ
泣いて謝るとかしたほうがよかったんですかね?
でもそうしたらそうしたらで「泣けば済むと思ってるのか!」とか絶対言うと思うけど。あ、でもそっちへもっていけばちょっとは機嫌がおさまるのか。
たぶんこの人の怒りを支配してるのって不安感とか不信感とかだと思うので
「泣いて弱みを見せる」というのはわりと有効なのかも。
まあでも俺には金積まれても無理な芸当ですが

しかしお客様は「本社から全部作業手順も聞いているはずなので現場に着いたら何も言わなくともとっとと作業にかかれるはずだ」とおっしゃられましたが
俺が言われてたのは「現場でお客様から指示を受けるように」なので
作業手順を確認したこと自体はぜってえ俺の落ち度じゃないですよ。
でもそんなことを言ってさらにこの人に不信感植え付けてもしょうがないので言いませんでしたけど。

で、
もう一人の人はどうするのかなと思って
(2人呼ばれてる時点で一人じゃ無理な作業量だし)
しばらく家の外で待ってたら、
なんだかどうにかとりなして作業を始めたようだった。わあオトナ。
まあ俺よりだいぶ年配の方だったんですが。

一応その段階で本社に連絡入れて、ことの次第をわたし目線で説明しておいたんですが
まあこのあとお客様やもう一人の人が本社にどう言うかわからんので
もしそれでわたしが悪者になったら、もうそれでべつにいいや。
お客様に対しては怒りとか不満とかよりも
「この人カルシウム足りないんかな」ぐらいしか思えなかったし
(だって言ってる内容完全に言いがかりなんだもんさ)
悪いのはあきらかに本社だけどもうあいつらと戦うのもバカバカしいので。
なんか俺本当にダメ人間ですね(笑)
「帰っていい」言われたときほんとに
「あ、帰っていいんだじゃあ帰ろう」しか思わなかった(笑)
「どうしよう、どうやって謝ったら許してもらえるだろう」とか1秒たりとも考えませんでしたわ。わたしが目の前から消えることが、この人の怒りが鎮まるいちばんの近道だろうなと。
世の中には明らかに自分が悪いんじゃないのに頭下げられる人もたくさんいるのにさ。
とりあえず、お客様を怒らせたことじゃなくて
自分がこういう人間であることはちょっとだけ反省。
でも直す気ないけど(・・・・・・・・・)

今日こんなこと書きたかったんじゃないのになー
▲ページ先頭へ

■10月17日
どうにか税金の計算が終わった・・・
結局税務署では保険関係の証書を忘れて全部書けなくて
用紙だけもらって帰ってきていままで書いてた。
しかし税務署に行くたびに思うけど、税務署の人は毎日のようにこんなわたしみたいな馬鹿を相手にしているのにキレなくてえらいなあ。わたしだったら、最初のひとりやふたりはがまんするけど3人目が来たらたぶん脳天にボールペン刺すよ。「誰の税金で食ってやがんだ!!」って怒られても「知るかあああ!うらァああああああ!!!」とか言いながら刺したボールペンぐりぐりするよ。間違いない。


さて、今朝は通勤ラッシュの時間帯の電車で派遣の仕事に行ったんですが
先週同じ電車に乗ったとき、近くにいた人が
「たぶん女性専用車両のほうが空いてる」
と話していたのを思い出して今日は女性専用車両に乗ったんですよ。
たしかにラッシュという言葉を使うにはためらわれるぐらい空いてました
けどそれはいいとして!
ある駅で停まったとき、ホームの反対側に行き先の違う、女性専用車両のない電車が停まってたんですよ。
でさ
その電車から降りてきてそのままわたしが乗ってる電車に乗り換える人っていうのがいるわけですよ。

オッサンが一人、一直線にホームを横切って
わたしの乗っている車両に乗り込んでまいりました

もちろん痴漢の人とか中身が乙女の人とかじゃなくてですね
「女性専用車両」っていう存在自体を忘却してたんだと思うんですよね。
で、まあ立ち位置とタイミング的に、その人が乗り込む手前で教えてあげることってわたしはできたんですよね。

