HOME  倉庫  MINI

DOKUPARAMINI
■2006年3月

■3月29日
近所の公園の桜。
うちのおもちゃみたいなでじかめではこういうの撮れないと思ってたけど
画像ソフトでいじればなんとか見れるもんだ。

向かいの屋根最終回(連載だったのか?)
25日は、屋根板に防水シートを貼って角材で留めたところまでだった。
26日は休みで、27日に新しい鉄板(こんどはなんかちゃんと表面加工してあるやつ)持ってきて打ち付けてた。
どうやらこれで終わりらしい。
ん?なんか見ため前と変わらないんですけど(汗
いやまあ、たぶん防水シート貼ったのと鉄板が表面加工されたのでこれでも少しはましなんだろう。というより、ちゃんとした屋根材使って屋根だけ立派にしても、家本体があと何年もつかわかんないしな・・・。
はい余計なお世話ですすいません

というか、人んちをさらしものにしている隙に
今度自分ちがお風呂を直されることになってしまいました。
というか、いつのまにかこのマンションでこんなひどい風呂使ってるのはうちだけになってたらしい・・・。他の部屋はみんな直したんだと。もっと早くいえよくぬやろ。わたしさんざん不便だ不便だ言ってたのに。直してもらえる気配がないからあきらめていろいろと涙ぐましい工夫をこらして、その工夫にもやっと慣れてきたというのに。
まあいいけどせめて直すなら、湯船は脚が伸ばせるサイズにしていただきとうございます。だって風呂場そのものは一坪ぐらいはあるんだから。
この部屋を最初に見に来たときにつきあってくれた知人の言葉が
いまだに思い出されます

「まあ、五右衛門風呂だと思えば楽しいじゃん。」

毎日釜ゆで気分が味わえますってか。どんだけ悪事はたらいたんですか俺。
思えばこの風呂にもいろいろとネタを提供してもらい
いまだ書きそびれてることもあるので
時間が取れれば思い出として書いておきたいなーとはおもいます。


業務連絡
本日づけのメールのお申し込みまでで
「BIRTHDAY」残り1冊になりました。
▲ページ先頭へ

■3月27日
ちょっと昼前からくしゃみ鼻水がとまらなくなってきたので
昼飯食べた後鼻炎薬を飲んだら
くしゃみ鼻水はとまらずに眠気だけに襲われるというむかつく事態に。
花粉症じゃないですよ。ただの鼻炎ですよ。

ダイエーのポイントカードはぜんぜんお得じゃないということがわかった。
もしかしたら営業妨害になるのかもしれないけど、
別に嘘を書くわけじゃないから情報として流すのはかまわないよね。

ここに住んで6年近くになるが
ダイエーは家からちょっと遠く、普段食料品を買うにはちょっとお高いのだが
ダイエーでしか買えない物もあるので、だいたい週に一回ぐらいは利用している。
で、
レジで精算のたびに毎回「ポイントカードかOMCカードはございませんか」と聞かれるのだが、どちらもレジでそのまんま作ってくれるわけではなくサービスカウンターまで行かなくてはならないので、ついめんどうで今まで作っていなかった。
しかし6年近く利用してきてふと
「こんなに買い物してるのに、ポイントを貯めるということをまったくしないなんて損じゃないか」 と思ったので、今朝買い物に行ったついでに、サービスカウンターも空いていたので作ってみることにしたのだった。

200円買い物をするごとに1ポイント。
500ポイントたまると500円分の商品券と替えてもらえる。
まあ普通だよな、と思ったのだが。

このポイント、期限があるのだ。1年。
1年以内に500ポイントに到達しなかったら、過ぎた分は数ポイントずつ消滅していくのだ。つまり、

1年以内に10万円以上ダイエーで買い物をしなくてはならない。
しかも
ポイントカードでポイントがつくのは、食料品だけらしい。
1年で10万てことは、週に2千円か・・・
よっぽど食べ盛りを抱えた家族か、めんどくさくてもっと安い店を開拓しないで近所のダイエーでばっかり食料品を買う人とかならまあ、ありえない金額じゃないとは思うけど・・・。
わたしみたいに野菜ジュースとネギトロ巻きぐらいしか買わない奴は、1年経ってもせいぜい200ポイントぐらいしか貯まらずに、そこからまた消えるポイントと貯まるポイントとで無駄にうまーくバランスを取りながら永遠に使われることもない200ポイントぐらいをキープしたカードを意味もなく持ち運ぶはめになるのがオチだったわけである。

