HOME  倉庫

DOKUPARA扉ログ/2010年6月

■6月27日
やることいっぱいになりましたと昨日書いたばかりだというのに
湿気にやられて昼食後突然耐えがたい頭痛と睡魔に襲われ、30分ばかり横たわってしまった。
わたしは一応体重を落としたりした関係で、東洋医学の本を読んだりして
代謝を上げるようにこころがけてはいるほうだと思うんだが
最近代謝が悪くて汗ぜんぜんかかないって人多いらしいね

こんなおそろしい湿気の中で汗かけなかったら
体の中、毒だらけになって死ぬんじゃないですか(汗
おーいちごーななとかに感染する前にてめえの毒でやられないよう
みなさまきをつけてくざさいね

とりあえずがんばって起きて、ユザワヤで木製パネルと和紙材料を追加で仕入れてきました

パネルはたぶんキャンバスに負けないぐらい需要あると思うからあんまり心配してないけど、
最近コラージュとかに使ってる和紙は、いろんな種類の紙を既定サイズに裁断した残りの切りくず(といっても大きいのはA4サイズぐらいある)を袋にごっちゃり詰めた奴を買っているんですが

ユザワヤがパルコに入っちゃったら、こんなものに売り場スペース割いてくれるだろうか・・・

昨日あの後また銀座に行ったんですがね。
月に3回も銀座に行くってどんな豪遊っぷりだ(笑)
まあまた気になる個展を見つけたので、ついでにこの間から気になっていた
「いつのまにか銀座にできていたユザワヤ」をのぞいてみることにしたわけですよ。
先日も記事にした、昨今「ユザワヤは羽振りがいい」とされている根拠の一つが
どうやらこの店舗であるらしいです。
さすがに顔面は塗りたくってはいましたが、ダイエーとさ○○やで買った服で
天下のニューメルサに入る命知らずな俺。
エレベーターに乗ろうとしたらいきなり、ド高級クラブのママっぽい
ものすげえ高そうな着物着たマダムといっしょになってしまってびびりまくりました

・・・まあ1フロアしかないってことで、期待はしてなかったんですけども。
ええと、わたしの感覚では、
これはユザワヤではない。
服地と服飾材料とデコグッズしかない店をどうしても銀座に置きたいのなら
ユザワヤではなく他で頼んでくれと(笑)
もうあまりの興味のなさに、エレベーターを出てほとんど一直線に下りエスカレーターに向かってしまいました

こういう銭持ち相手の商売に力を入れるあまり
紙の切りくずを売る手間やスペースが削られることにでもなったら
あたくし許さなくてよ!!

ちなみに銀座での目的は、「一枚の絵ギャラリー」
中国人画家・王軍氏の水彩画展でした。

いわゆる「普通の絵画」における水彩画で、いいなと思ったのは
青木美和氏に続いて二人目。
というか、美術の世界では水彩という手法はけっこう「習作」的に使われることが多いようなので、気に入った画家さんを見つける以前に
「水彩のみの、きちんとした作品展」を見る機会自体が少ないかも。

一応スケジュールを調べていったので、ご本人がいらっしゃる日だということは知っていたんですが
わたしが行ったらまさに、実技演習をされているところでした(笑)
その場でできるっていうのは水彩ならではかもなあ。
そんなにものすごい人数のギャラリーではなかったんですが、
人垣をかきわけてもたぶんわたしの視力ではお描きになっている手元は見えないので
あきらめて展示作品のほうに集中しました。

この方は水彩でも技法がちょっと独特なので、
花や静物の描き方が参考になるかなと思ったんですが
実物を見たら、風景画のほうがツボでした。

多少偏見かもしれないですが、なんというか、やっぱり中国の方だなあと(笑)
中国の水墨画とか、絵文字とかの手法で
「筆に最初から計算ずくでいろんな色(墨なら濃淡)を含ませておいて、
1ストロークだけでそのものに見えるように描く」
という描き方があるんですが、
遠くの山の稜線なんかを描くのにそういう「一発描き」が使われていて。
こういうのって、いくら作業手順を教わっても
「ものを見る目」と「その通りに動く手」がないと絶対無理だもんね。
何百枚も描いた果てにはそういう境地にもたどり着けるんでしょうかね。

ヤフオク、500円でも落ちなかったなー
もう1周、あるいは何周かしてみるかな?
どっちにしてもしばらくはこちらの新作は描けないと思うので
未落札品を廻しつつ、まだ復活して続けるかどうかも考えよう。

・・・おねがい戦士のほうは個人の希望としてまだ描きたいんですけどね(笑)
▲ページ先頭へ

■6月26日
アートメーターに出品しているレトロ画シリーズ「月刊あねもね」を
別のお店にも、置いていただけるかもしれないです。

「かもしれない」というのは、審査が厳しいとかコンテストで一番になったらとかではなく
「わたしが自分で宣言した期日までにモノが用意できれば」(笑)

最近よくあるレンタルボックスみたいな、仕切られたちっさいスペースを月極めで自由に自分のお店にしていいというあれです。
お店を経営してる方から、デザフェス会場でお声をかけていただき、その後わざわざメールまでいただきまして。
ま、前回のデザフェスではわたしはそういうところで売れるようなブツはなにもないような出展だったんだけど(笑)
一応、ナマ絵を売るだけでは限界があるような気がするから
ゆくゆくはグッズ展開とかもさせたいなあ、と思っていまして。
で、ちょうど今別の場所で気になる個展もやっているので
じゃあ下見がてら、両方まわってくるか。と。