ごめんなさい
どうなるかみてみたくてわざと教えませんでした
ぎゃっはーーーーーー。

なんかドアが閉まってからきがついたみたいでした(笑)
ガラス越しに観察してたけど、オッサンものっすごいかたまってました
すんごい鼻息だか口息だかがピースーピースー車両中にひびきわたってました
ぎゃっはーーーーすげえかわいそう(←鬼)
ああいうときって、隣の車両に移ろうにも、人をかき分けて歩いただけで痴漢扱いされかねないからそうもいかなかったんだろうね。
次の駅であわてて降りて隣の車両に乗り直してました(笑)
しかしあれですね
自分を棚に上げるわけじゃないけどああいうときって意外と誰も注意しないもんですね。

ちなみに女性専用車両に乗ったのは今日が初めてではないんですが、
初めて乗ったときの感想は、わたしは自分が女なので乗っている最中は意外と特になにも違和感とか、特別な感じというのはしないんですよ。
むしろそれを感じるのは降りてからでした
あれだよ
降りたとたん、視界がオッサンだらけになるんですよ(汗
で、
「ああそうか・・・こんなにオッサンがいるのが普通の世界なんだ・・・」
と思い知らされるわけです。
まあしかし当のオッサンたちは、そういった一時の隔離すらしてもらえず毎朝オッサンにまみれオッサンにもまれながら戦場へとむかうわけですな。
がんばれオッサン。
こんど乗り間違えたらちゃんと教えるから(ほんとか?)
▲ページ先頭へ

■10月16日
昨日は派遣の仕事の帰りに小石川植物園というところをのぞいてきました。
↑連日前日の日記を書いているようでマヌケだが仕方がない。
この施設の存在は前日に地図で初めてみつけて、機会があったら行ってみたいなあと思ったんですが当日行ってみたらほんとに現場のすぐ隣だったので、しかも入場料が330円と安かったので作業服のままぶらりと一周してきました。
あそこめちゃくちゃ穴場かもしれないよ。
晴れた土曜の昼下がりだというのにほとんど人がいなくて、ベンチもがら空きでお弁当も昼寝もしほうだいってかんじでした。お弁当持ってきてなくてすごい後悔した。猫もいたよ。さわらせてくれるよ。


先々週原稿が上がって以来何をしているかというと、
要するに先々絶対やらなきゃならなくなることがたくさんあるのに
どれもしめきりが決まってないという状態なんですよ。
こういう状態が、いちばんエンジンがかからなくて嫌かも。
しめきりもなく、することもないんだったらまだ何か新しく考えて動くもんな。
とりあえず税金関係と、依頼仕事以外にも進んでネタ出しをしようと思ってたうちの1本と、来年春に出そうと思っている同人誌のネームを少しやりました。あと今のうちに植木の手入れをまとめてやっとこうと。
まあ税金関係だけでも片付いちゃえば、どうにかマンガってことに集中できるんじゃないかなと思うけど。
こういう状態何が嫌って、「今こんなにのんびりしてると絶対あとから自分の首絞めることになるぞ」という思いがつねにつきまとうってところだよなー(笑)なにがしかのしめきりがきまってればまだ「○日まではゆっくりできる」とか思えるのに。
ということでとりあえず明日は派遣の仕事のあと税務署。