↑このことに気づいたのは
カード作って買い物して、レシートに書き込まれたポイントを見たら
5だった瞬間ですけどね。
カード作るのに手数料100円取られた。かえせちくしょう。

このカードって作った店でしか使えないのか。
もしすっごくダイエーで食料品を買うって人がいたらあげちゃってもいいんだけどな。
あんなにカード利用推奨みたいに言ってるのに、なんだよこの待遇。
ダイエーってもっと庶民の味方かと思ってたよ。
ちなみにOMCカードのほうは、もしかしたら期限はなしかもしれないけど
年会費1000円っつってたから初めから対象外。
「ごはんがうまいスーパー」とかなんとかいう前にこういうとこなんとかしろよな。

自分が頭悪くて計算遅いの棚に上げてこの言い草か、
というツッコミは眠いから聞こえません。
▲ページ先頭へ

■3月25日
例によって、日記をたくさん書いている月はこのページのソースをメモ帳で書き込めなくなってしまうので、エディタを開くのがめんどくさくてメモ帳で書けなくなったとたん更新が停まったりするわけです。
・・・ええ、そんな理由なんですごめんなさい。
エディタの限界容量はどれくらいなんだろう?まあCGIプログラム書いたりできるぐらいだから、メモ帳にくらべたらそうとうでかいんじゃないかとは思うけど。

向かいの屋根。
住人が気づいてお礼言いに来た翌日の朝、さっそく
大工らしきじいさんが二人ハシゴかついでやってきて登ってた。
しかし・・・
はがれた鉄板と木材をひととおりどけると、屋根の板の上に
事故現場なんかを覆う青いビニールシートを広げて
その上から、さっきはがしたボロボロの鉄板と木材をそのまんまもってきて
トンカントンカン打ち付けて、それだけで帰ってしまった。
え?あれ??
ええと、まさかそれで終わりじゃないですよね?
だって屋根の端からビニールの余りがびらんびらんはみ出てますしね。
お、応急処置ですよね当然??
これから見積もりとかして、後日ちゃんと新しい屋根材もってきて修復するんですよね?ね?ね?
しかし
じいさんたちは戻ってこないまま、一週間が過ぎた。
その間風の強い日には、はみ出したビニールがびらんびらんあおられて
今にもふたたびボロ鉄板がビニールごと持ち上がるんじゃないかと
日々恐怖に怯える向かいのひきこもり(←わたし)。
じいさんカムバーック。

そしてついに今朝。大工のじいさんズふたたび登場。
ようやく待ちに待った(わたしが待ってもしょうがないんだが)本格修復が始まりました。
いやしかし安心したわー、あれが応急処置で(笑)
おまへに言われたくないと言われそうだけど、本っっ当にお金なさそうなんだもん向かいの家・・・。
今朝の修復作業も、まず鉄板を全部はがすとこから始まったんだけど
ほんとに、ホチキス止めした紙でもはがすようにべりべりと簡単に、
2分ぐらいではがしちゃってた。
2分ではがれるような屋根の下に住んでたんだここの人たち。
雨なんかだだもれだったんじゃないだろうか。
怖いぞ雨漏りはー。漏電とかするしな。火事出されたらうちも他人事じゃない。

今日はここまで見て出かけてしまったので
結局屋根がどういう姿になったのかまだ確認していないのです。

まさかとは思うけど
前と同じ薄っぺらな鉄板を貼り付けただけだったりしたら
こっちもまじで引越しを考えたほうがよさそうです
いやそれはないと思うけど。ない、と、思うけど・・・。
▲ページ先頭へ

