HOME  倉庫

DOKUPARA扉ログ/2008年8月

■8月31日
会心の1枚(笑)

ゴミ屋敷マンガを描いたので、背景ベースに
1枚あったほうが便利かなと描いておいたもの。
商業サイズ原稿用紙で、1日ぐらいかかった。
パーツいっこいっこ見ちゃうとパースとか遠近とかめちゃくちゃなんだが
(定規とかテンプレとかいっさい使ってません)
マンガの背景なんだから雰囲気出てればオッケー。
こんな自分で自分のアシスタントをするようなまねをこいてるわりには
わたしは原稿は早いほうかもしれないとおもう。

ていうか、こういうのとか恐怖マンガ用の霊体の群れとかも含め
背景や小物のストックがファイル2冊分ぐらいあるんですけど
(もちろん全部自分が描いた)
それ換金しておこづかい稼ぐ方法ってないもんだろうか。
・・・「個々に注文受けて描く」という商売はあるらしいんだが、
自分のマンガ用に使えるもんじゃないと意味ないから
基本「ありものを売る」ってことしかできないんだよねー。

あと、投稿初心者とかが安易に使おうとしてきたら腹立つしな・・・
いちいち「どの本に載ってるなに先生ですか」とか確かめないと売れないっつうのもなんだし。

そんな副業にはしる算段をつけてるひまがあったら本業に力を入れろ
というごもっともなツッコミは諸事情によりお受けできかねます
説教するならぜにをくれ。
▲ページ先頭へ

■8月21日
今朝テレビをつけたら、海水浴場の盗撮犯のことをやっていたのだけど
なんつうかこう、スッキリしないかんじが。
あれだ
わたしはあのイモ洗い状態の海水浴場ってとこに出かけて
キワドい水着でおのれの肉体を誇示しながら闊歩したいと思ったことが
今までの人生で1秒たりともないから、
たぶんそれでわからないんだろうけど。

盗撮してるやつらはいったい何を撮るのが目的なのか。
そして、撮られる側は何を撮られてどうされたら困るのか。

まず、盗撮してた奴をとっつかまえてデジカメの中身をチェックしてみると
だいたいがおなごの水着着てるボディしか映ってない。
顔まで撮ってるケースはあんまりないわけさ。
いやあの
顔さえ撮らなきゃいいんじゃねえかなどというつもりはないですよ。
ハミ毛を押さえられた可能性もあるしね。
いやすいませんそうじゃなくて。あれですよね

たとえ個人が特定されなくても、自分のあずかり知らないところで
自分の肉体がネットに流されて、どこぞの馬の骨がハアハアしてたらきもいじゃねえかと。
取り締まる理由をつきつめるとたぶんそこですよね
まあそれはわからないでもない。

でもね考えてみて。

17日にわたしはコミケに行ったのだけど、
わたしのいた館内にもテレビクルーらしき一団が来てたのさ。
2ブロックぐらい向こうにいたから、何を撮っていたのか
はたまた別に何も撮ってなかったのかすらわからないんだけど

翌日、どこの局だか忘れたけど朝のワイドショーで
コミケの模様が映されたのさ。
その番組が、わたしのいた館に来てた撮影隊かどうかもわからんのだけど
もしそうだとして、
それでもし、「館内全体の模様」を映した映像の中にわたしがいたとしたら

わたしはコスプレも水着も着てはいないしハミ毛もしていないが
自分のあずかり知らぬところでテレビに映されるのはとても嫌であり、そして
それを撮った局はわたしにその撮った映像を事前に見せも
「流していいか」の許可を得も、していない。

はたしてそれは、盗撮映像をネットに流すのと
いったいどれほどの違いがあるというのか。

たしかにサークル参加者に送られる説明書の中には
「テレビクルーが来るから協力できる者は協力するように」
みたいなことは書いてあったような気がするが、
この書類を受け取ったからには、「撮られて流されることに同意した」
とみなされても仕方がないということか?

