HOME  倉庫

DOKUPARA扉ログ/2007年6月

■6月23日
「恐怖の快楽」の予告を載せるのを忘れていた、
と思って急いで更新ページを開いたら
載せるのを忘れていたのではなく、載せたのを忘れていた・・・
暑さで脳みそ蒸発してんすか俺?

夏コミの本の目星がどうにかついて、
これから2冊分同時進行で仕上げに入ろうかというところですが
ツッコまれる前に白状しておく。

・・・2冊の話が、すんげえ似てる・・・(汗

2冊ともぜんぜん別のキャラの話だし、
話を思いついた時期も原稿を描き始めた時期も差があるので
似ているということに今までまったく気づいていなかった。
でもなんぼなんでも買ってくれた方が続けて読んだらバレるだろう。
うーむ
印刷所のしめきりまではまだかなりあるけど、
7月〜8月頭までやることが一杯だから早めに手をつけていたので
今から別の話を描き直すのは無理だ・・・
もう無能作家とあきれられるのを覚悟で出すしか。あああ。一番あきれてんのはわたしだよ。

せ、せめてこれからの仕上げ作業で
似てると気づかれない画面作りを・・・
・・・・・・・・・

心優しい貴腐人の皆様は、どうか何も言わずだまされてやってくざさい(涙
▲ページ先頭へ

■6月15日
おおお。
シリアルと雑炊と納豆そばの食生活にしてたら、体重が2キロほど戻ったじゃねえか。

どういう状況なのかまとめて説明しておこう。
まず、わたしが普通に努力したり貧乏したりして最大限やせてた体重を
Xキロとする。
ここからさらに1〜2キロ落とした数値が自分では理想なのである。
んでも、実際はX+5キロぐらいを許容範囲としてここ数年生きてきたのである。
それぐらいだったらすぐ戻そうと思えば戻せたし、
じつのところこのXキロの状態ってけっこう体力的にも気持ち的にもすさんでいたりしたので(笑)
キープするのがわりと困難ではあったのだ。
まあそんなかんじでそこそこちょぼちょぼ気をつけつつ数年間やってきたのだが、

今年初め頃から先日までの、油断とゆとりのなさが重なったあげくの
人生最大の体重の数値はズバリ
「X+10」であった(笑)
「1〜2キロ落としたい」っつってる地点から10キロ太ってどうすんだよ・・・

ま、今ではもう自分の人生には恋愛も友情もなしでいいときめたので
美しくあろうとする努力ってものはあんまりする気がないのだが、
やはり体を壊すようなことになっては治療にムダ金がかかるし
不必要に醜い容貌をさらして生きているのも世間に迷惑がかかるので、
まあそこそこなサイズをキープする努力はせねばいかんのである。

他人様のお役に立つかどうかは保証のかぎりではないが、
けっこう今の食生活ってこれでやせるならアリな気がするので
だいたい1日に食べているものをメモしておく。


野菜ミックスジュース+りんご酢(この間までもろみ酢だったがなくなったので)
シリアル+低脂肪乳
オカンが送ってくるネズミ講の健康食品をお湯で溶いたやつ
プレーンヨーグルト+無糖ジャム
雑穀米のごはんを市販の卵スープで雑炊にしたもの
もずくかめかぶ3連パックのやつ1個
トマト1〜2個
納豆そば(そば+納豆+ねぎ+わさび)
ベビーチーズ1個
こんにゃくゼリー2〜3個

あと時間があるときは、ウインナーかベーコンをだしに野菜5〜6種類を煮たスープを作っている。


・・・わりと1日に必要なカロリーと栄養素は摂れていると思うのだが、
普通の家で父ちゃんや兄ちゃんにこんな食生活させたら間違いなくちゃぶ台投げつけられそうだ(笑)
まあ少なくとも今はわたしは毎日これで平気。でも冬とかになったらわからないけど。
もうしばらくは続けてみる。

あ、ついでに
もうずいぶん前に、「いちばんやせてた頃はどうしてたのか」と
どなたかに訊かれた気がするので答えますが、
ダイエットということは特に何もしてません。
ぶっちゃけ、お金を使うのが怖かったのでものっっっすごい細々暮らしてただけです(笑)
その頃3か月ぐらいに渡ってずっと、1円単位まで食費を帳面につけていて
計算したら1日平均400円ぐらいで生きてました。
(その頃は友達づきあいもしていたので時々は外食もしていたけど
してなかったらもっと少なかったはず。)
あと移動なども金を使わず体力でカバーしようとしていたので、運動量も多かったと思う。
・・・で、この生活は精神衛生上とても良くないと気がついたので
そこまできんきんに切り詰めるのはやめました(笑)