■3月19日
向かいの屋根その後。

直接言えないなら市役所に相談すれば、と教えていただいたのですが
月曜にならないと市役所やってないし、
昨日の昼の時点で修理が始まる気配も、住人が屋根を見上げる姿すら見ないので
これは十中八九気づいてないな、と思い
コピー用紙に手紙を書いて郵便受けに入れてきました。
もしかしたら角度的に、うちからしか見えないんじゃないかとも思ったし。
怪文書だと思われても困るので、ちゃんとどの家の住人であるとこっちの身分を明かし、もし必要であればうちのマンションの外階段から確認するようにとも書いておいた。
一応、オヤジは明らかに変な人なんだけど、奥さんと息子はまともな人なので
奥さんか息子が帰ってきたとき見つけてくれればいいなあと思って。
ま、もし悪くとられてももともとそんなにつきあいがあるわけじゃないしね。

で、今日。
朝うちのチャイムが鳴るので覗き穴から覗いたら、
オヤジが立っていた・・・。
ぎゃああああああなんで奥さんじゃなくてオヤジなんだよおおお
刺されたらどうしよおおおおおおおとあせったが、今さら居留守を使うわけにもいかんので覚悟を決めて出た。

オヤジ、まともでした(笑)

お礼言われちゃった。
手紙に書かれたとおりうちのマンションの外階段に昇ってみて
初めて気がついたんだそうだ。
「まさかあんなになってるとは・・・」とガクゼンとしてました。気の毒に。
キ○ガイとか書いてごめんな。
でも堀内孝雄のこととか、朝の6時前から念仏が聞こえてきたりとか、
灯油の巡回販売を「うるせえ!」と怒鳴りつけてるの何度も見たりとか
いろいろあったからさ。

その後ベランダで植木の植え替えをしてたら、
下から奥さんにも声かけられてお礼言われた。
「すぐなんとかします」っつってたけどどうすんのかな。
今日も午後から一昨日をも上回る突風が吹き荒れて、
タタミぐらいの大きさにはがれかけた鉄板がびらんびらんあおられてて怖かった。
この時期こういう天気が多くなるから、しろうとの応急処置じゃ絶対またすぐはがれるよなあ。 業者入れてかなり本格的にやらないと。


デジカメが満杯で、これから花がいろいろ咲くのにあまりに不便なので
やっと重い腰を上げてパソコンに取り込んだ。
植物の写真が、猫写真にも負けないぐらい大量にあった・・・
どうしてこういうの、こまめにできなくていつも自分の首を絞めるんだろう。
ろくな写真はないけどまあせっかくだからそのうち上げるかも。
▲ページ先頭へ

■3月18日
猫ハンコ3個め。
妹の誕生日にやろうと思って作った。
線彫りの出来はかなりいいと思うんだけど・・・
肝心の消しゴムがダメで、ハンコとしてはいまいちだった。
インクの付きがものすごく悪い。これでもフォトショで濃度ムリヤリ上げてる。
もともと“消しゴムとしてダメなもの”を使って作っているのに
ハンコとしてすら役に立たなくてどうするんだ。
まあこれはハンコ本体を妹にあげちゃうので、下絵の図案とっといてもう一個同じの作ろうかな。

3個作ったらさすがに要領わかってきたので、
今むしょうに他の人の作った消しゴムスタンプの実物が見てみたくてしょうがない。
1個作るのにどれぐらい時間かかるのかとか、溝部分はどれぐらい深く彫るのかとか、パーツの角はどれくらい取るのかとか、同じ図案で2個作ったりするのかとか、そういう
興味ない人にとってはなんでそんなこと知りたいんだっていうとてつもなくくだらないことを、じっくりと語り合いたい。
消しゴムスタンプオフ・・・ああくだらなくていいなあ。
大の大人が何人もファミレスのテーブル取り囲んで額寄せ合って、
なんかちっちゃいもの見せ合ってああだこうだわけのわかんないこと言って
地味〜に盛り上がるオフ。やりてえ。1回だけでいいけど。
「消しゴムスタンプを作るような人」のコミュニティというものがどこらへんにあるのか見当もつかないので、やろうにもどこで募集告知したらいいかわからない。
というか3個しか作ってない奴が募集していいものかどうか。
とりあえず自分が作品数増やして、どこからともなく同志がわらわら集まってくるのを待つしかないのか。でももうそんなに作り慣れた頃には、他の人のものになんか興味なくなってる気もするしな。3個しか作ってない今やりたいのでござるよ。