いや、もっと言うなら
例の盗撮の特集。
撮影隊が盗撮犯を見つけ、追跡したり追及したりする間
画面の背景には無関係の水着姿の男女がたくさん映っていた。
盗撮犯本人には顔にモザイクがかかっていたが、それ以外の人物はモザイクなしで
かなりアップに映っている人もいた。

あれは、撮影終了後そこに映っていた全員に撮ったものを見せ
許可を得た上で流したのだろうか?
そして一人でも「嫌だ」と言ったら、たとえ前後のつながりが変になろうとも
その部分だけカットしたりしたのだろうか??
いやよもやそんなことはするまい。
そこはあれだ、伝家の宝刀
「表現・報道の自由」
をふりかざす準備が万端なことは間違いない。

「法律で線引きされてんだからしょうがねえだろ」と言われたところで
この阿呆の頭に生じたモヤモヤは解消されないんである。
こんなことを疑問に思うのは世界中で自分だけなのか。
っつうか盗撮されたねえちゃんたちも、口では「嫌ですねえ〜」とか言いつつまんざらじゃなさそうな笑顔にしか見えなかったが本心じゃ盗撮もされないようになっちゃ終わりよねとか絶対思ってるだろてめえらとか言ったら問題発言なんでしょーか。

とりあえず、このモヤモヤをどこにぶつけていいかわからんので
許可を得た・得ていないにかかわらず
「一般人を映像におさめるときは、撮影隊はかならず全員ハミ毛で」
という法律を誰かつくれ。
▲ページ先頭へ

■8月20日
貫徹明けでコミケ行って帰ってきて寝だめして起きて
カットの仕事と次回イベントの申し込みをやっつけて部屋を片付けたら
すでに次の週が半分近く消滅しておりました 例年の真夏の怪奇現象です。
とりあえず今回も見捨てずスペースにお越しくださり
ありがとうございました。

数少ない記憶しているオリンピック出場者の一人
室伏くんの結果をついさっき知りました
っつうかネットでわざわざ検索しないとわからないなんて。
女子マラソンなんかも、あれだけ盛り上がっといてああいう結果だと
もう翌日から誰も話題にしないなんて。
こういうところがオリンピックってまさに群集心理が露見して怖いなあ、
と思っとったのですが
なにやら北の某国あたりじゃ、メダル取れなかった奴は非難されるどころか
「国賊」扱いで、へたすりゃ収容所送り
というおっかねえ話を聞くにつけ(汗
むしろ「見向きもされなくなる」ぐらいいっそ親切なほうかも、と思ってしまいました

どうでもいいけど結果出しても出さなくても、
終わったとたん本人が言ってもいないのに引退引退書き立てるって
どんだけ失礼なんだよ・・・


それはそうと

なんとなく出すタイミングを逸していたのですが


うかりました

どうやら準2まではばかでもうかるみたいです。

ちなみに200点満点で180点でした。合格点は今回は140点だそうな。
・・・180点もとれたのに、部首問題は10問中4こしかあってないけど(笑)
しかもわかってて答えられたのはゼロ(笑)10こぜんぶバクチ。
全滅の可能性もあったってことだ。

勉強していったかといえば、したことはしたんだけど
模試形式の問題集を1冊買って何セットかやってみたら
一応合格ラインの点数はとれることがわかったので、
あとは巻末についてた四字熟語集からまったく見たことも聞いたこともないやつを書き出しておぼえた。けどたぶん2割もおぼえてない(笑)
この時点で部首の勉強はもう完全に投げ捨ててたし。
あんなもん、それこそ漢字マニアでもなきゃおぼえねえよ。

ちなみに昨年度の準2の合格率は40.9%とのことで
一見低そうだけど、実際試験会場行くとチャレンジで来てるがきも多かったので
ああいうやつらがダメ元で来てて落ちてるんだとしたら
年相応のおとなはほとんど受かるんじゃないかと。
いや推測にすぎないけどな

一応、2級の問題集も買ってみたけど
次回すぐ受けるかどうかはきめてない。
まあ今度は今回みたいにバクチ半分で受かるとは思えないし
なにより2級は準2より受験料が高いので(笑)
受けるからには絶っっっ対ドブに捨てたくはないんである。

というわけで
ドブに捨てる結果になったとしたら
たぶん受けたこと自体、報告しません(笑)


