HOME  倉庫

DOKUPARA扉ログ/2010年1〜3月

■3月11日
なんか毎回、更新しとこうかなと自サイトを確認しに開いて
前回の日記の日付に驚愕してるわたし。
あ・・・2月だったんだ・・・
でもってその前は、1月だったんだ・・・・・・

Jガーデンの準備をしてます。
でも今回も、新しい売り物はないです。すみません。
お金をいただけるだけのものが作れてないのでしょうがない。
残り時間で、めいっぱい配りものと飾りものに力をそそぎます。

なんつうか、やっと、頭の中で長いこととっちらかってたあれこれの
優先順位がつきつつあるかんじです。
・・・いや、秋頃からずっとそんなこと言ってる気がしないでもないけど(笑)
具体的にどういう行動に出たらいいか、とか
1日とか1週間をどういうふうに使ったらいいか、とか
そういった、ほんとに足元からのことがどうしたらいいかわかってきた。みたいな。
・・・ちゃんと就職とか結婚とかしてる人からしたら、オメーいい歳ぶっこいて何言ってんだ?ってかんじでしょうけども、
10年以上もマンガ1本で暮らしちゃうと、いざ違う暮らしに入ろうってなると
ほんとにそこからどうしていいかわかんねーのよ(笑)
マンガだけやってりゃいい間は、すべてをしめきりに合わせてきめりゃいいからさあ。

でまあ、現実問題今現在「定職」ってものがない以上、
「同人誌」を最優先にするわけにはさすがにいかんので。
やはり同人誌1本で暮らせるわけではないかぎり、それは
「メインのなりわいを成り立たせて、そのすき間にうまく組み込んでやっていく」
でなくては。
(・・・だからほんとに何あたりまえのこと言ってんだ?ってはなしですが、
そういうとこからいちいちおのれに言い聞かせないと自覚できんのですわ)

で、それにも関連するんですが
もっかいこのサイトの構成変えます(笑)
やっぱ一人でやってると、「なんだこうすりゃよかったんじゃないか」にたどり着くのにえっらい回り道せにゃなりませんな。たぶん閲覧者側からしたら、もう今すでに「こうすりゃいーのになんでしないんだ」と思われてるかも。という形態に、最終的になると思います(笑)
今イラスト製作関係のテキストをロフトワークのブログに書いているんだけど、
これも、イラスト製作が「水面下の動き」でなくなる以上分ける意味もなくなるし、
何よりあっちに集中したせいでこっちをこんなに書かなくなるんじゃしょうがねーので(笑)
(・・・じつは猫ブログや園芸ブログのときも薄々思ってはいたんだが)
全部こっちでまとめて書こうと思ってます。
レンタルブログ借りたほうが、閲覧者数は増えるので
借りてあらためて日記だけそこでやろうかとも考えたんだけどね。
んでもこのサイトって、一応ずっとサーバーの年会費払ってやってて、
しかもいまだに容量1割ぐらいしか使えてないもんで(笑)
今さらながら、もっと活用せんともったいないだろうという気になりました。
まあ提供してる側も、ブログなんつう便利ツールがこんだけ浸透する時代が来るとは思わずに設定したんだろうけども。今ここと同じくらいのサーバ容量を、テンプレ&ツール山盛りの無料レンタルブログで借りられるもんね・・・

・・・いや何の話だ(汗
とにかくJに向けてとその先と、エンジンかけてがんばります。
▲ページ先頭へ

■2月25日
一応少し前からやるやる言うてた気もしますが、
デザインフェスタでBLイラストの展示をします。
ので、案内ページ作りました↑(右上のエロい陽一さんをくりっく)
これをデザフェスのサイトからリンクしてもらう申請の期限が明日なもんで(汗
取り急ぎアップして申請せねばなりませぬ〜。
このページと、それに連動してBLイラストのページをものごっつ急いで更新しました
よろしければごらんください。

・・・1か月ぶりの更新で、何が悲しゅうてこんな
「取り急ぎ用件のみにて」みたいなことしか書けんのだろう(涙
▲ページ先頭へ

■1月29日
どうせなら年明けからとか何かキリのいいところでやれよってかんじですが
「こういうかんじにしたかった」というのがだいたい形になったので上げちゃいます。

まだあっちゃこっちゃ調整中ですが。
BLページも結局できてないし(泣
でもまあとりあえず、なにはさておき
「描いた絵を換金して生きていきたい人のサイト」
っていうのがわかる状態にしたかったのですよ。

(あ、ついでに言っとくと、この位置にもお仕事募集のテキストが入るので
それが完成したらこの日記は、さらに下にスクロールしないと読めなくなります;笑)

カンバンの絵は少女系にしちゃうか今までどおりBLでいくかちょっと迷ったんですけど、
少女系が見たい人は他の登録サイトからでも作品は見れるし
どうにか根気よくページをほじくり出してくれる気がするけど、
BL目当ての方はカンバンがBLじゃない絵になってたら
「なーんだやめちゃったのか」と帰っちゃう気がしたので(笑)
(・・・あと少女絵メインのサイトにするとしたら、色づかいからレイアウトから
デザイン丸ごとやり直さないといかんだろうし・・・それでさらに遅れるのもどうかと)