というわけで、
消しゴムスタンプを作っていてくだらないことを語り合ってくれる方、
もしくはそういう人を知っているという方はごれんらくくざさいませ。


追記
↑これ書いたすぐ後に「消しゴムスタンプ」でぐぐってみたら、
あっさり見つけてしまいました・・・“消しゴムスタンプを作るような人たちのコミュニティ”。
うわあ。ここかあ!!!だめだこりゃ絶対入れねえ!(笑)
なんか・・・“消しゴムスタンプを作る人たち”っていうのが、こういうジャンルの人たちだとは思ってなかった。いや考えればわかりそうなもんか。わたしが鈍感だった。独学ってこういう落とし穴があるんだよなー。
というわけで、オフとかもういいです(笑)
くだらないとか言ってごめんなさいわたしが悪うございました。
どんな人たちか気になる人はぐぐってみれ。
▲ページ先頭へ

■3月17日
今日、関東ではものすごい突風が吹き荒れていたんだけど
昼頃ふと窓の外を、何かがひゅっと横切って落下していったような気がしたので、近づいてよく見てみると
なんと道路をはさんで向かいの家の屋根の鉄板が、風でめくれて
まるで隕石でも直撃したかのようにめちゃくちゃに壊れていた。
落ちていったものは鉄板のかけらだった。
しかも、たまたま自転車で通りかかった人の目の前に落ちた。
直撃して打ちどころ悪かったら、しぬじゃん・・・
こうなるまで気がつかなかったんだけど、この家の屋根ってかなりやばい。
瓦とか、よく知らないけど現代建築で使われる屋根材とか
そういうものが何も載ってない。鉄板むきだし。しかもボロボロにさびている。
住人気づいてるんだろうか。
数日中に修理が始まらなかったら、わたしが教えてあげるしかないのか。嫌だな。
この家って、かなり前にネタにしたけど
ときどき野外コンサートのような大音量で堀内孝雄を流すキ○ガイおやじが住んでるから
あんまり関わりあいになりたくないんだよなー。


ポストカードショップを始めようかなと思っていて、いろいろ調べていたら
ものすごーくツボにはまった猫イラストをみつけてしまった。
わたしはキャラ化とか擬人化された猫イラストって苦手なほうなんだけど
これはいい。ちゃんと猫々しくて。
ポストカード、通販できるのもあるけど
店舗でしか手に入らないものもあるみたい。くやしい。遠い。
▲ページ先頭へ

■3月16日
親に冷蔵庫が届いたことを報告したら、
ネギと小松菜がたくさんあるからやるというのでもらうことにした。
ウチの実家は農家ではないのだが、実家のある方面は農村地帯で
父方の親戚筋とか両親の地元の友達とかに農家が多いので、
米と野菜は格安で大量に買えたりただでもらえたりするのだ。

で、それが今日届いたのだが

ネギと小松菜というから、よくスーパーの裏とかに積んである
野菜用の薄い段ボールとか、そのぐらいの大きさだと思ってた

・・・なんか小さめのテレビぐらい入りそうな
どでかい箱で届きやがりました。

えっとね
冷蔵庫がでかくなったとはいえ、
前の冷蔵庫から移し替えるのが大変だからってことで
まだあんまり中身入ってなかったのね。

今、すきまがないぐらいぎゅうぎゅうに小松菜まみれです(涙
いやがらせですか?
しかも、ネギは冷蔵保存はしないんだけど
根菜置き場にとても収まりきれる量じゃないので
床にころがしとくしかないんだけど、
台所の床が新聞紙に包んだネギであふれかえっとる・・・

限度というものを知らんのかうちの親は。

というか、わたしにこれだけ送って、たぶん妹にも送ってるだろうから
実家が最初にもらった量たるやどんだけ莫大なものか。
あげるほうもあげるほうだ。

しかも、じつはこの他にブロッコリーもひとふくろ送ってきたんだけど、
それ自体も充分こんなに喰わねえよ!っていう量なんだけど、
このネギと小松菜にくらべたらたいしたことなく思えるからおそろしい。
小松菜とブロッコリーは日持ちしないので、
葉とじくをわけてレンジでチンして冷凍しなくてはならない。
いっそその手間賃を現金でくれといいたい(涙