あ、別サイトのほう更新してます。
たぶん明日も更新するよ(笑)
▲ページ先頭へ

■10月15日
昨日は半日がかりで、2年前の1年分の領収書を月別・項目別にわけてエクセルに打ち込んで合計額を出すという作業をしておりました
↑今頃やっと確定申告に手つけてやんの。
9月になんだか呼び出しくらいまして、
今年の分は一応申告したのになんだろうと思ったら、
去年3月に一昨年の分を申告してるひまがなくて、でも7月頃呼び出しが来ると思ってたから(今までそうだったから)待ってたら結局来なくて、でも今年は今年でちゃんと申告用の書類が送られてきたから、じゃあもう去年の分はいいのかなと(笑)年収もたいしたことないしと。
そしたらそれが、要するに去年の7月に来ると思ってたものが今年の9月に来たというわけだ。
いや、おかしいとは思ったのだ。
わたしバカだから見分けがつかなかったんだけど、そういえば今年の書類は銀行の口座番号を書く欄がなかったのよ。←これ書かないと税金が戻ってこないのよ。税金返してもらうために申告してるようなもんなのに。
そしたら
税務署の人の説明によると(あ、税金詳しい人はもうこのへんから読まなくていいですよ。わたしのバカさ加減にいらいらするだけだから。)
口座番号を書く欄がある用紙は所得税用で、
ない用紙が住民税用なんだそうだ。
で、
所得があった人は所得税用だけを送ってもらえて、住民税はその提出された所得税の書類をみて税務署が算出して課税するのだそうだが
わたしは去年申告をしなかったので、今年は所得があったかどうかわからないからと住民税用の書類だけを送ったのだそうだ・・・
なんか・・・なんていうか・・・
ものっすごいお役所仕事だなあと思うのはわたしだけですか(汗
いや、そりゃ去年3月のうちに申告しなかったわたしが悪いよ。
それはわかってますけどさ
去年のうちに呼び出しかけてくれてたらちゃんと去年のうちに申告したのに・・・
なんで去年の分を今頃?ときいたら
「それぐらいかかっちゃうんです」だと・・・
なんでそれまでできてたもんが突然1年2か月も余計にかかるようになるんでしょうね??
しかも
今年(去年)の分も所得税を申告しなおして税金を返してもらいたい、と言ったらもう速攻で3月の住民税の申告のときに提出しちゃった出版社の支払い調書を返してくれました(笑)ほんとに3日もしないで来たよ。なんだよ「早くやれ」っつったらできんじゃん。
まあでもそういうわけで、うまくすればうん十万ぐらいかえってくることになりました。もらえるとなればもう金の計算はだいすきですよええ。めんどくせえエクセルだって勉強しますよ。
というわけで来週ちょっくら税務署まで
「金かえせコラア!!」となぐり込みにいってきます。
▲ページ先頭へ

■10月11日
てことで別サイトオープンしたんだけどさあ。その前に、
きいてくれよ。

今日、今年最初の灯油巡回販売が来たんだけどさアンタ
18リットルタンク一杯税込み
せんさんびゃくはちぢゅうえんですってよ!!!(怒
なんですかこれわ
ストーブ使えずに凍死しろってことですか。
貧乏人は今年の冬で死に絶えろってことですか。
いや石油の値段上がってるってことぐらいきいてましたけどもね
シーズン最初は毎年高めでだんだん下がっていくってことも知ってますけどもね
いきなり去年の倍ってなんだそりゃええ、おい。
これじゃ下がったって1000円きってくれるかどうか。
暖房代に週1000円なんざ払えるかクソボケンダラアアアア!!
ただでさえこちとら、この栄養豊かな飽食の時代に毎年
しもやけこさえとんのじゃああああああ!!!(涙
つか、これって誰に怒ったらいんですかね?アメリカ?
ブッシュこらああああ!!!てめーしもやけうつすぞ!!!!

ブッシュの鼻の頭がしもやけになったところを想像して溜飲を下げたところで
あらためまして。
うわあなんか怖いな(笑)日に5人ぐらい来るサイトでよかったのに
なんだかこの24時間で100人ぐらいみてるよ・・・
まあ、ああいうことを書くっていう時点でもう吊るされたり祭られたりは覚悟の上だしむしろ楽しみにしてるぐらいのいきおいではあるんですけど。
以前から、ああいうページは作ったほうがいいのかなと何度か考えたことはあって、最初は普通にDOKUPARAの中の1コーナーでやればいいかと思ってたんですが、いや絶対直リンクする人いるだろうなと(笑)それで、有料coolのおまけについてくる無料スペースを使うことにしました。
カウンタが最初から8000とかいってたのは、その無料スペースに最初からcoolさんがこさえたひな型のサイトが置いてあって、そこについてたカウンタが勝手に回ってたからです。←なんか想像すると怖い。誰も管理してない何もないサイトを、3年ぐらいの間に8000人ぐらいの人が開けて見てたのか・・・。

