HOME  倉庫

DOKUPARA扉ログ/2010年9月

■9月26日
先日オカンが絵のお礼の電話をくれたときに
「近いうちどっかから新米が手に入るはずだから送る」と言われていて
それが今日届いた。
小さめの箱だが2〜3キロの米だけを送るには大きいので、
ついでにまた何か野菜でも入れてくれたのかな、と思って開けたら

ぎっしり米だけが詰まってた。

・・・だ、誰か、
うちのオカンにスイカの件バラしました・・・?(汗


さて
今日は、前々から気になっていた井の頭公園アートマーケッツというのを
見学に行って参りました。
いろんなクリエイターさんのブログでちょいちょい記事や写真は拝見してまして。
でも、どなたもほとんど自分の店の写真しか載せてないので
全体の雰囲気とかはわからないから、なんとなーく
「毎週やってるらしいし、あくまで公園の常設の露店ってかんじ?」
というイメージを勝手に持っていたのですが

ぜんぜん違いましたね。

縁日並みのすごい賑わいでした。
ヘタしたらデザフェスの会場内にも劣らないかもというぐらいの人出。
(もちろん規模はぜんぜん小さいですが)
まあ、その企画とは別の歌ったり踊ったりのパフォーマーもいたり
あと猫の里親探しイベントなんかもやってたりで、
公園自体がそもそも「週末は来ればかならずなんかやってる」というのが周知されている感じがしました。
(あと巷で有名な、マンガ朗読パフォーマーのおっさんも見かけました)
あんなに人が来るならやりがいもありますね。
何人かの出店者さんとお話ししたり、ポストカードとか何枚か買いました。
風景画を描かれているマダムが
「うちのスペースで作品売ってもいいですよ」と言ってくれたんですが、
まさかそんな図々しいことまでは考えてなかったので聞き流してしまった(笑)
ちゃんと連絡先とか聞いてくればよかったな・・・

さてー
単純に見てみたかったっつうのもあるんですが、何のための見学かというと
もちろんデザフェスもですが、
10月11日(月)に、アートメーターの店舗前スペースで行われる
アートフリマに出店することになりまして。

一応屋内イベントや高円寺での露店は経験ないこともないんですが、
地べたで、それも1m×1mなんつう小スペースは初めてなので。
何かコツのようなものがあったらぜひぜひ盗んできたいなあと。
短い時間でしたが、あれこれ見聞きして参考になることもたくさんあったので
実践に生かしていきたいところです。
でもまずは、何はさておき作品をつくらねばな。

その件と、あと10月1〜3日に
高円寺の「ギャラリーえん」にて、
先日造形作家の方からご依頼いただいた妖精の絵を
3Dに作った作品が、グループ展にて展示されるそうです。

このへんまとめてブログのほうに載せておきますので、
興味のある方は、このページ右上のクリップからどうぞ。
▲ページ先頭へ

■9月23日
さっき、今夜と明日もずっと雨だとわかったので多肉に雨カバーをかけていたら、
玄関前の猫エサを食べに来たケモノがいた。

書きそびれていたけどじつはこの家、庭に猫小屋が作ってあって
うちの白黒猫とは別に実質あと2匹、わたしが飼っている状態になっている。
わたしが最初にここに入居した年の暮れ頃に、庭で野良猫が産んだ子供たちで
それからずっと大家さんが面倒みて育てていたのだが、なにしろ
「飯はねだりに来るけどそれ以外はほぼ野良」という育ち方をしているので
大家さんも連れては行けず、そのままここで建物の住人が飯をやることになったのである。

で、
来た奴は色が黒っぽかったので2匹のうちの三毛のほうかな、と思ったのだが、
どうも違うような・・・
というか、大きすぎる。三毛はもっと小柄だ。
新顔だろうか?だったらかわいそうだけどあんまり食べさせるわけにいかないなあ、
と思いつつ様子を見ていたら、
そのケモノが動いて、横顔が見えた。

・・・え??

猫って横から見ると、
あんなに鼻が長く尖ってましたっけ・・・??