「当分ネギと小松菜には不自由しない身分」
・・・誰もうらやましがってくれそうにない響きだ。
▲ページ先頭へ

■3月14日
冷蔵庫来たけどあんまり黄色くないや。
アイボリーよりはややクリームかな、という程度。
パンフの見本ではもっとレモンっぽい「きいろ!」っていう色だったのに。
まあでも今までが黒だったので(笑)だいぶ台所の雰囲気変わりました。
しかし・・・よりによって、イベントの荷物と同時に来やがんの。
古い冷蔵庫を運び出したところでクロネコから電話がかかってきて。
クロネコ、いっつもマンションの下まで来てから電話かけてくるから
「えーちょっと、10分待って」とか言えないんだよ。
↑うちとこの住宅街は道が極狭なので、車を停めておけないから。
何のための電話だよ。
でもクロネコのおにいちゃん清水宏二郎似だから文句言えない乙女な俺。
こうやって年増ブスが顔のいい男を増長させてゆくのである。

確定申告のために経費の計算とかしてたら
恐ろしいことに気がついた。
去年の年収が、ありえないぐらい少ないのは
各出版社から支払い調書が来た時点でわかっていた。
問題は・・・画材・資料などの経費と、保険関係の支払額を合わせたら
年収の額を超えてしまったのだ・・・ナニコレ(汗
「経費」っていうのは、普通に生活していくのにかかる食費とか雑貨とか洋服とかは入れないから、
「経費と保険だけで年収を超えるのに、じゃあオマエ何喰って生きてたんだ?」
ってはなしになるわけだ。
いや、一応自分ではからくりはわかってるんだ。
一昨年の年末と今年の初めにでかい振込みがあったので、
ちょうど2005年の1年間が「谷間」になっただけで
収入そのものがそんなに減ったわけではないのだ。
いや・・・それにしてもさ。
不思議なのは、年収が少ないことそのものよりも
なんで俺この収入で不自由なく暮らしてんだ?ってとこですよ(汗
これ、都内とかに住んでたら、家賃すら1年間払えないよ・・・
でもわたしは家賃も光熱費も払って、ごはん炊いておかずも作って
本とか鉢植えとかも買って、アシさんまで雇って暮らしている。
しかも、去年から副業始めたけど、そのお給料には今のところ1円も手をつけていない。
さらに同人の売り上げも別口座にしてあって、こっちも生活費にはまわしてない。
どういう生活術なのか、自分でも謎だ。
節約上手自慢でもなんでもなく、ほんとに夜な夜なもうひとつの人格が目覚めて近所の家で盗み食いでもしてんじゃないかと不安になるほどだ。
まあ習い事とか、映画や舞台観たりとか、ブランド物買ったりとかそういうのはいっさいしてないけどね。
あととりあえずパンツは穴があくまではくけどね。

冷蔵庫がでかくなったので
さらに食費節減に拍車をかけられます。ワーイ。

きのどくだと思った方は乾物とか送ってくざさい
なまものはごかんべんくざさい
▲ページ先頭へ

■3月13日
明日れーぞーこが来る〜♪
きいろい冷蔵庫だよ。でかいよ。これで炊き込みご飯を入れた真空容器とみそしるを作ったナベが両方保存できるよワーイワーイ。
今まではナベとかボウルのサイズの容器をひとつ入れたらいっぱいだったので
炊き込みご飯を作ってしまったら、全部食べ終わるまでスープ類はインスタントしか飲めなかったのだ。特に夏場は。
本当は今日届けてもらう予定だったのだが、
指定の時間に仕事の原稿を渡す約束をしてしまったのと
マンションの入り口から冷蔵庫の場所までの道がぜんぜん片付けてなかったので、明日にしてもらった。
でも明日は明日で、昨日のイベントの荷物が届く時間とかぶってるんだけど。
イベントの荷物のほうが遅いといいな。というかそっちが先だとまた冷蔵庫を運ぶ道がふさがれて困る。