水曜日にヤフオク出品をやっつけ、木曜日にちょっと本腰入れて部屋の片づけをしていたあたりで急きょ思いついたので、
木曜の夜から金曜1日かけて、間に合わせではあるけどどうにか何セットかグッズの見本を作成。
いや「こういうサイズのこういうものをこういうレイアウトで詰めあわせよう」みたいなメモ書きは、前からちゃんと作ってあったんですがね。
やっぱりどうしても作業としては、普通に新しい1枚絵を描くっていうほうを優先してしまって
なかなか重いケツが上がらなかった(笑)

でー
なんとか見せられるブツはできたものの、自信はまったくなし(笑)
やっぱりどーやっても「同人グッズ」の域を出てない気がするし。
ノンジャンルのハンドクラフト全般の中ではどうしても、紙モノって弱い気がするし。
ま、だめならだめで勉強になったと思えばいいや!と
腹くくって現地に到着。
ひととおり店内を見た後、「あのー、先日デザフェスで〜・・・」と切り出し。
とりあえず、デザフェスでやってたことと今からプレゼンすることはぜんぜん違うんです、
ということを説明するために、「月刊あねもね」バックナンバーの複製ファイルを見てもらう。

・・・意外にも、むちゃくちゃ好感触!!!

じつは、店内に入ってますます「こりゃだめだ」感が強くなっていたわたし(汗
まあ全体的に何系、という雰囲気があるわけじゃないんだけど
さすがにここに和モノを持ち込むのは違和感がありすぎるだろうと。
やはり同じレンタルスペースでも、和モノ大歓迎なところを選ぶべきだったかもしれないと。
そんなことを考え始めていたんですが、

「一度気に入られれば、それだけを目当てに来るリピーターが絶対つくから大丈夫」と。
なるほど。ああいうジャンルごった煮なお店って、そういうもんらしいです。
最初は「なんかオモシロいもんないかな〜」と入った人でも
やがて「ここに来れば○○さんの作品が絶対ある!」と期待して通うようになると。

で、あと、わたしが考えていた
「ある程度世界観が伝わらなければ見過ごされてしまうので、数の力は必要」
ということにも大いに賛同していただけました。
↑要するに、競争はげしかったら一人1スペしか借りられないんじゃないかなーと(笑)
そうなるとやっぱり、小さなハコひとつに紙モノだけじゃどうしたって弱いだろうと。
そんな懸念を打ち明けましたら
「じゃーナマ絵とグッズ両方置けばいーじゃん」と。
ハコだけじゃなくて、壁も借りられるんですね。
ご親切にも、壁とハコをすぐ近くに配置する算段まで提案して下さって。
逆にこっちが「え?え?そんな乗り気でいいの?」と(笑)戸惑うぐらいでした。
グッズも、間に合わせ丸出しだったにもかかわらず(汗
「かわいいじゃないですか!」とすごく気に入ってくださいました。
いろいろ詰めあわせてレイアウトも工夫して詰めた、というのもちゃんと伝わったようです。
(やっぱり売れなきゃつまらない、ということを何度も仰っていらしたので、単なる誰にでも言うおべんちゃらではないと思う。)
ううむ・・・やれるのか?やっちゃっていいのか??
と、まんまと乗せられていくわたし(笑)

とりあえず、2週間後までに売れるブツをそろえて来ます!
と勝手に約束してお店を後にしました。
そういうわけで、勝手にとはいえ、しめきりができました。
うん。やっぱりわたしは、しめきりを設定されてモノを創るほうが性に合ってる。
さらにそれをテンポ良く回転させていけたら理想的。
なにしろ、今度はもし売れたら、レンタル期間内だったらすぐ翌日にも新しいのを持って行っていいんだもんね(笑)品出し手続きの順番待ちなんてこともなく。
常に新作ストックを準備しておかなくちゃ!なんていう事態になったら本当に幸せなことだと思います。
・・・ま、今は「そうなったらいいね」と(笑)気負わず今までに劣らない、どこかの誰かに気に入ってもらえるものを創るしかないかなと。

2週間後といっても実質は1週間ぐらいしかないかもしれないんですが。
桜 ExhibitionのNY杯のしめきりが来週末なので。
フェデックスキンコーズでフォトショ入りのPCが借りられる、と気づいたので、
一応ぎりぎりまでがんばって参加してみようかなあと・・・。
あちらでは和モノがやはり好まれるようなので、じゃあこんどこそ
レトロ画ならうってつけなんじゃないだろうかと(笑)
一応前回も、本領発揮できるのはレトロ画のほうかも、と迷ったんですが
結局「データ化したときの発色」をとってマーカー画に。
で、そこまで考えての結論だったのにもかかわらず
データが基準を満たしてなくて発色が悪かったという(涙

で、まあ3月から今までの間に画力が急成長するわけもないので
「一人だけダントツに見劣り」という事態についてはもう開き直りまして!
「ヘタクソなりに何か一人だけヘンなことやってる奴がいるぞ」
ということだけでもアピールできたらいいかなと。