・・・・・・・・・。


どう見ても、タヌキだったんですけど


・・・いや、タヌキいてもいいんですよべつに。
同じ県内の実家のほうでは、ちょっと藪の深いほうへ行くと
狸もイタチもキジもコジュケイもまだまだ普通に出会えましたしね。
このへんもまあ、住宅街抜ければ近くに森っぽい地域もありますしね。
・・・いや、でもー・・・(汗

こんな密集地に出るかなあ・・・
10年住んでて1回も見たことなかったっすよ。
あれか、都会に猿が出没してるのと同種の現象か??
そんなに食うもんないんだろうか。
そういえば大島弓子の猫エッセイでも、タヌキが猫エサ食べに来た話あったなあ。

どっちにしろ、先住猫たちが負けて追い出されたらかわいそうなので
餌付け状態にするわけにはいかんのだが・・・。


例の風景画、届いたとオカンから電話がかかってきた。
めずらしくほめられた(笑)
「家が1軒1軒描いてあるのがいい」と。
あ、やっぱりあれは朦朧体にしないでちゃんと描くんで正解だったんだ(笑)
撮影者の意図を酌めたというのは、「写真から起こした風景画」としてはまずまず合格と思っていいかも。
▲ページ先頭へ

■9月21日
はい。ということで完成しました。
最後のほうはもう「要領わかったしゴールも見えたんだから今急がなくてもいつでもできんじゃーん」という悪魔のささやきとの戦いでした(笑)
とにかく最初に頼まれてからの年月を思い起こしておのれのケツにムチを入れ。
・・・そう、これ、最初に写真送られて頼まれたの、2008年なんです(笑)

アートメーターに登録したりでちょっと仕事以外の絵を本格的に描こうと思って、
正月の帰省に実家にも何か持っていってやろうと、
これも以前に母親が写真を送ってきたふきのとうを描き始めて
電話で「絵描いてるから持ってってやる」と言ったら、
「じゃあどうせ描くならこれにしろ」と
その年に行ったらしき海外の写真を送ってきやがりまして。
まー見た瞬間「無茶いうなあほおおおお!!!」とは思ったんですが(笑)
でも正直、ちょっと挑んでみたい構図ではあったし、
何より「できない」と母親に言うのは絶対に嫌だったので(笑)
一度はザセツしつつも、1年半を経てリベンジにこぎつけたという、ほとんど執念の1枚。


というわけで、執念で家並みを埋めました!
っつっても途中からは目が慣れてきて、色や陰影で遊ぶ余裕もありましたが。

これでも描きながら、ヘタクソなりに考えるところがありまして。
・・・ええと、基本的なところでいうと
「風景画って、単なる写真の模写とは違うよね?」とか。
まあ「人物画と似顔絵は違う」みたいなはなしなんだけど。
違うほうがいいんだろうなーとはなんとなく思いつつも、
じゃあどこをどうしたら違うものになるのか、
人が見て「風景画だ」とわかってもらえるのはどこが基準になるのか、
そもそも実際の風景を知らずに1枚の写真だけをたよりに描く絵を
「風景画」にまで昇華させることは可能なのか。

・・・というかそれ以前に、模写としてすらヘタクソすぎるわけだが(汗
じゃあ模写にも及ばない腕前で描いたものが、はたして風景画として認められるのか。

で、
阿呆なりに出した結論↓

とりあえず、この図に関しては「カワイイ」を目指そう。

・・・なんだ結局テメーはそれか。
と言われそうですけども(笑)
でもこの家並みって、かわいくないすか。
なんかちょっとミニチュアっぽいというか遊園地みたいじゃないすか。
きっと、この写真撮ったオカンもそういう気持ち、あったと思うのね。
山と緑にはさまれて、おもちゃみたいなカワイイ家並み。
あー、じゃあ、そういうことでいっか。と(笑)

↑これを決めるか決めないか(他人に伝わるか否かは別として)が案外
「意図した絵」と「単なる模写」の違いだったりするのではないか。と。
阿呆なりに思ったわけですが。
色や陰影で遊ぶというのも、そのへんを基準にしたわけです。


でもってやっっっと、お楽しみの森の木々。
これはわりとあっというまでした。
一応気になってた、背後の山の木々の描き込みすぎだけど
家並みと手前の森を入れたらそれほど気にならなくなったので、
手を加えるのはよしました。