とりあえずにゃんこ写真だけ更新しました。
イベントレポはまた後日。
▲ページ先頭へ

■3月11日
スタンプはでけたのだが配り物の原稿がまだ書けていないのですよ
とりあえずこれが試作品で
こっちがスタンプラリー用に作ったものなんだけど
試作品のほうがかわいいような気がするのでまだきめかねている。
ちなみに試作品はカッターしか持ってなかったのでカッターで彫ったが
昨日副業の帰りの通り道に画材屋があったので、
デザインカッターっていくらぐらいするもんなのかなと見てみたら
420円だった。ので買っちゃった。
もっと1000円以上とかすると思ってた。
いわゆる漫画家さんが使うトーンナイフってやつ。
昔、まんがのかきかたみたいな本に「高いのでわざわざ買うことない」とか書いてあったので、まにうけてずーっとカッターしか使ってなかった。
高くねえじゃん。まあトーンワークにはカッターで不自由してないからべつにいいけど。
しかし消しゴム彫りには、カッターにくらべたらだんぜん夢の使い心地だった。
細かいパーツの角とったりとかもできるので
せっかくだからと試作品のほうも手直ししてみた。
すごいなー、優秀だなーデザインカッター。
って、直す前を知ってるわたししかわからんはなしだけど。
というかえらそうに見せてますけど
もっとずっと上手に作れる人は作れるということはわかってますのでどうか生暖かく放置してやってくださいな。きっと明日はうちのだけが段ペコにヘタクソであろう。
まあそれでもよろしければぺったんしに来てやってくざさい。

あー、ずっと迷ってたけど今webにあげてブラウザで見て決心ついた。
アゴの毛やっぱないほうがいいや。取ろう。

ちなみに消しゴムは、100円ショップでどれが使えるかわからなくて
手あたりしだいに買ってみてだめだったやつを使っている。
まだまだたくさんあるのでまた作ると思います。

明日とあさって、ちょっとやることが鬼のように詰まっているので
日替わりにゃんこ更新できんかもです。
▲ページ先頭へ

■3月9日
もっとゆとりを持ってイベントにのぞめぬものかのう。いつも思うんだけどさ。
「新刊出ます」のままになってたので今頃直しました。まあこっちにはちょっと前に書いたから読んでくれてる方はご存知と思いますが。
まだ仕事の原稿終わってませんがどっちみち明日は副業で半日つぶれるので
今のうちに配りものを作り始めよう・・・
BOOK型になるかペラになるかわからんけどとにかくカラーは描こう。
どんなに仕事が詰まってようとも、イベント会場でブスたれた気分&顔で過ごすのは嫌なのじゃ。
てことで新刊なくて申し訳ありませんが
ぜひ配りものをもらいにお越しくださいませ。
あと何を血迷ったかスタンプラリーに申し込んでしまったので、
無事消しゴムスタンプが彫れれば参加します。
一応試作品は作ってみたので、自分の技量はつかんである(笑)
というか、間借りなりにも過去にあれだけ篆刻作ったんだから
消しゴムじゃなくて石彫りのほうが技術的にはまだましだったんじゃないかと今さらながら気づいたんですが、すでに石買いに行く時間もないので。
とにかくがんばって作ります。
あと年賀状?に作ったハガキが好評だったので
これも少し刷って持って行こうかな。

仕事の話ですが・・・これは仕事と言っていいのか。
まあとにかくネーム通ったので告知しちゃおう。
携帯電話auの公式サイトで3月末頃から
「マンガ!マンガ!マンガ!」というサービスが始まるらしいです。
で、それのBL部門にとご依頼いただいたので描くことになりました。
でもこれ、原稿料っていうのはもらえなくて
要するにDLして読む人が誰もいなかったら一銭も入らないという(笑)
けっこうバクチな企画なので、かなり迷ったんですが