だから今でもわたしは人から「やせる方法ない?」と訊かれたら
かならず「貧乏」と答えます。
ぜにがないのがいちばんです。

で、さらに最後に絶望的なことをバラしますと、
さっきから言ってるXキロというのは
ぜんぜん42キロとかそういう数字じゃないです。
はっきり言って、片思いの彼に聞かれようものなら舌をかんで死にたくなるような
“女子の体重”としてはありえないとされている大きさの数字である。

そこから10キロ肥えて2キロ減った奴の言うことなどにはたして耳を貸していいものか、
とりあえずチョコレートケーキかなんか食べながらじっくり小一時間悩んでくざさい。
きなこ砂糖がけドーナツなんかもおすすめ。
だいじょぶよ〜それぐらいじゃべつに太んないわよ〜
だってあなたぜんぜん細いじゃな〜い。
▲ページ先頭へ

■6月14日
新パソの意外な弱点が発覚。
どうも、メールソフトが異様に軟弱らしい(涙
しょっちゅうわけのわからんエラーで通信切断するし、
昨日は削除機能がいかれた。
この間、迷惑メールが1通だけ、受信トレイに残ったまま
どうやっても開封も削除もできなくなり、解決策を調べたが
どうも初期化に近いことをやらなくては消せないようなので、
目障りだが面倒なので置いておくしかないと腹をくくったのだが、

昨日はゴミ箱に移した大量の迷惑メールが
それと同じ状態になってしまった・・・
どうも開封せずにゴミ箱に移してから「ゴミ箱をカラにする」をやるとそうなるようなので、
仕方なく受信トレイで全部一度開封してからゴミ箱に移すという
せっかく1アクションで一括削除できる設定をこしらえたのに
あんまり意味のないことになってしまった。くそう。

今のところ開けなくなったのは迷惑メールだけだが
仕事だの取引だのの連絡メールがそうなったらシャレにならんので
何らかの解決策は立てたいのだが、
メールソフトだけがダメなのか、パソそのものの弱点なのかがわからんからなあ・・・。


壊れたといえば
急須がダメになってしまった。
今まで大小ふたつの急須を使い分けていたのだが、
小さいほうのフタが割れてしまったので
以前書いた「木の葉急須」をおろすことにした。のだが。

まだ何日も使っていないのに、さっき緑茶を飲もうとしたら
注ぎ口から茶といっしょに茶葉がざらざら出てくる(汗
この急須は、カップ型ではなく注ぎ口側に貼り付く形の茶こし網がついているのだが、
注ぎきってからよく見たら、茶こし網が思っきしズレて茶葉がだだもれになっていた・・・
しかも、何かの拍子にズレただけのはずなのにどうやっても元に戻らない。
というか、

茶こし網と急須の間に無理矢理フォークの先をつっこんでみたら、
ちゃんと洗ったはずなのに、茶こし網の裏側に残っていた
おそらく前に使ったときの細かい茶葉がぽろぽろ出てきた・・・・・・(涙

使えねえよこんなもん!!!(怒


ただでさえDVDデッキをどうしようかというときに
急須まで買えってか。このやろう。
中途半端に高いものだから余計腹が立つ。
しかもなかなか気に入るやつに巡り会えないし。
▲ページ先頭へ

■6月12日
ぐあ〜〜〜。DVDプレイヤーが壊れてやがったよ(怒
前にも、あんまり質の良くないディスクを入れたら
機械がディスクを認識しなかったことがあったけど、
そのときはもっとまともなメーカーのを入れたら普通に作動したから
今回もそれかと思ったのに。
どんなディスクも(市販の映画のやつとかも)認識しなくなってしまった。
HDDとVHS部分は使えるのだが、HDDの中身をDVDに移せなくてはどうしようもない。
折しも今、毎日録画して保存版を作ろうとしている番組があるので修理に出すわけにもいかん。 どうせ1日とかじゃ絶対返ってこないし、テレビと違って代品なんか貸してくれるとは思えない。
となると・・・