ちなみに
なんでこういう描き方になっちゃったかというと、
参考にしてたメイキングが、この人のだったから(笑)

もちろんこの方の作品はこんなもんじゃない、もっとすんげースーパーリアルですが。
(しかも、当たり前だけど遠景はちゃんと抜いた描き方してあります)
まーこういうこまごました図のメイキングが、手持ちの資料ではそれしかなかったんでね。
というか、
「資料がない」という時点で、そもそもこんな図描く画家いないっちゅうことじゃないのかと(笑)

で、上の写真は95%ぐらいの完成度。
この後ずっと迷ってた空のムラを思い切って上塗りし、
あとびみょうにだまし絵になっちゃってるとことかを修正。
完成図、ギャラリーにどう収納するか決めかねてるんで
とりあえずここ置いときます。

どんなもんでしょーかね。
まー依頼人は絶対喜んでなんざくれないのわかってるんですが(笑)
自分としては、上でも言ってる家並みのかわいさと、あと
日本とは違うカラッとした空気感が出てればいーかなーと。
無茶苦茶ハードではあるけどいいトレーニングにはなりました。
長らくのおつきあいありがとうございました。
▲ページ先頭へ

■9月20日
そういえば数日前、ちょっと面白い光景を見た。

最寄り駅の近くの、商店だの住宅だのが密集してる地帯に
ビジネスホテルが1軒あるんですが、
密集地だしそんなに大きいホテルではないので
道から建物の入り口まで2メートルあるかないかぐらい。

そのわずかな地帯に、何十台ものブラウン管テレビが
ごろんごろん置かれておりました(笑)

・・・全館一斉ちでぢ対応化ってやつですか。
めったに見れる光景じゃないんで写真撮っとこうかと思ったけど
必死で運んでる人達に悪いからやめた。
しかしほんと迷惑なはなしだよね。
ものっすごい台数いっぺんに買い替えだもんね。
地方の温泉旅館なんか、とても予算が組めないって言ってたし。

さて
アクセス解析をつけてみたらいろいろと面白い発見があるわけですが、
一番上にごちゃごちゃついてるこまかいリンク。
こんなのほとんど気づかれないんじゃないかなあと思いつつ
一応必要だからとつけといてるんですが、
意外に開けてみてる人多かったり。
で、
右端のクリップのアイコン、こっそり行き先を入れ替えてます(笑)
あれがリンクボタンであること自体何人ぐらい気づいたかわからないけど、前は違うところにつないでました。
今つないでるところは、基本的には外部からお客さんを呼ぶための宣伝所なんですが
製作途中写真とかもこれからはあっちでやろうかなあ・・・と考えてます。
やはり、何かしら見て面白いモノは載せとかないと、人を呼ぶもへったくれもないもんで。
例の風景画は、こっちで始めちゃったんで最後までこっちでやりますが。

で、それ今日がんばって描き上げました!
一応もう一晩板からはがさずに寝かせて見直して、
それから完成品をスキャンしてアップします。
▲ページ先頭へ

■9月18日
オカンにメール送っといたけど、じつはかなり前にもらったメールから送り先アドレスを出したので、もしかしたら今はアドレス変わってて届いてないかもなあ・・・と思っていたら、昨日催促の電話がかかってきた(笑)
ごめんまだ描き上がってないよー。
あまりに手が停まるので、これはそろそろちょこっと少女画に戻って
準備運動と並行でやったほうがかえってやる気が戻るんじゃないか、
と思ってこんなのを描いてみた


右のやつは1992年というサインが入っております(笑)
ええ、アタイが描いたもんだす(汗
前にもどっかで書いたけど、このへんの「少女漫画家をやりつつ仕事とも同人とも関係なくひっそり描きためてた頃の少女画」って、もうほんとにヘタクソはいうにおよばず意味不明でブキミなのがほとんどなんだけど、これはその中ではまだそうとうましなほうではある。

そんなものをわざわざ描き直しました(笑)

しかもじつは、一度描きかけて八割方描けたところでやめて破棄している。
何がいけないかって、やっぱりこの意味不明さに引っぱられるのだ。
人物の表情もあいまいだしどこ見てんだかわからないし、
ポーズも手に持ってる物も意味がないし、服や髪形にも方向性が見えないし
花に至ってはあきらかにちゃんと描く気がない。
それらはすべて、描いたわたしの当時の不安感であり自信の無さのあらわれなわけでさ。