そんなかんじでぶっつづけでしゃきしゃき描くのです。

ヤフオク明日の夜までです。
PV数とウォッチリスト入りは着々と増えてるけどどうなるんだろう・・・。
こちらは今回が終わったら、しばらく新作はお休みです。
▲ページ先頭へ

■6月23日
サッカーの世界杯ってなんかすげえしょっちゅうやってないですか。

4年に1回とかあれ絶対うそだよね
それだったらわたしが実家出てからまだ3回ぐらいしかやってないってことだもんね
そんなわけない
絶対10回はやってる。
へたしたら年に2回以上やってるあれは。
前回は去年のクリスマスあたりだったぞたしか。

↑1ミリたりとも興味がなくて「うるせえなあ」としか思ってない奴からしたら
ほんとこういう感覚なんでございますよ。
まーたやってるよこないだやったばっかじゃねえかと。

「サッカーで盛り上がってる奴」どころか
てめえ以外のすべての人類とほとんどつきあいがないので
「サッカーで盛り上がってる奴」という存在は、きっと別のどこかの星に生息してるんだろう
ぐらいに長年思ってたんですが、
先日ギャラリー巡りの途中ふらりと昼飯を食いに入った店のレジカウンターに
「何曜日何時から観戦会やります」みてえなことが書いてありました

「サンタクロースってほんとにいたんだ!!!」
みたいな気持ちに一瞬なりました。

子供の頃のような純粋な気持ちを思い出させてくれて
ありがとうワールドカップ(←すげえ棒読みで)

さてー
ヤフオク用イラスト、がんばって完成させました。
ちょっとでも長い時間人目にふれたほうがいいのかな、と
すげえ時間でしたが出品しちゃいました。こちらからどうぞ

新作オリジナルお嬢ちゃんのみ、2点です。
今度こそ間違いなく!!!日曜日の夜終了です。
アイドル2人いるやつは、一度ボツにしただけあってかなり甘々なかんじに仕上がりました。
もう1枚は、まあ「背景」つきで状況が決まってる構図だったので
ほぼ迷いなく、それほど時間もかからずにできました。
スタート価格下げたけど、どうなんだろう。。。
価格とか期間とか、未落札品の扱いについてとか一応いろいろ下調べはしてるんだけど
まあ先輩がたとまったく同じパターン踏むとは限らないし、
しばらくはあれこれ試してみないとわからんね。

というわけで、興味がありましたらぜひご参加ください。

アートメーターのほうも、昨日新作をお店に送ったので
ロフトワークのほうで先行公開しております。
▲ページ先頭へ

■6月21日
あいかわらずというか、歳を重ねてますます重症化している阿呆だな俺は・・・。

再出品したヤフオク、なんと終了時刻を
午前と午後間違えて設定していたらしく(汗

「今夜だな〜」なんて思いながら午前中にパソコンつけたら
もう終わってやがりました(涙
近年の度重なる「ヤッチマッタ」の中でも、こんなにびっくりしたのは久々だ。
何だろう。もういよいよ湿気にやられているのか。
脳みそ液状化して、寝てる間に耳からトロトロ出てるんじゃないのか。

単純にこのことでゲンが悪いから、というわけではないですが
あのメイド見習いちゃんはとりあえず封印します(笑)忘れた頃に出すかもしれんが。
一応、最終的にはうまいことまとめたなーとは思うがじつは、
コスチュームを塗った時点でなんとなく
「スポーツドリンク」
という単語が頭に浮かんで消えなかったのよね(笑)
思っくそビタミンカラーだもんね。もうちとガーリーな雰囲気にするつもりだったのに。

とりあえずオリジナルの新作描いてます。
本当は先週のうちに、これともう1枚描いて出品するつもりだったけど
失敗だと思った時点で心が折れました(涙

どっか盛大にはみ出したとか、そういう技術的な失敗じゃなくてね。
右の子の髪を青くした時点で「あれ・・・だめかも??」とうっすら思ったんだが。
二人とも「アニメ的な、ありえない髪の色」にするつもりだったのに、
意外に左の子が普通っぽくなってしまって、右だけがカツラのように。
んでも最終的にどうにかまとめられないこともねーかなー、と思って進めてたんですが、

左の子が座ってるビーズクッション。
・・・なんであんなブキミな色にしたんだ(汗
なんぼバックに花描いてもこんなもん、フォローのしようがねえよ!!!
ということで、やっとあきらめがつきました。
ただいま再チャレンジ中。(写真左のやつ)
水曜か木曜には出せるといーなー


前回の続きでちゃんとあの後行った美術展の話をするつもりだったのだけど、
打っていたら長くなったので、
&紹介しようにももうその展示終わってしまったので

先に同行者のげんごろうさんのご紹介をしましょう。

アートメーターげんごろう販売ページ

学生画家さんです。アートメーターで見つけた作品に、ひとめぼれしました。
↑このアイコンは、わたしが露店で彼女から購入した作品で勝手に作ってます(笑)
クリックでアートメーター販売ページに飛びます。

その他のweb活動↓
ギャラリータグボート(作品販売)
活動告知ブログ
作品置き場

この人のいいところは、なんといっても型にはまらずのびのびと描いていることでしょう。
こういう感性みたいなものって、絶対まねできないからね。
こういうの持って生まれてる人には、絶対かなわないと思ってしまいます。