「やめてませんよ〜」の意思表示ついでに
Jガーデン、スペースとれましたのでお知らせします。

3月14日(日)
東京ビッグサイト 西2ホール
E・14・a
Joy of Living

今スペースの場所確認したら、島の端のお誕生日席だった(汗
そういえばJでこんな場所になったの初めてかも。
新刊今度こそ間に合うようにがんばります!
ここのBLページと通販も、来週ぐらいにはどうにか開通させたいです。
▲ページ先頭へ

■1月26日
絵を描きためていると画像データばかりがじゃんじゃん増えるので
少しでもパソコンの動作を軽くしようと、本腰入れてデータ整理をしたら
「フォルダを仕分けし直してUSBメモリとディスクに移す」
だけの作業に3時間もかかってしまった・・・
普段どんだけいいかげんな保存のしかたをしているかっちゅう話だ。

すんごい気に入ってる絵のデータがどこ探してもなくて、あげくに
すんごいどうでもいい仮置きみたいなフォルダに入ってて
まぢで自分に引きました
何でそういうことをしたのかまったく記憶にないんでございます(涙

パソコン使い始めっからこういうことをしていたので、
今ではもう劣化してしまってちゃんと動作しないディスクとかもあるんだけど
「どこにどんな大事なもんが隠れてるか」と思うと、1枚も捨てられない(笑)
(・・・さすがにフロッピーはパソ買い換えのときに全部捨てたが)
いたづらに枚数を増やすことで、余計整理がつかなくなっていくことはわかっておるのだが。
整理の神様、オラに力を。

少女画のほうですがDL用壁紙とか作ったので、
見てみたい方は
こちらからどうぞ。

DLして保存なりしないと全体像が見れないという
じゃっかん不便なシステムですが。
一応今日の時点では、元の絵を見たい方は
ページ右上の「Home」あるいは「Blog」をクリックしていただいて
1月26日付の記事の挿し絵からどうぞ。
▲ページ先頭へ

■1月18日
じつはこそこそと、
ロフトワークを更新したりしております・・・(笑)

しかし、あっちからこっちへも来れてしまうのに
こっちがこのていたらくでは、といささか心地が悪くて落ち着きませぬ。
とりあえず、この日までにその他のことを全部終わらせて冬コミで落とした本の続きを描く!
と決めていたのにさっそく守れそうにありません(汗
い、いやまあ、決めもしないやりもしないよりはぜんぜんましよ!!
と強引に気持ちだけは前向きに。

あと、去年こっそり作るだけ作っていた少女絵柄のグッズを
ウルトラパウダーさんというところに登録して、通販受付始めました。
といっても、どうも「展示場とショッピングカートだけ借りている」みたいな形のようで、
実際の注文受け付けとかのやりとりは、うちへのメールでするみたいです。
興味のある方はどうぞのぞいてみてください。
初回登録作品はオール100円です(笑)
▲ページ先頭へ

■1月10日
別のネタを書きかけてたんだけど今文書を打っていたら
突如ある疑問にブチ当たったので

「まがりなりにも」という言葉だが。

最近ではwebでも印刷物でも当然のように
「曲がり」
と変換してあって、わたしはずっとこれは間違いだと思っていて
ずっと違和感を持っていて、いつか真偽のほどを明らかにしてほしいものだと思っていた。

わたしはこの言葉は
「仮にも」とか「かりそめにも」などと同義語だと思っていたので、変換するなら
「間借り」
が正しいと思っていた。
今すぐその根拠となる原典を挙げろ、と言われたら出てこないが、
わたしのこの悪い頭で独自に考えてこんな解釈ができるわけがないので
おそらく子供の頃、家で読むものがなくなってしまって仕方なく
よく父母の蔵書である昭和20〜30年代発行の古い本を読んでいたので
その中で使われていた表記を記憶したものだと思う。

だからこの解釈が本来なのだとすると、「曲がり」では少々意味が違ってしまうと思うのだが。
「まがりなりにも」という言い回しを「曲がり」と変換した場合、
「少々道を踏み外してはいるが」とか、
「本筋から多少歪んではいるが」とか、
なんとなく「間借り」が「未熟」を表しているのに対して
「曲がり」のほうは「邪道」を表している気がする。
ので、このふたつが同じ意味の言葉だとはどうしても思えない。
数年前に「憮然」という言葉が現在使われている意味とは本来違う、
ということがよくクイズ番組などで取り上げられていたが
(でも今では当のテレビ番組でもみんな忘れて元通りの意味で平気で使ってるようだけど)
この言葉もいつかどこかが取り上げて、間違いを正してすっきりさせてくれないかなあと
「曲がり」という変換を見るたびひそかに願っていた。