追記
上げた後で、「漢検」という言葉を一度も書いていないことに気がついた。
「漢検」という言葉をまったく使わず漢検レポを書くなんて天才か俺。
▲ページ先頭へ

■8月15日
みなさまオリンピックみてますか。
俺みてます。
意外にもみてます。
あんな国民的大イベントなんざケッとか言ってそうという
世間様の予想(なんて誰もしてないけど)を裏切ってみてます。

何をみてるかっていうと

画面にプールが映ってるのをみてるだけなんだけども(笑)

それ「オリンピックを観てる」って言わねえ
というツッコミはかぶとむしにでもくわしといてくざさい。
くわがたでも可。

どんなに白熱したレースが繰り広げられていようと
水面と水しぶきしかみてませんし
どんなにすばらしい記録と感動のドラマが生まれようとも
「いいなあ水きれいでつめたそう」以外の感想をいっさいもたない
そんな有意義な4年に一度の祭典ですがなにか。
いやあスポーツってすばらしいね(←すげえ棒読みで)


えらそうなこと言っといて今頃になってしまいましたが
夏コミ予定等あげましたので
興味のある方はどうぞ。
今からカンバンとチラシ用のカラー塗りますだ。がんばれニッポン。
▲ページ先頭へ

■8月12日
長く書かないときは、忙しいとか書くことがないとかよりも
「書きたいけど書いちゃいけないことがあるとき」
が主かもしれないとサイト丸7年にしていまさら気がつきました

なにしろ脳と口が直結の虫の脳だもんでさ
「ほんとうは他に書きたいことがあるけどまったくそんなそぶりは見せずにテキトーに関係ない軽い話をしておく」
みたいなことがいっさいできねえのよ。
関係ない話を始めてもなんか途中でそっちへ転がりたがるのよ(笑)
わたしとリアルでの付き合いが長い方はよく知ってると思うけど
しゃべっててもおそろしく話題が転がっていく人なのですよ。
まあばかなんだな。ようするに。
しゃべり始めるともう本能のまま無意識に転がりつづけるので
いつのまにか「言っちゃいけない領域」に転がり込んでいることに気づかない。
さすがにワールドワイドウェブでそれをやったらシャレにならないので
一応「何も書かない」ことでばかなりに自分にブレーキをかけているらしい。

・・・というわけで、書いちゃいけないことは
コミケの配り物で書くことにします(笑)

ええと、遅くなりましたが夏コミ。
オフ新刊はやっぱりというか(汗
2冊とも、カラーを入稿したきりくじけました(涙
その分は9月のSPARK、10月のJで1冊ずつ出します。
で、
結局また新しいものが、5月のSUPERに持っていったコピー本の改訂しかないので
当日まで秒読みではあるが何か売り物をもうひとつ作ろうかと思ったのですが、
今月はやることが多いしそれでまた9月に本が出なかったらダメなので
配り物をちょっとゴーカにして、オフ本作りに時間と労力をまわすことにしました。
↑マンガも載せますのでよかったらもらいに来てください。
忘れ去られても企業努力はおしみません(笑)
(※スペース等は後ほどあっぷします)


もう冷房がないことには慣れたけど
この家、セミがものすごい(汗
普通の、いわゆる「鳴き声(本当は羽音)」はまだいいんだけどさ
あいつら7日とかですぐしぬじゃない。
その死にかけが、最後の力をふりしぼってそこらじゅうにブチ当たりながらビチビチビチビチ飛んだり地面にころがったままジタバタジタバタもがき苦しんだりする音が、夜となく昼となくそこらじゅうからしてやがんの。
しかも洗濯物干したりしてると、音だけじゃなくて本体がブチ当たってくるし。
無防備にそこらへん歩き回ると死骸踏むし。
・・・死骸ならまだいいけど、死にぞこないをうっかり踏んだりすると
そこからビチビチビチビチ「地獄のもがき舞い」が始まったりして
昼メシ食う気が失せるという迷惑っぷり。
「今年はセミの声が少なくてさびしい」とかほざいてる奴は
うちの隣の廃屋にひと夏住んでみろ。ゲップが出るほど夏を満喫できるぞ。

そんなすばらしい新居の夏でございます
おまえらいかがおすごしですか。
▲ページ先頭へ

HOME  倉庫