まあまだ若いので(なんと歳がわたしの半分!!!)、この先もずっと描き続けてくれるかどうかはご本人次第ですが。
うっすら合同出展の計画なんぞも立てております。
まったく違うジャンルではありますが、きっと気に入る方もおられると思うので
ぜひ一度ごらんになってください。

一昨日ぐらいだったかな、
ロフトワークに販売用でないレトロ画3点上げてます。
あと、アートメーターに新作を送ることになったので
明日あたり先行公開する予定です。
▲ページ先頭へ

■6月19日
えっと、前回落札されなかったイラストのうちのオリジナル・メイド見習いちゃん
開始価格をぐーんと下げて、こそっと再出品しております(汗

突然思いついて手続きした上に、昨日は珍しく朝早くから夜遅くまででかけてたもんで
どこにも告知しなかったら、そのせいか見飽きられたからかわかりませんが
PV数が、前回よりおそろしく少ないです(笑)
1作だけじゃ気が引けるんだけど、やっぱあちこちで告知してこようかなあ・・・
わたし、描き終わったものってどんどん興味が薄れて扱いが荒くなっていくので
安くても気に入ってくれる方がいたら渡してしまいたいんですよ。
もっと、100円とか1円スタートにしようかとも思ったけど
それはそれでまた、前回検討&落札して下さった方々に悪いかなと。
もし興味がありましたら、参加してやってくださいませ。

でー
昨日は、アートメーターで知り合った学生画家のげんごろうさんをお誘いして
原宿〜銀座の強行軍ギャラリー巡りをして参りました。
原宿はちょっと前にも行ったデザインフェスタギャラリー、
銀座は、一応メインの目的地はありましたが他にも目についたギャラリーやお店をプラプラと。
結局昼飯&晩飯&お茶休憩2回(笑)普段1か月の間にすらこんなに外食しません(笑)
すっかり時間と体力の消耗を忘れるぐらい、楽しく充実した1日だったです。

デザフェスギャラリーは、こちらの2人展をめあてに行きました。

My dear girl公式サイト

人物画のほうのににユイチさんの絵をロフトワークで見かけて、かわいいなーと
数か月間なにげにチェックしておりました。
ご両名とも、原画めちゃくちゃキレイです!
でもって!ご本人たちもむっちゃカワイイです!!
『小さな部屋のイメージは、貴女へ贈るプレゼント』
ということで、ぜひともドリーミ〜な世界を堪能&
カワイイお嬢さんたちに会いに行ってください(笑)
ギャラリーのWEST1階の1−Dのお部屋で、24日(木)までです。

銀座のほうのお目当ては、猫造形作家・佐山泰弘さんの個展
「作陶vsウチの猫(コ)たち#8」

猫アート・佐山泰弘ウェブサイト

ギャラリー「ボザール・ミュー」のほうにも紹介記事があります。

とにかく、猫だらけです!猫にまみれてきてください!
わたしは猫は好きですけど、猫の絵や造形にはそんなに興味がないというか
(だって本物がいちばんかわいくてそのいちばんがここにいるんだからいいじゃーん、みたいな)
ストライクゾーンがめちゃくちゃ狭かったんですが、
この方の造られる猫は、まさに「ザ・猫!!」です(笑)
特に写真だと、質感なんかは粘土細工だなとちゃんとわかるのに
猫の目を見ると、一瞬「・・・あれっ!?本物?」と思ってしまいます。

今月初めに別の個展を見に銀座に行った際、偶然この方の作品と出会ったんですけど
その経緯をお話ししている流れで「自分も絵を描いている」ということを言ったら
興味を持って下さったので、げんごろうさんに見せようと持ってきていたファイルを
図々しくも披露してしまいました(汗
まったく違うジャンルで、しかもまともに描き始めてまだ半年のペーペーにもかかわらず
なんだか・・・ものすごくほめていただいたような・・・(汗
何度もくり返しめくって、じっくり見てくださいました。
画廊のマダムも興味を持ってくださって、
「この絵は、こういうところがいいのよ!だからきっと人に好かれるわよ!」と
ありがたいお言葉をいただいてしまいました。
いや〜・・・展示されている方のところへ行っててめえの作品を見せるというのは
けっこう無礼な行為なんではないか、と思ってたんですが、
無駄でも一応持ち歩いてみるものかもしれません。
あと、天気がひどくてあまり混雑していない時間だったことも幸いしたかな・・・

公募モデル作品ではない、オリジナルの陶器作品の販売も行われているので
「オトナな猫グッズ」を探していた方にはぴったりかと。
明日(20日)までですが、お時間のある方はぜひ足を運んでみてください。

とりあえず、続きは明日!
▲ページ先頭へ

■6月14日
ヤフオク、ご覧いただきありがとうございました。
まあ思ってたよりじゃっかん厳しかったですが(笑)
見てる人とリストに入れてくれた人はかなりいらっしゃったので
今後作品そのものも含めいろいろ改善していけば、まだまだやりようはあるかと。
そんなかんじの手応えでした。

さてー
アクリル画2作目、ロフトワークに上げました。
1枚描いたから要領はつかんだかと思いきや、今回は
画面の下半分を埋めた段階で正直、くじけかけました(笑)
上の部分を描かずにずいぶん長いこと放置してあった。