本と違って電話という手軽な媒体のため、エロ表現の規制がかなり厳しく
にもかかわらず「なるべくエロいものを!!」と無茶な要望をされたので(笑)
「よっしゃ!ほんならやったろかい!」と
思わず売られたケンカを買ってしまいましたのです。
思えばこのジャンル描き始めてから、成人指定のかからない表現方法でHシーンを描こうなんて、考えたこともなかったからなあ。最初から「エロいマンガでぜにを稼ごう!」ってとこから入った人間でござんすから。
絵的なモロエロ表現なんかほとんどなくても、ちょっとした顔や手の表情でエロを感じさせるのが上手い人ってのもいっぱいいるけどね。わたしはそういう才能皆無なので。モロ出し以外能のない所詮外道でございます。
まあしかし、それだからこそ、挑戦するチャンスを与えられたら掴まない手はないかなと(笑)

・・・と、人がせっかく思ってたのに
まずい表現がもしあったら、auのほうで削除してくれるんだと。
まあでもおまかせ修正になるよりは、自分で描いたとおりのものが世に出てくれるに越したことはないからな。がんばるよ。
これから原稿描くので、配信は来月あたりからになると思います。
というか
わたしは自分が携帯電話使わないので、携帯電話のDL書籍っていうのがどういうものなのかぜんぜんイメージできんし、配信されてからも自分で見ることってできないんですが(笑)
まあとにかく、auをお使いの方はどうぞよろしくです。
もしその後も引き続き新作を描くことになったりしたら、
いずれ本にもまとめようと思ってます。
▲ページ先頭へ

■3月5日
さっきテレビで、目からウロコなことを聞いてしまった。

進研ゼミの「赤ペン先生」って、
本当にいるのな・・・。

いると思ってなかったの俺だけなのかな(汗
なんか今、通信教材業界での進研ゼミのシェアってものすごいらしいんだが
その人気の理由のひとつが、「ていねいに指導してくれる赤ペン先生」なんだそうだ。
えー。えーーー。なんかすごいショック(笑)
日本の子供たちって、みんなそんな純粋だったか。
子供ったって高校生ぐらいまで入ってるらしいが。
一度入会すると、その子がやめるまで基本的に一人の同じ赤ペン先生が
ずーっと「指導」するんだそうだ。で、子供のほうもその先生の指導を信頼して学んで力をつけていくんだそうだ。
進研ゼミってわたしが小学校の頃突然爆発的に流行りだして
まあわたしもつられて手を出したのだが、
たしかに「赤ペン先生が指導してくれる」とはうたっていたが、それは単に
「赤いペンで添削されてくるシステムのことをそういう設定にしてある」
んだと思ってた。「“虫歯”っていうけど実際は“虫”が歯を喰ってるわけじゃない」みたいなかんじでさ。
誰が赤いペンでマルとかバツとかつけてるのかなんて正直どうでもよかったし。前回マルとかバツとかつけた人と、今回つけた人が同じ人であるということに何の意味があるのかなんて、考えてみたこともなかった。社員とかバイトとかが業務の片手間にやってるんだろうぐらいに思っていた
(小学生の時点でこんなことを思っていたなんて、本当になんて嫌な子供だ)。
えーーー。
こんなかわいくない子供日本全国で俺だけなのか。
みんな、「○○先生、こないだ励ましてくれた通りにがんばったよ!!」
とか思いながらワクワク添削されてくるのを待ってるのか。
でもわたしの周りでも子供の頃進研ゼミをやっていたという話はきいたことがあるけど、わたしの知るかぎりでは
「最初はそのシステムの面白さにはまって手を出すんだけど
すぐ続かなくなって、勉強のほうはほっぽらかしで
“お便りコーナー”みたいなやつばっかり楽しみにしてた」
みたいな体験談がほとんどなんだけど。
わたしも、一応中学ぐらいまでは「勉強だけはできる子供」だったので
考えてみれば「赤ペン先生の指導がありがたく思える状況」になったこと自体なく、
最初の数回であきて「金だけ払い続ける状態」になってしまったので
親からもったいないといわれてすぐやめた。
まあ、シェアがすごいっていうのは当然その「金だけ払い続ける状態」の客も大勢含まれているのだろうとは思うが。
すごい大変らしいよ赤ペン先生。なかなかなれるもんじゃないらしい。
頭のよさはもちろんだけど、人格まで審査されるんだって。子供に対する接し方とかそういう点で。
そこまで狭き門をくぐり抜けたあげく
「マルとかバツとかつける人」としか思われてないってのも悲しいが。