描き直すにあたって、最初そういうあいまいさまでも「この絵のテーマ」として含めようとしてしまっていたのだけど、八割方描いてみて「いややっぱりそこは違うだろ」と気がついた。
で、あらためて縛りを「服と髪型と花と色」だけにしてみた。
(ちなみに上の写真はまだ仕上げ前の未完成です)
うむ。
「描き直す」っていうのは、この場合、当時の自分が「本当はもっとこう描きたい」と目指していたであろうところへ今現在どれくらい到達できているか。ということを確かめるためにやっているわけだから、そこは単純にヴィジュアルのみの縛りでいいんですよね。
まー元の絵がアレだもんで「レトロ」というよりは完全に「ダサい」ではあるが
この条件にしては、まあまあの出来だと思う。花はアネモネにしてみた。
あ、あと先日買ったF3スケッチブックの描き味を試すという目的もあった。
描いてみて初めて気がついたが、使い終わったやつよりかなり紙が厚い。
もっとペラいんでよかったなあ。
前のはメーカー名が書いてないし買った店も違うので、まったく同じものは買えないかもとは思ってたけど。

・・・ちなみに92年の絵、F6に描いてやんの(汗
あんなに自信がなくてちゃんと描く気もないの丸出しのくせに、
なんでそんな埋めるだけでも苦労するようなサイズを選ぶんだ・・・
若さゆえのバカさってほんとおそろしいな。

さて!
アートメーターにて新作売り出されました。
今回はどういう風の吹きまわしですか、めちゃくちゃ段取り良くてびっくりですわ(笑)
だってこれ↓13日の時点でまだうちにあるんだもんね(笑)
しかも、ありがたいことに「月刊あねもね」の4点は早くもお買い上げいただきました。
こーなると、残りの手持ちの「あねもね」もどうしようか迷うところだが(笑)
展示用に「夏物」を残しておきたい、という判断だったんだけどあと2枚ぐらいは出しちゃおうかなあ??
▲ページ先頭へ

■9月15日
わりと自分以外にはどうでもよさげなこまかいところをいじくっております。
まあ個人のサイトなんてそんなものよ。

高円寺の委託販売のコーナー、ほぼ完成をみたので
↑上のカンバン画から行ける少女画コーナー扉へ移しました。
阿波踊りの写真とかも上げてますので(露店レポ2の途中から飛べます)
興味のある方はどうぞごらんください。
そのコーナー扉自体もちょいちょいいじってたり(笑)
あと上のカンバン画もだまって替えてたり(笑)
ちなみに↑に使ってる絵は、「月刊あねもね」の28号です。

あと、アートメーターに原画を送ったので先行公開として
少女画展示室に「夏草少女」4点アップしました。
ハガキを縦に伸ばしたような、小さいサイズの絵です。
でもって、ワンクッション置かれるとイラッとする人もいるかなーと思い
少女画展示室と月刊あねもね置き場への直行ボタンもつけてみました。
絵なんかひととおり見たからいいよって人も、たまには見てやってくざさいね(笑)


昨日がんばったので、家並みあともうちょっとだ。
でもってこんな小さいサイズなのに、紙パレットの2枚目がもうすぐ使い終わる。
アクリルは伸びが悪いのでどうしてもチューブから多めに出すし、
出した分は余っても捨てるしかないので、貧乏性な人には向かない画材だ。
▲ページ先頭へ

■9月13日
久しぶりにアートメーターに作品を送るので、
久しぶりにメッセージカードをつけることにしました


そうか、こういうところでも宣伝すればいいんだ。
と今さらながら気がついたので(笑)ちゃんとデザインしてみた。
作品見本も兼ねて、プロフィールとかも入れてあります。
半分に折ればちょうどハガキぐらいの大きさになる。
もっと、手書きでひとこと書けるスペースとか作ればよかったかなーとも思うけど
まあ今後改善していけばいいや。