だってこれ、その「上の部分」を楽しみに描き始めたんだもん(笑)
そこが入ってない状態ではもうほんとつまんない画面なんですよ。
ほれ↓

人物描きかけの状態。

塀と猫と人だけ入った状態。
どうだ、地味だろー(笑)

この塀の上からもっさり茂ってるカシワバアジサイをメインにしたかったので、
他はもう路地にあるきったない塀と地味な庶民の少女でよかったんですよ。
んでも
その地味さにくじけるとはよもや、予想だにしない落とし穴であった(笑)

まあでもどうにかある日突然思い立って、
残りをいっきに仕上げました。
ていうか、アクリル絵の具ってパレットに作ってある色もどんどん干からびてきちゃうんで
同じ色を使う部分は、パレットに水をかけながらいっきにやっつけちゃわないと
「途中から突然色が変わる」という悲劇に見舞われるんだが。

そんなわけで、待ってましたのカシワバアジサイ。
ものすごい量だが始めちゃえば苦にはならなかった。
何が楽しいってね、これを描き入れるまではもうほんとにカビ臭そうな、
傘は畳んでるものの「梅雨」丸出しの雰囲気だったのが、
花が入ったとたん、ガラリと「梅雨の晴れ間」になるんですよ。
先に描いてあった部分にはほとんど手を加えていないのに、
こうまで画面の空気が変わるものかと。

先にモリモリっとした立体の形状を色だけで作り、上から
3段階ぐらいの白で花弁を植えていきました。
まあこの描き方も、最初2かたまりぐらい描きかけてから思いついたんだけど。
ちゃんと美術をお勉強してれば、こういうのも教えてもらえるんですかね。
ま、自分で開拓していく楽しみもあるからいいけどね。

この2作は、この先同じ傾向のものを描いていくとも思えないし
買い手がつくような絵なのか自分でもまったく判断つかないので、
一応、購入希望の方は直接連絡くださーい。にしようかなと思ってたんですが、

なんか思わぬところからご連絡いただいちゃいまして(汗
扱いについてはしばし保留となりました。
おお〜。こんなんでも載せるだけ載せとくもんだなあ(笑)

自主的には当面レトロ画とコミック同人系を中心にやっていくつもりですが、
もし「アクリル画ももっと見せろ」とリクエストいただけましたらチョーシこきますので
どうぞお気軽にお寄せくざさい。
▲ページ先頭へ

■6月13日
絵を描いていて、何か足りないものが出てきてユザワヤに行って
帰ってきて作業再開したとたんまた足りないものが出て・・・という具合いで
ここんとこ、ほとんど週一ぐらいのペースでユザワヤに行っているんだが。
今日も行ってきたんだが。

今日初めて知った衝撃の事実。
浦和ユザワヤ、なくなっちゃうそうだ・・・

・・・正確には、「あの場所の建物ではなくなってしまう」だけで
10月8日から線路向こうのパルコの中で再開するらしいんだが。
いやでも。
ユザワヤが、あの建物ではなくなってしまうなんてショックだ。
なんとなくああいう規模でやってる店って、閉店なんかしないだろうと思ってるからなあ。

思えば、初めて行ったのは高校生の頃だからもう20年以上前だ。
まあ実家にいた頃は遠いからそれほど足しげく通うことはなくて、
会員カードとか作って本格的に通うようになったのは、たぶん
アシスタントで東京方面にちょいちょい行くようになってからだな。
マンガ用品は通販と都内で買うのが習慣になってたから、どちらかというと
趣味関係でよくお世話になっていた。

そういえばつい先日、池袋の手作りの殿堂キンカ堂が閉店したニュースをやっていて、
そのかたわら「手作りブームでユザワヤ不況知らず!」みたいなニュースも流れてるんだが

浦和店に関しては、もうほんとに一番羽振りが良かった頃を知ってるから
そのニュースに関しては、マユツバとまでは言わないけど
少しでも景気を上げるためのゲタ履かせじゃねーかなー、とひそかに思っていたわたし。

たしかわたしが独立するちょっと前だから10数年前ぐらいか、
浦和だけで2号館までできてさあ。
本館と2号館と、あと手芸教室の「ユザワヤ学院」は今マツキヨが入ってる建物の上でやってたから、
3つも建物廻せてたってことだもんなあ。
今画材と事務用品とコミック&デザイン用品と額縁と書道用品、あとファンシーグッズも
全部同じフロアに入っちゃってるけど、
あの頃は書道だけでも1フロア使ってた。
服地なんてたしか、一般用と高級品と2フロアに分かれてた。
だから、数か月行かない間に2号館が別の店になってた時も
けっこうショックではあったんだが。

パルコで再開ったって、パルコっていうのはどうしたってああいう店だから
今とくらべたら縮小は免れないだろう。うーむ
寂しさもさることながら、何がはじかれちゃうのか気になるわー(汗

一応今日の時点でわかっている情報。
8月一杯まで閉店セール、6月7月は休みなし。
9月は店を閉めて片づけ&移転作業で
10月8日からパルコで再開するそうです。

ヤフオクにイラスト出品中です。
今日の夜8時〜9時の間に終了です。

「Bodaiju杯」の投票も今日まで!!
▲ページ先頭へ

■6月11日
じつは昨日ロフトワークに上げたゆきやなぎの絵
アップした後でコソーリと画像を差し替えていたりする(笑)