しかし
大人になってからこういう思いがけない事実にけっこう遭遇するにつけ、
わたしは自分の腹黒さとか性格のひねくれ具合いって、中学のときいじめに遭ったせいだとか業界内でひどい目に遭いすぎたせいだとか思っていた部分もあったのだが
どうもこのごろとみに
「いや、生まれつきな部分がいちばんでかい」
としか思えなくなってきた。
いや いくつになっても新しい発見があるのはよいことだ。
▲ページ先頭へ

■3月3日
今じゃんぷで連載してるマンガに、
“細胞を自在に変化させて何者にも成り代われる化け物”
っていうのが出てくるのがあってさ
で そのマンガの先週から今週あたりの展開で、
「その化け物が変化しすぎてわからなくなった自分自身の正体を知りたいために、あらゆる情報機関を自由にあやつるため国のトップ(総理)を殺して成り代わっていた」というくだりがあるんだけど

ナガタくんの周りには、
「パソコンやネットを通したものを証拠とするときは、マシンそのものを押えないとだめなんだよ。印刷した紙っぺら1枚じゃ証拠にならないんだよ」
ぐらいのことを教えてあげる人も、誰一人いなかったんでしょうか。
だめじゃん。
あいてぃーかくめいぜんぜん浸透してないじゃん。
なんか今日新しく民主党の頭になったとかいうじいさんも
「メールって何のことかわからない」とか言ってたし(汗
ブログとかメルマガとか、しもじもに向けて発信していい気になってる場合じゃないぞこいずみ。
改革してやらなきゃならん脳みそはもっと身近にあるぞ。

ふと思い立ったので、空いてるスペースにあちこち広告貼ってみました。
一応ちゃんと調べて、よさそうなのしか貼ってないので
よかったら行ってみてくざさいな。
▲ページ先頭へ

■3月1日
猫写真、気づいてくれた人どれくらいいるんでしょうか(笑)
ちなみにあれは、86枚先に全部あげてあるわけじゃなくて
毎回“今日の分”だけをあげていくので、
今日の時点では2枚しかあがってないのです。
なんでそんなことになったかというと、写真を保存するとき
とりあえずわかりやすいようにファイル名を日本語でつけてしまっていて
86枚いっきに名前の書き換えをするのが大変なので
(半角英数でないとサイトにはあげられない)、
1日1枚ならなんとかなるだろうというズボラな考えによるものです。

昨日、去年のジェイコム株事件とやらで
何億だか儲かってさんざんニュースになってた
「27歳無職の男性」がテレビに顔出してた。
当時からさんざんモザイクや顔無しでは出てたので
声としゃべり方から「あれこいつ、あいつちゃうん」と思ったらそうだった。
もう平気だろうとか思ったのかな。
いろいろしゃべってたけど面白いなーと思ったのが
あの人って本当に、株「やってるだけ」なんだね。
「その先」っていうのが何もないらしい。
よく、RPGみたいな目的とか達成感のある(やったことないから知らんけど)
やつじゃなくてもっと単純な、オセロとかトランプとかのゲームって
ずーっとやってると無意味にすごく強くなったりするじゃない。
まさにそういうかんじだった。
1年ぐらい前に別の番組で、ネトゲ依存症のすごいデブ男が出てたけど
そいつと体型は正反対なのに、しゃべり方はそっくりだった。
なんか“いきつくところ”も同じな気がするな。
何十億だか儲かってるのにいきつくところは
働かず年老いた親の財産食いつぶしてるデブと同じなのかー。
自分でも「ニートと同じですよ」って言ってたしな。
「ニート」なんてかっちょええ言い回しを与えるのもいかんよな。
もっと屈辱的な名前を与えてやらないと。「妖怪ハタラカズ」とか。

まあ、本気で儲ける気マンマンで必死で株やって
あげく27歳無職に遠く及ばなくて悔しい思いしてる人がいたら、
あのデブの映像みせてやればちょっとは悔しさも和らぐんじゃないかと。無理か。
▲ページ先頭へ

HOME  倉庫  MINI