で、あっちのサイトを開いたのと連動して同人誌の無料配布ページも再開しまして、ついでに他の気になっていたところも手をつけました。お絵かき掲示板の塗り方講座とか、もうはっきりいってばかみたいなんで下げたくてしょうがなかったです(笑)ああすっきりした。
お絵かき掲示板というツールではもう、落書きみたいな絵しか描かないと思います。なんでかっていうと、もう換金できない絵にかける時間はとれないから。←じつはすでに1年ぐらい前に気づいていたんですが。
時間かけて凝った絵を描いていた頃もいい思い出ではあるけれども。今考えると、なんで毎日のようにあんなことができたんだろう。不思議だ。
で、今までの普通のお絵かき掲示板を猫板にまわしました。
本当は猫板は、今までどおり藍珠さんの板でやりたかったんだよねー。あのシンプルさかげんが気に入っていたの。
でもやっぱ塗り絵機能とアップロードぐらいは使えたほうが便利なので。
塗り絵線画のみ近いうちに再あっぷします。
あと今までの猫板ログも、せっかく描いたり貼ったりしてもらったので猫ページのどっかに収納しようと思います。
▲ページ先頭へ

■10月8日
カラカリのCMやってた。ちょっと安心(なにが)
でも前に見たときとはぜんぜん時間帯もチャンネルも違ったので
やはり保険のCMが入らない枠に移されたのかもしれない。

本社の例のお嬢さんに、わたしが嫌っていることがバレていた(笑)
いや、ていうかね
本当はそんなに馬鹿ではないこともわかっているし
人間的にも憎むべき人物ではないと思うのだ。
ただ電話とか本社で会ったときとかに、開口一番ものすごいべっとりなついてくるのがダメなのだよ・・・
ていうかあなた、じつはけっこう無理してませんか。本当はそんな甘ったれキャラじゃないでしょ。だってあいさつ終わって本題に入るとけっこうサバサバ口調に変わってますよ(笑)
もしかしたら社長から「現場スタッフさんには優しくしてあげるように」とか言われてるんだろうか。そんな子供をあやすように扱われなくてもこちとらもらうもんきちっともらえれば文句も言わずにはたらきますっちゅうに。

別サイト、かなり形になってきました。
というかデザインのひな型さえできちゃえばあとは具を足していくだけだから。
掲示板をどうしようか迷ってたけどつけないことにきめたので、
あとはもうバナー作るぐらいでスタートできる状態にはなりますな。
突発的に作りはじめたわりにけっこう「なあんだこれかよ」という内容なので 期待して待たなくていいですよ。待ってないか誰も。
▲ページ先頭へ

■10月6日
昨日の今日でもうのんびりするどころじゃなくなりそうなけはいだよ(汗
ひきつづき50ページぐらい描かなきゃならん事態かも。
いやいいことなんだけどさ。人間稼げるうちに稼いでおきませんと。

ていうか、今月なんだかんだいってけっこうやらねばならんことが山積みだ。
・税金の計算(経費を算出して2年分の税金を返してもらう)
・イベントの準備(チラシ作りとかけっこうたいへん)
・次の本何作るかきめてネームぐらいはとりかかる
・別サイト作り
・できればモニタ買い替えてえっくすぴー入れたい
・服があまりにもないので買わねば(お出かけ用のおしゃれ服がないとかじゃなくてもう仕事着用の安Tシャツとかすらない)

そういえば、ひさしぶりにお習字やりたいなあとか思ってた気がするなあ・・・
ただの趣味なんだからやりゃあいいのに、と思われそうですが
けっこうハマり症なので(笑)一種類の字を、「よし、よくかけた!もういい。」って思えるまでやらないと、途中でまたあしたにしちゃうと気になって仕事が手につかなかったりするのですよ。要するにぜんぜん“仕事の気分転換”にはならない(笑)使うのうみそたぶん一緒だろうし。
しかも今再開したらまた「木」もろくに書けない状態に戻ってるだろうしなあ。