今回の出品は、7月に最初に高円寺のお店に出してた「月刊あねもね」4点と
8月に露店用に描いたミニレトロ画。(の、既定サイズに合うものだけ)
この後「月のうさぎ」「地上のうさぎ」も出す予定で、あと二つ枠が残っているので
そこには何か新しく描こうかなあと。
「月刊あねもね」の22〜29号は、一応デザフェス用に手元に残すことにしていますが、
もし直接譲ってほしい方がおられましたらご連絡ください。


土日ほとんど描けなかったのでちょっとがんばろうと思ったんですがー
・・・飽きました(笑)
F4なのに、この間のF8よりも埋まらない。


まーこんな描き方してるからですな(笑)

山、もっとなんとなーくモリモリっとしたかんじでいいと思ってたんですが、
写真をよく見てたら、木の1本1本が見えてきてしまったので
思わずムキになってこまかく陰影をつけてしまった・・・
前景も入れてから、もしあんまりうるさいようならフィルターかけて薄めます。

だいぶ山が埋まってきたので、左端に、試し描き的に建物をちょっとだけ入れてみました。


写真で見ると、上のと見分けがつかない(笑)
一応家並みの向こう側のキワまで山の描き込みが終わったので、
さあこれから地獄の家並みに入るぞーという段階。


わかってたけど、難しいね〜〜〜建物。
山や木のほうが得意なんですよーというのがモロバレな図だ(笑)
一応、1軒1軒完成させていくと出来にバラつきが出るし色を作る効率も悪いので、
白なら白、グレーならグレーを全体に置いていくようにはしている。
画面全体で見て目立っておかしいところがなければいいと思っているので
建物1軒ずつのパースはあまり気にしてません。
本当は、もっと色をかたまりでポンポン置いていって、離れてみるとちゃんと景色に見える、
みたいな描き方がしたいんですがー
おそらくそういうのは枚数こなさないと無理でしょー。まあ高望みはすまい。
とにかく今は、手前の木を描くのを楽しみに、がんばる(笑)

水曜日がオカンの誕生日なんですが
この調子だととても明日中の発送は無理どすな(汗
ま、「描いてるぞ」ってことだけメールしとくか。
▲ページ先頭へ

■9月12日
昨日は戻り猛暑の中かなりいろんなところへ寄ったので、
帰ってきて風呂に入ったらもう絵を描く気力残ってませんでした〜
創作意欲みたいなもんはもうガンガンにわいてたんだけどねい(笑)

まず最初に予定どおり高円寺のお店に商品引き取りに行った後、
銀座の一枚の絵ギャラリーで、小野月世氏の作品展をみてきました。
水彩の淡彩でものすごくキレイな花とか描く人です。
うーん、さすがに美しいでございます。
でもって、会場が、今までこのギャラリーでは見たことがないぐらい
マダムだらけでした(笑)ご本人いらしたのでサインもらってる人もいた。
でも
自分でも「あれ・・・??」と思ったんだけど、
以前の王軍氏のときも思ったけど、
花の絵よりも、風景画とかのほうに惹かれてます。
今たしかに自分が風景画描いてるけど、王軍氏のときは描いてなかったし
もちろん風景画家に転向しようなどとはまかり間違っても思わないので(笑)
それが理由じゃないですね。
なんだろう、単に歳くって好みが変わったってことか?
まーたしかに、こんなにたくさん絵を見まくってなかった頃は
風景画なんて描いてる人いっぱいいるし正直あんまり違いがわかんねーや
なんて失礼なこと思ってたからなあ。
若いって、ある意味もったいない(笑)

その後、一応ネットで調べていった作品展のうち、銀座6〜7丁目近辺だけ何軒か見て
ふたたび地下鉄に乗って、新宿世界堂に行きました。
ちょっと最近、やっぱり大きめのベニヤパネルがもっとないと不便だなあと思ったのと、
この間使い切ったF3のスケッチブック、やっぱりあると便利なので買いたかった。
で、いろいろ見ていたら
高級水彩紙の少量パックというのが売っていたので、思わず衝動買い。
今まであんまり「いい紙」って興味なかったんですけどね。
だってスケッチブックとかブロック状になってるやつって、表紙ついて何十枚も入って
何千円もしたりするし。
「無駄にできない」とびびって手が止まるよりも、やっすい紙で気兼ねなくじゃんじゃん描いたほうがいいと思って。
(ちなみにF3のスケッチブックは、いわゆるお手軽スケッチ用の安いやつですよ)
んでも、枚数もお値段もかなりお手頃だったので、
「たまには使ってみようか」という気になりました。
10枚入りだと思って帰ってきてよく見たら12枚入りだったので
思わず得した気分になる安い俺様(笑)
でさ