前に途中写真を載せたとき、リキテックスの白は沈んでしまって発色が悪いと書きましたが
あの後画材屋で、一応他のメーカーのも試してみるかーと
ターナーのアクリルガッシュの白を買って、次に描いた絵に使ってみたら
今度は沈まずにちゃんと乗ってくれまして。
よかった今度からこれにしよう、と思ったんですがこの時点では
ゆきやなぎの絵はもう自分の中では終わったものになっていたので、
あれはあれでべつにいいと思ってたんです。

ずっと板に貼ったままの状態でほっぽらかしていて
その後はがしたり取り込んだり加工したりの過程でも、いっさい気がつかなかったんですが
ロフトワークに上げた状態であらためて見たら、初めて

「あれ・・・?
ゆきやなぎの花がぜんぜん見えん(汗」

描き上がった直後は目がくらんでいて気付かなかったのか、あるいは
さらに時間が経過したことでさらなる退色が起こってしまったのか。
どちらにしても、さすがにこれはいかんだろう。
ということで、あわてて仕上がったはずの絵にターナーの白で花を塗り足し
乾かして加工して、何食わぬ顔で再アップしたのでした(笑)

うーん、しかし、そうか。リキテックスは不透明というわけではないんだな。
手持ちのリキテックスの解説書(20年前のもの)には、淡彩・厚塗り両方できるようなことが書いてあるんだが。
よもや20年前には、これを書いた奴自体が不勉強だった、なんてことはあるまいな(汗

さて
この間の続きで、少女画バージョンのバナーを作りました。







使った絵が全部ダメージ加工入りのレトロ画だったもんで
なんだかみんな同じような仕上がりになってしまった(笑)
よろしければダウンロードしてお使いください。
コピック画バージョンも絵の枚数がたまってきたら作ろうかな。

ヤフオクにイラスト出品中です。
日曜の夜終了です。

・・・あ!それと

4月頃告知してた、「桜 Exhibition 2010」の続きというか巡回展で
大阪のBodaiju Cafeで行われたポストカードコンテスト
「Bodaiju杯」に出品しまして、今投票が行われております!

ええと・・・
桜 Exhibitionがアメリカにも行くっていうのは知ってたんだけど、
最初の展示会に参加したら自動的に持ってってもらえるのか、
それとも賞とった人しか参加できないのか、そのへんよくわかってなかったんだけど

どーやら、
「あらためて参加費払えば同じ作品または違う作品で参加できる」
ということだったみたいなんですが。

この、「Bodaiju杯」で得票3位ぐらいまでに入れば
そのアメリカの参加権が、賞としてもらえるらしいんですな・・・

いやあの・・・ぶっちゃけ、参加権があろうが参加費払えようが
わたしの場合、最大の問題が
「入稿するためのデータがちゃんと作れない」
なもんで(涙
(正確には、むこうの指定するとおりのデータを作れるソフトを持ってない。)
どうしようもないっちゃないんですが・・・・・・

とりあえず、ポスカ展の全参加作品見れますので
よろしければ行ってみてください。こちら
で、よっぽど気が向きましたら1票を(笑)

いやあ4月の東京展でおのれのダメさを嫌というほど思い知らされたんで、
大枚はたいてでもリベンジしたいのはやまやまなんですが〜〜。

・・・どなたか、正規版フォトショを一瞬だけ貸してくれませんかねい??
▲ページ先頭へ

■6月10日
え?ほんとにこんなんでいいの?
ってぐらいあっけなく回線付け替えの工事も終わりまして、
快適環境にて無事ネット復帰しております。

なんかね
今まで5メガだったのが40メガになったらしいんだけど、ジェイコムの人に
「今時5メガなんて・・・これからは快適になりますから!」と言われたんだが
実際のとこどうかというと、
たしかにアウトルックが立ち上がってからのメール受信の速度とか、
ブラウザが立ち上がってからのwebページの表示速度とか
それ自体は、ちょっとは速くなってると思う。
・・・が

これらを含めあらゆる搭載ブツの立ち上がる速度が、そもそも
わたしが溜め込んでる膨大な画像データがメモリ食ってるせいで激遅なので
「速くて快適になったなあ〜!!!」
みたいな実感は、まあほぼ皆無・・・とは言わないが(笑)
「ああ・・・そーだね、速いほうかもね」ぐらいのもんだったり。

いや、だってこちとら
「モデムが落ちなくなる」のが何よりありがたいという状況でしたから(笑)
速度云々のずーっと手前の問題だったっていう。

まあとにかく待ちに待った「普通の」ネット環境がやっと戻ってまいりましたので、
さっそくヤフオクにイラストを出品いたしました。
こちらでーす。
このページの一番上の王冠アイコンからも行けまーす。
日曜日の夜終了予定。