ところで
ずっと気になってたんですが

先月21日分で、地井武男のカラカリのCMの話をしましたが、
いや絶っっっ対偶然だとは思うんですが、

あのまさに翌日から、ぱったりと
カラカリのCMをみないのです(汗

いやよもや関係者がこのサイトを見たとは思わないけど、
でもひょっとしたら、わたしと同じことを思った人間がけっこういて
その中には危機感をもつ立場の人(保険会社の人とか)もいたりしたんだろうか。などとつい余計なことを邪推してしまいましたわ。
頭にフクロウかぶる地井武男って、鏡モチ相手に「だるまさんがころんだ」をする高橋英樹に対抗できるぐらい貴重なバカだと思ったのになあ。
英樹、今年はヨコに切れ込みの入ったモチがふくらむのを見てキャッキャはしゃいでました(涙
毎年モチのCMの英樹に思わず涙をさそわれるのはわたしだけですか。
▲ページ先頭へ

■10月5日
たいへんながらく留守にしてしまったあげく
今日もつい別サイト作りなんぞにうつつをぬかして
さらに放置を長びかせるところでした

昨日の夕方原稿を無事お渡しいたしましたよ。
すげー。すっげええええ。いったい何日で描いたんだろう(汗
50ページだったんですよ。
ていうか最初は64ページとかいわれてたの。手違いで減っちゃったらしいんだけど。
でさ
たしか前の仕事が13日ぐらいに上がったんだよな。
で、今回のはプロットだけはずっと前にやってあって、で前の原稿が上がってすぐネーム作り始めて、2日でできたんだった(笑)
なにがすごいって、わたし10何年前のデビュー当時は32ページのネーム1本OKもらうのに半年とかかかってたんである・・・。
なんで半年かかってたことが2日でできるようになるんだろう(汗
他の、どんな技術職でも、どんだけ修行を積んでもこんだけ短縮できるようになることなんてない気がする。のうみそに圧縮&解凍機能でもついたんだろうか。
でもさすがに今回は観念して、お手伝いを頼みました。
なんでかっていうと、いつもの主婦マンガ仕様よりもややメジャー誌志向な画面が作りたかったの。話が少女マンガだからっていうのと(載る雑誌自体は主婦マンガだけど)、あとその雑誌は他の主婦雑誌よりもわりとちゃんと画面を埋めている人が多いような気がしたから。人物の服とかも妥協しないできっちり色付けしたかったのですよ。
で、消しゴムと服の色付け(トーン貼りですが)を友達の漫画家さんにやってもらったんですが、人にやらせてあらためてわかったおそろしい事実

わたしの原稿は、消しゴムかけに丸1日以上かかる原稿だった・・・

1日がかりで40ページ以上消してもらって
「まとまるくん」の小サイズが2コと普通サイズが1コ半消えました(汗
なんかしょっちゅう消しゴムのストックがなくなって買い足してるような気はしてたんだけど、こういうスピードで消えていっていたとは。
すごいわー。というか消してくれた彼女の腕の疲労もいかばかりであったことだろう(汗
次に頼むときは食事と交通費だけでなく膏薬も支給しなくてわ。いやマッサージ代のほうがいいか。

じつは副業のほうも休まず行っていたので(笑)
自分がバイトしなきゃならない立場でアシスタントを頼むなんてバカの極みですが、今回に関してはアシスタント代に見合った画面の仕上がりが得られたので後悔はしてないですよ。
ていうか楽しかった。またこの本で仕事したいなー。
他の、主婦体験とか霊体験とかの仕事も面白さはわかってはきたけど、やっぱり完全オリジナルで人物の顔も性格も好きなように設定して動かせるっていうのはいいな♪

とりあえず、これの前にやってた仕事の情報あげときました
そっちもよければ読んでやってくざさい。
これからしばらくは、予定がないわけじゃないのにはっきりと立ってないというまた嫌な状況に突入するので(笑)ひらきなおってのんびりしてやろうかと思ってます。ネタのストックつくったり。別サイトも近いうちに公開できたらいいなと。
あ、あと同人誌ですが
諸事情により、予告してた本を予告どおり出すのは無理になりました。
とりあえず秋のJはサプキス後編が初売り新刊で、冬はこれから考えます。
▲ページ先頭へ

HOME  倉庫  MINI