その紙とF6パネルとスケッチブックの3点で、1500円は超えるなあと思ってたら、
1000円ちょっとで買えちゃいました(汗
世界堂って今なんかすごいセールでもやってんの??と思って調べたけど特に何も書いてない。
今ほら、浦和ユザワヤが閉まってるし再開しても縮小してるかもしれないから、
安くなってるなら正確な期間が知りたいんだが〜。

こんなにゼニカネのことばっかり言う奴が銀座なんぞに行くなよ、
というツッコミは、そっと心の中でお願いします

さて!
イラストギャラリーの「月刊あねもね」コーナー
どうにか今完成してる分は全部つながりました!!
表紙作るとときどき表紙も更新しなきゃなんないんで(笑)
最新作のページから入るようにしました。こちらからどうぞ。
あとそれ以外のギャラリーも、ちょっとだけですが抜けがあったのとか足したので
よろしければこちらから。(あいかわらずメニュー下半分がまだだけどね・・・)

しかしケツ据えて作り始めたら、他にもいろんなとこが気になってきちゃって
あっちゃこっちゃに残ってたとっくに死んでるゴミファイル捨てたりとか、
なかなか進まないし終わりませんな・・・(汗
でもこういう機会にでもやっとかないと、ほっとくとたまる一方だからね〜
▲ページ先頭へ

■9月10日
昨日も1日パソコンいじりたおしで、さすがに夜は疲れたので
例の風景画を描きすすめてみました。


これはたしか朝か前日までの作業で、エンピツでアタリを入れたとこ。
山のラインと、家並みや手前の森の分量配分重視で、細部までは描いてません。
これを練りゴムで薄めてから塗り始めました。
あ、ちなみに前回見本写真の手前に写っていたグラウンドは除外するつもりだったので、
写真の下と左を折って隠してます。


空を塗って、山と森に粗く色を置いてみました。
こんなに何もない空って描いたことないから、難しい!!
これ海外なんですけどねー。
技術的にムラなく塗れないのは言うまでもないが(笑)
実際に行った場所じゃないから、たぶん日本の空とは違うんだろうなあとは思いつつ
写真から想像するしかない。

ところで、今回この段階はもちろん下塗りでしかないんですが
子供の頃はそういえば、技術的にこのぐらいがもう「完成」でしたね(笑)
自分でもひどいなあ、なんでもっと上手い絵にならないかなあと思いつつ
こっからどう手を入れていいかがどうしてもわからなかった。
なんてことを思い出してうっすら嫌な気持ちになりました(笑)
とっとと乾かして次へ行く!


このままでは山の細部が途中で行き詰まると気づき、あらためて
エンピツで家並みをこまかく描き起こす。
こまかくといっても、見本写真の解像度が低くて不鮮明なので
最終的にざっくりした表現でも許されそうな描き方にとどめますが(笑)
何を隠そう、一度淡彩で描こうとして挫折したのは、
淡彩だとこのへんのごまかしがきかないと気づいたからです。
自分が魅力的だと思う淡彩の画家さんて、どなたもデッサンがものすごくしっかりしてるからなー・・・

家並みにもうっすら色を入れ、奥の山から細部に取りかかりました。
この写真じゃあんまりそうは見えませんが、山の頂上から左サイドのあたりだけが
いきなり生きてきました(笑)
自己満かもしれませんが、こういう瞬間がもう面白くてしょーがないです。


山の右手の岩肌が見えているところも描き込み、木にも色を入れました。
おお、だいぶ風景画らしくなってきたじゃないですか(笑)
ちなみに「科捜研の女」が始まったあたりからスタートして、
東京MXでやってる「CSI:2」が終わったあたりでここまで。
(実際はこの後もうちょっとだけ手を加えてますが)
思ったより速いです。
F4だからっつうのもあるかな。この間F8やっつけたからな(笑)
でも家並みでかなり苦戦しそうですが。