1・修理の間用として安物の中古品でも買うか。
2・はたまた同じく修理期間用として格安のVHSデッキを買うか。
3・あるいは、もう修理なんかしない気でちゃんとした新しいのを買うか。

・・・結局最終的に、一番無駄なぜにを失わないのは3な気がするなあ。
中古品がダメだった場合と、修理代がおそろしくかかった場合、あるいは修理しても直らなかった場合を考えると。
中古品も今調べたら2万かそこらするから。

なるほど、こういう選択を迫られたあげく
昨今の家電はどんどん使い捨てになっていくわけだな・・・
▲ページ先頭へ

■6月9日
ヤフオクやっぱり面白いな〜〜
「え?なんでこれが???」って物に意外に注目が集まってたり。そしてそれは出品者であるわたしにしか見えないのだ(笑)
でもやっぱり食器はきびしいなー。ほとんど残るかも。
まあ残ったらまた考えよう。

仕事部屋のナゾの「山」を片付けようとしたのだが、
どうやっても一山は残ってしまう。
「収納場所自体をつくれない種類の物」がつねに一山分ぐらいあるってことだな。
内容はカタログとか仕事の資料とか書類とかが大半で、まあ要するに
1年後とかには絶対要らなくなって捨ててるはずのものだけど今捨てるわけにはいかない、
でもだからといってしまいこんでしまうと、要らなくなったときにどこにしまったかわからなくなったり捨てるのがめんどくさくなったりする、
だからそこそこ邪魔にならない手の届く場所につねに置いておかなければならないと。
一応、一山以内におさまるよう普段から心がけてはいるんだけど
気がつくと3山ぐらいに増殖してるんだよね・・・

資料といえば
この間、結婚式のマンガを描くことになって
生まれて初めて結婚雑誌なるものを買ったのだが。
あれは、資料として写真を見ている分にはきれいで楽しいけど
内容を読み始めると、自分にはおっそろしく興味がないことがあらためてわかった(笑)
なんでたった1日、いや実質数時間のためにここまでせにゃならんのか。
この数時間の準備のために意見が合わず仲がこじれて別れる奴とかいるんだろ。
そんなんなる前にさっさとつがって繁殖しちまえば目的達成されるのにばかだなあ。
まあそもそもわたしはつがいにも繁殖にも興味のない欠陥生物だから
「そのための儀式」なんぞそれこそ興味持てってほうが無理な話だが。

じつはその昔、将来の夢をきかれて
「およめさん」と答えていた時期が一時期あったのだが、
その頃この阿呆は「およめさん」というのは
「花嫁衣裳を着ることが職業の人」だと思っていたのである。
あの美しい衣装を着て皆にちやほやされていた女性が
その翌日からただの奥さんになり、はてはただのかあちゃんになりさがると知ったときはショックなんてもんじゃなかった。
母親の花嫁衣裳の写真を見せられたときにはもう錯乱して
「なんでこんなんなっちゃったんだー」と泣きながら殴りかかったものである。

でもまあ今思えば、殴りかかってるひまがあったら
なんらかの努力ぐらいしておけば、実際花嫁衣裳は無理でも
「きれいなべべを着ることが職業の人」にだったらなれないこともなかっただろうに。

でも子供の頃から正しい意味で「およめさんになりたい」と言っていた子っていうのは
やはりその頃から結婚式での花嫁さんを見たら
「今日からだんなさまと愛し愛され幸せに暮らすのね」
と思っていたんだろうなあ。
そもそもその発想自体が自分にはなかったことが欠陥生物たる所以なのだ、
と40近くになって初めて気づくというのもなかなかに清々しい阿呆っぷりである。
▲ページ先頭へ

■6月7日
え?なんでもう7日なの??
まあそれ言ったら「もう6月?ついさっき正月だったのに」って話だけども。

せっかく最初に言われたしめきりを1日しか過ぎないで原稿をあげたというのに
せっかく今月は急ぎのしめきりがないというのに
なんだか仕事が忙しいときよりもマトモに暮らせないです(泣
かねてから気になっていたことを片付けたり、ヤフオク出品の準備とかしてたら
シュラ場でもないのに自炊ができなくて連日コンビニ・・・そしてますますでぶにみがきが・・・

とりあえず、ヤフオクに大家さんからあずかった食器を大量に出し
ついでにウチの不用品も出しましたので
興味のある方は見てみてください→コチラ
▲ページ先頭へ

HOME  倉庫