「ええ!?なんでコレ!?」っていうのを描いているので(笑)
びっくらこいてもらえたら本望です。
すいません、なんかはまってるんですあの人たちに。

最初あの番組を見たときは、「まーなんてこれ見よがしなキャラを作ってるんだろう」と感心したんだが
あまりにもターゲットがあからさまなんで、自分には関係ないと思ってた。
ていうか、番組の内容自体「これって意味あるかあ?」ってかんじだったし。
どうせすぐ見なくなるし番組自体もすぐ終わるだろうなあと思ってたんですが
いやいや思いのほか続いてますねえ(笑)
わたしも気がついたらなんかしょっちゅう見てるし。
あれのいいところは、つまらない&興味がない曜日やコーナーはべつに見なくていいってとこですな。
ちなみに最近のお気に入りは「変な間取りランキング」。

で、試しに画像検索かけたら、ヤフオクではいなかったけど
アダルト系でけっこう描いてる人いるみたいなんで。
じゃー乗っかれるうちに乗っかっとこうかなと(笑)
なにしろキャラ設定がほんとにこれ見よがしなんで、いじりやすそうだし。
「青が一番人気」っていうのもまさに思うツボだよね。

あとオリジナルのほうでも、当面は
「ギリギリアダルトに行かない健全エロス」に挑戦してみたいと思っております。
ていうか、普通にハダカより服描くほうが楽しいんで(笑)
現時点でオリジナルのみ線画準備中。

あと、ロフトワークのほうにも新作上げてますので
興味のある方はどうぞごらんください。
▲ページ先頭へ

■6月6日
今年の初ごきぶりが出やがりました(怒

家の中で繁殖されるような条件では暮らしてないつもりなので、
たぶん、外から入ってきた1匹2匹がいるだけだとは思うんだが。
この建物、鉄筋ではあるがもう経年劣化で歪みがひどいので
窓とかちゃんと閉めても、1〜2ミリの隙間は普通にできちゃうんだよね(涙
ま、隙間がなくても換気扇だの排水口だの奴らが入ってこれる通路なんていくらでもあるわけだが。

他の虫とくらべてごきぶりの何がこんなに憎いかって、考えてみたんだけど
あれだよね

奴が1匹出たらもう、奴の出た家ってわたしの家じゃなくて
「ごきぶりの家」になっちゃうんだよね。

感覚的に、「ごきぶりの家に住んでるわたし」になってしまうという。

ただでさえ「猫の家」に住んでるようなもんなのに。
いや5キロもあって毛がもさもさ生えてるやつらとは、まだ生物としての共通点が多い分共存もできるが
「踏み潰せるサイズで黒くてテラテラしてるやつら」は無理だ。
しかも動くとカサカサいうなんて。
カサカサいうことで存在を主張するとは、なんと姑息で卑劣なやつらだろう。
あの大きさもいかん。
大きすぎず小さすぎず、まさにジャストサイズで
「そこに居られると気持ち悪い大きさ」なのだ。

って、こんな文を打っていた今まさに目の前に出てきやがったので
ぶっころしてやりました!ハアハア。

気休めにしかならんが、今年もゴキホイ仕掛けまくるしかないかしら。

さて
BLページとギャラリーを作っている流れで
もうずいぶん長いことサイトのバナーを作っていないことに気がついたので、
とりあえずいくつか作りました。

少女画のほうはまだもっと使いたい絵柄があるので
まずはBLのほうだけ。
ま、ブログが主流になってしまった昨今では、バナー並べたリンクページってのも
作る人自体あんまりいなくなってるだろうなあとは思うけど。
一応、web関係のデザインのトレーニングってことで。

そういえば、このページ下に一応数字非表示のアクセス解析がついてるんだけど
これもじつは、今年初めにサービス終了になってるんだよね〜(笑)
たぶんサーバはそのまま放置されてるかなんかで、
解析自体は今でもちゃんと見れるんだけど。
でも終了と言ってる以上それもいつまでかわからんから
近々どっかに乗り換えないといかんですね。

今でもたまーに「キリ番の方にイラストプレゼント」なんてやってるサイトを見かけて
やたらなつかしい気持ちになります(笑)
▲ページ先頭へ

■6月4日
ほれ。だからこういうことなんですよ。
デザイン考えるとき、一応こういう配置もラフスケッチでは描いてたのに
なんで一回4分割のほうで作ったんだろう(笑)
とりあえず本人は勝手にすっきりしました。

BLページと少女画のメインギャラリーも水面下で進めてはおります。
こういうのって、エンジンかかるのはどうしても遅いけど
なんか面白いと思えるスイッチが入る瞬間てのはありますね。
なんだかんだいうても、ジャンル問わず「モノを創る」ということは好きなんですなー

昨日ロフトワークのほうには上げましたが
アートメーターにレトロ画作品送ったので、先行公開してます。
興味のある方は、こちらのポートフォリオからどうぞ。

ロフトワーク、何か更新するとトップページにちょっとだけ載れるんだけど
やはりブログに少女画入りの記事を書いたときが、いちばんPV数が上がるなあ。
まあ、たまたま他の人たちもばんばん更新してる時間に当たっちゃったら
訪問してもらう間もなく記事流れちゃうから、多少運もあるけど。
でも最近ではアートメーターの掲示板にも先行公開の告知を書き込むようにしてるんで、
意外とそれを見て見に来てくれてる方もいるのかもしれないですね。ありがたや〜


ていうか、はとやまさんやめちゃって超うけた(笑)
もうあれだよ

どこまで段取りできてたんだろってはなしだよ

あのー、沖縄基地のはなしなんかさ
どうみても最初っから着地点動かす気なしでやってたじゃないすか。
「沖縄や徳之島の人を怒らすほうがアメリカさん怒らすよりぜんぜんまし」
というナメっぷり丸出しでさ

この人トップに立ってるのになんでこんなに憎まれる覚悟ないんだろうと。
何不自由なくちやほや育った子ってそーゆーもんなのかなーと
ずっと不思議に思ってたんだが

もしかしたら最初っからあいつ
「これ終わったらやめていい
この問題で憎まれるだけの役」

としてキャスティングされてたのか??