のだが。

さっきパソコンでこの言葉を変換しようとしたら、変換候補の中に
「曲がり」だけがあって、
「間借り」がないんである(汗

ないってどういうことだ。
このパソコンの辞書機能はたしかに初代機とくらべたら腹が立つぐらいバカだが、
「まがりなりにも」の「まがり」の変換が他にないかぐらい作る時調べてないのか。
最低限しか入れとかないからあとはてめえでこさえてくれなのか。

それとも(絶対認めたくないけど)
「間借り」だと思っていたわたしの長年の記憶と解釈が
丸ごと間違いだったとでもいうのか。

Qさまによく出ている国語の神様にでも直接問い合わせたいぐらいのモヤモヤなんだが
こういうのってどこで誰に質問したらいいのか。
肝心な時にネットの有効な使い方がわからん。

一応断っておくけど、なにもわたしは
「現代の間違った言葉の使い方をすべて正すべきである!」
という主義のうざい人ではぜんぜんない。
そんなことを言ったらこのサイトの駄文なんか、元の文章が見えないぐらい
赤ペン修正が入りまくるにきまっている。
ただただ純粋に、おのれのモヤモヤを晴らしたいだけなんである
(この「だけなんである」とかもワードで打っていたら絶対波線チェックが入る)。
どなたか国語力のおそろしく高い方が明確な答えをくれないだろうか。
このさいうざいうんちくをたれてくれてもかまわないから。


ついでに最近よく、民放のまじめなニュースなんかでもやらかしてくれて
耳に引っかかる変換間違い

「●●せざるをえません」を
「●●せざる、おえません」と読んでる奴がいる。
はっきり「る、お」で切っている。

「せざるをえない」というのは「せ不るを得ない」、つまり
「しないわけにはいかない」という意味であって
何かが手に負えないとか後を追えないとか言ってるわけじゃないんだよ
いい大学出て狭き門くぐり抜けてテレビにアップで映れる身分になったんならそれぐらい頭に入れとけよ
首から上の造作がちっとぐらいいいからっていい気になってんじゃねえよバーカバーカ、

という電話をいつかテレビ局にかけてしまいそうで怖いです。
▲ページ先頭へ

■1月4日
加藤大、検索かけたらあっさり出てきた。
大幅ダイエットから数年、大幅リバウンドで再ダイエット企画だと。
どうもあの人今の肩書は「タレント」らしいんだが
(初めて知ったのが最初の海外入院ダイエットの後なので詳しい身の上は知らないんだが
20代半ばまで引きこもって200キロ超になった人だと聞いている)
じゃあなにか、
“タレントなのにもかかわらず”まったくメディアに出てなかったこの数年の間、
もし家でただゴロゴロしててリバウンドしたんだとしても(←番組見てないからあくまで憶測)
テレビの企画でダイエットすれば“タレントとしての”ギャラが入るってわけか?
何度でも?

以前、デブタレントがどうせ企画終わったら戻るくせに
ダイエット方法を紹介してブームを作るために何度もダイエットしてるのが
いいかげんうんざりだと書いたが、あれももしかしたら

本人の意思の強い弱いだのキャラとして求められる云々関係なく、
「いい素材として何度でも使い回しがきくように」
ひとつ企画が終わるたびにきっちり元に戻るようにと
事務所から「業務」として言い渡されているのだろうか?

・・・何だろうな
そういうの、いい歳ぶっこいた社会人のくせに
わかってないのって日本の全視聴者の中でもしかしてわたしだけなんだろうか?
みんなそういうの承知で見てんの?
せっかく苦労して落とした体重維持できないのも
「そういう弱さがあったほうが同じ人間として親近感が持てる」とかで許されてんの?

ちょっと考えだしたらイラッとしました

あけましておめでとうございます。

年明け1発目から引きこもりデブ男のことなんぞアツく語るのもどうかと思いますが

考えてみれば去年も、こういうどうでもいいぼやきを
書きかけてはなんだか書いたことで気が済んでしまって上げずに消す、
ということをけっこうしていた気がするので
今年はなるべく後先考えず晒しちゃう方向でいこうかなと。

おそろしいことにこのサイト、今年の夏で丸9年。
10年目に入っちゃうらしいですよ(汗

開始当初参考にさせてもらったりおつきあいさせてもらったりしたサイトなんかも
もうほとんど残ってないし。怖。
こんな長くやるもんじゃねえよなどう考えても。
開始当初わたしが参考にさせてもらったりおつきあいさせてもらったりしたサイトはどれも参考にするに値するすばらしい内容ばかりだったわけですが
それらがあらかた消えてうちのような糞サイトがいまだ健在ってどうなんですか。
これこそ今の世の中の腐りっぷりをあらわしてるってことですか。
いやいっそのこと、
こんな長くやっててなにひとつ世の中に貢献も投石もできてねえって逆にすごくないすか。
まあなにひとつ世のため人のためなことなんぞ書いてないからしょうがないんですが
逆にいえば世のため人のためなんざなにも考えず好き勝手だらだらやってきたからこそ
こんな長くやめずにいられたんでしょうな

そういうわけでひきつづき今年もてめえの都合ばっかりでいきたいと思いますので
どうぞよろしくおねがいいたします。
▲ページ先頭へ

HOME  倉庫