ギャラリーの「月刊あねもね」のページのデザインが、どうにかできました。
あとは増殖させて画像入れ替えていくだけだー!!
まーそれが何よりめんどくさいんだが(汗

そういえば、高円寺のお店の委託期間が今日までです。
明日には引き揚げ&清算に行き、その後久々にある絵画展を見てくる予定。
▲ページ先頭へ

■9月8日
ばかめええええええええ。

昨日、露店レポを上げたとほざいておきながら
アップロードのとき、まんまと上げ忘れていたようだ・・・
たいした更新ではないとはいえ、こういうのってほんとメゲますわー。
ちなみにすっかり終わったような言い方しちゃってますが、
10日の金曜日までは作品お店に展示されてます。
今からでも見に行こうと思われた方は、ぜひよろしくですー。

ただいま突貫工事で、このサイト内に新作ギャラリーを作っております。
ロフトワークの件とはまた別に、いずれここにも「本拠地」がないとなにかと不便かも、
といつだったか何かのきっかけで思ったわけです。
・・・↑それがいつ、何だったのか忘れてるわけですが(汗
でも前にも、園芸ブログで突然9割以上のデータが消滅してたこととかあったので
(事故だったらしく幸い数日で復旧したんですが)
やはり、レンタルサービスというものはどんなに便利であっても
「いずれ終わるもの」と認識しといたほうがいいな、とは常々思っておるわけです。
(まあそれ言ったら、このサイト置かせてもらってるCOOLさんだって例外ではないんだが)

・・・昨夜から始めて今日も日中ずっと作業して、やっと約半分つながりましたので
とりあえずですがご披露いたします。こちら
上の「少女画案内所」のページにもリンクつけてあります。
まだまだ残りのアップ作業に加えあちこち直していきますが、
もし現段階で、致命的に不便な箇所とかありましたら教えてください。
(・・・デザインが致命的にダサいとか絵が致命的にヘタクソとかいうのは抜きでな)

あと、デザフェスページのバナーも作りました。
デザインフェスタ32出展します お持ち帰り&リンク大歓迎です。よろしく〜

ということで、ただいま
「お絵描きにかまけていてできなかったことをまとめてやっつけよう週間」実施中。
すなわちお絵かき封印中なわけでー(涙
とはいえ、完全に何も手をつけないとあっというまに感覚失せて戻ってこれなくなるし
パソコン作業もそんなに長時間ぶっつづけはできないので、
↓これを合い間合い間に描くことにしました


えっと、だいーぶ前に母親から頼まれていた絵(笑)
1回淡彩で描こうとしてザセツしてます。で、アクリル厚塗りで再挑戦。
一応もうすぐ母親の誕生日なので。
まー例によって、基礎画力がないことやらちゃんと美術をお勉強してないことやらがバレまくるのは百も承知の上で、なんかしらないけどときどき描きたくなるのよねー。こういう、いわゆる「普通の絵」。
絶対成功する!という前提でまた途中の写真撮っときます。
ちなみに上の写真では、ほとんど見えないけどうすーく青を混ぜたジェッソを全面に塗ってます。この上にエンピツでアタリをとって、ギリギリ見えるくらいに練りゴムで落としてから色を置いていきます。間に合うかなー
▲ページ先頭へ

■9月7日
取り急ぎ告知〜
昨夜力尽きて上げられなかった、委託販売ページの露店レポ
1&2回目の分アップしました。
っつっても、ここに書いてた記事の転用で写真もありませんが。
あと3回目の露店のレポと、阿波踊りページとまとめレポを上げたら
このコーナーは完成としたいと思います。
上のバナーからどうぞ。

あと、数か月前に本当にサービスが終了し逝ったままになっていたアクセス解析(笑)
ようやく新しいところを見つけて設置しました。
やはり、外部の活動場所からのアクセスがどれくらいなのかは把握しておきたいので。
さらに更新通知ができるところはこまめに書き込んで、アクセスアップをはかりたいところですねー