だとしたらそりゃこれ以上ない配役ではあるが。
ああいう、何言われても他人事みたいにのらりくらりの天然おぼっちゃまキャラって
怒りの矛先も鈍りがちになるもんねえ・・・

この間原稿整理したついでに、森園みるく先生の暗黒セレブ漫画を山ほど引っぱり出して今読んでるので、タイムリーにも今政界の暗黒部分を推測するのが面白くてしょうがないです。
▲ページ先頭へ

■6月1日
テレビだけはやっとまともに見れるようになりました。
あと、謎だった「録画機を通すと画像がアナログレベルになってしまう件」についても
解決方法を教わった。
あとネットのほうの回線も、来月つないでくれるそうだ。

結局プロバイダは乗り換えということになってしまい、しかも
ジェイコムを使えるのはこの建物にいる間だけ
(次に引っ越した先もジェイコムに入っているならどうにかなるかもしれんが)
という、じゃっかん縛りの多い状況にはなるけれども

なんか、プロバイダなんてよっぽどのことがないかぎりずっと同じでいいと思ってたんだけど
あれですね

この10年の間に、ODNってプロバイダの会社としてはもう
すっかり化石化してたらしいですね(汗
「使ってる奴まだいたのか!」ぐらいのマイナー度になっているらしい(笑)

まあそういうこともあり、
唯一の問題点だったメルアドも、その分の使用料だけ払って継続できるらしいし
ODNの解約以外は全部ジェイコムの人が手続きしてくれるそうなので、
それなら、と乗り換えちゃうことにしました。

これでやっと回線落ちのイライラともおさらばできるし
電話なんかも全部ジェイコムでまとまるらしいので、
今までNTTとODNに払ってた分の合計よりも
月あたり1000円以上は安くなるそうだ。

(ただ、その分建物をいじる費用が大家さんに負担が行ってるので
今後の状況によっては、その分が家賃にはね返ってくる・・・みたいな心配も
ないともいえんわけだが。)

「他のことをしてても気になっちゃって集中できない要因」のひとつが
これでどーにか解決に向かうわけでして、
一応webのほうもいじりつつありまして
(んでもやっぱ有りモノをいじるのって、1からモノを創るのにくらべると
いまいち面白くなくて続かない・・・)
そうやって「放置しすぎてストレスになっていること」をいっこいっこつぶしていくしかない!
ということで

デザフェスのために引っぱり出した昔のBLコミックス原稿の箱の中身を
物置部屋にほとんどぶちまかした状態でほっぽらかしてあったのを
さっきようやく片付けました(笑)

でも展示用に額装したやつは、結局全部そのまま。
というか、会場から戻ってきた箱を開けてすらいない(笑)
だって、全部額から出して、商業原稿と同人原稿と分けて、サイズごとに収納して、
額は額でまた使えるように収納して・・・なんてやってたら
軽く1日ぐらいかかりそうだし、収納場所もまた迷ったり場所食ったりしそうだし。
いや額はいずれ再利用する気ではあるけどね。

あと
不用品・多肉植物ともにずいぶん長いことヤフオク出品できなくて
えらいたまっちゃってるので、とりあえずネット環境改善できたら再開したい。
で、
ついでにってわけじゃないんだけど

絵の販売、ギャラリータグボートさんとヤフオクにも進出してみようと思います。

タグボートは一応アートメーターと同系のものでいくつもりだけど、
ヤフオクは同人系萌え画で。
↑じつはずっと前からやってみたいと思ってた。

同人系やコミック系じゃないイラストや絵画ってヤフオクではどうなんだろう、
と思って一応ざっと調べたけど、やはりよっぽどネームバリューでもないかぎり
「競りを成り立たせる」まではいかないっぽいですね。
というか
逆に同人系のほうに出品されてるものでも
「これ同人でもないじゃん?ぜんぜんまともに絵画作品として成り立ってるのでは??」
ぐらい上手い人とかもいたりして。
だったら、まあわたしに買い手がつくかどうかはさておき
とりあえず入り口としてはこっちのほうがいいかなあと。
もちろん、ある程度は需要とか買い手の好みとか読まなきゃいかんけど
幸いそういう制作手法にもエロにも別に抵抗ないしね(笑)
「できるんじゃないかなあ」と思ったからこそやりたかったわけで。

両方ともぼちぼち描き進めてはいますが
タグボートのほうは初期費用がかかるので、ヤフオクに先に出してみて
もし売れたらそこから費用を出そうかなと考えてます。

あーそれにしても!
テレビと録画機の受信状態を気にしなくていい生活って
なんて快適なんでしょう!!!(笑)

でもこれもきっと、1か月もしないうちに慣れて当たり前になっちゃうんだよね〜・・・
▲ページ先頭へ

HOME  倉庫