あと、ロフトワークの新バージョンですが
よーーーーやく、なんとか更新できる方法をみつけました(涙
でもやはり、まったくの今までどおりに使えるわけではないので
引き続き移転先は検討しなくては。というところです。
ブログの頭にリンク張っときます。
ポートフォリオに「月刊あねもね」2枚上げてます。

それから
アートメーターで販売している「桜・たびだち」という作品が
9月15日で販売期間終了となります。


↑画像クリックで販売ページへ。ちなみに原画はA4サイズです。
終了後は手元に戻し、その後の扱いについては未定です。
サクラクーピーという無謀な画材を使っての作品にもかかわらず(笑)
なかなかいい表情に描けたと思っております。
ぜひどなたか、お手元においてやってくださいませ。
▲ページ先頭へ

■9月6日
ここのところ、朝からあいかわらず暑いことは暑いんだけど
かすかな風がやたらとカラッとしていて、「あれ・・・もう秋か。」とか思います。
阿呆な分、こういう野生の感覚みたいなのはやたら鋭い。

さて
ここではちょいちょい報告してたもののぜんぜんリアル更新できてなかったんですが、
高円寺のお店の特設ページ、商品紹介だけ更新しました。
頭ページから順番にめくっていかなくてはいかんので少々不便ですが。
ロフトワークに載せられてない新作のミニ画像もありますので
興味のある方は、上のバナーからどうぞ。

あと
11月のデザフェス32に、げんごろうさんとシェア出展します。
少し前から、間に合わせで作った紹介ページをこっそり上げてたんですが(笑)
ようやっとまともに見れる状態になりましたので
興味のある方は、こちらからどうぞ。
ここへ飛ぶ用のバナーも作らなくてはー。
▲ページ先頭へ

■9月3日

タイムアップー。うーん、土曜日着では送れなかった。
宅配の営業所の受付が夜7時までなので、梱包とかの手間も考えて
だいたいいつも6時ぐらいをタイムリミットにしている。
顔アップだから塗りパーツも少ないし、リアル植物&貼り込みもないから
丸1日あれば描けると思ったんだけどなー。
ちなみに左のやつもまだこれ完成じゃないです。
まあ今回は背景らしい背景もなく、コミック調というかファンタジー調の処理で仕上げます。
今晩中に画面埋めるだけ埋めて一晩おいて明日見直して最終仕上げ。

ちなみに、これでアートメーターを始めたときに買ったF3の水彩スケッチブックが
全部使い終わった。
最初の頃は水張りもしてなかったし、F3でも画面全部埋めるの苦労してたなー
とか思い起こすと感慨深いものがあります(笑)

いまだにロフトワークが使えるようになる気配がなく、
移転先にと目星をつけているサイトはブログ機能がないので
このままここにこういう記事が増えることになるかも。
いやできれば分けたいんだけどなー。
▲ページ先頭へ

■9月2日
アートメーターのコンペ、どうにか作品完成して登録・発送しました。
普段の出品とはいろいろとルールが違うらしいので、もしかしたら
例によって何か見落としていて選考外になってしまう可能性もなくはないですが(汗
F8というとんでもないデカさ(わたしにとっては)も含め、未体験なことをいろいろと試せたので良い勉強にはなったと思います。
・・・あ、でも
F8がとんでもなくデカい、という意識は意外になかったです。・・・途中までは(笑)
ガシガシ描いていって、なんかやたら疲れるわりに画面がなかなか埋まらないなあと思って
よく考えたら、ああサイズがでかいからか。と(笑)
あと、アクリルで描いていたので、例によって
「パレットに作った色が固まってしまう前にこのパーツを塗り終わらなければ!」
という変な神経も使ってたからかもしれない。
昨日(1日)の夕方とりあえず、細かい仕上げは残しつつも
当初予定してた全パーツの描き入れが終わったところで
そのままバタッと床に倒れて、30分ぐらい寝てました(笑)
いやーおそろしーわF8。
ものすげーエネルギーもってかれますわ。
ちなみにこのサイズのキャンバスボード、予備にもう一枚買ってあるんだけどどうしよう??

途中途中で写真も撮ってあるんですが
どういうタイミングで出したものやら?
一応応募締切過ぎるぐらいまでは待とうかね?
さすがに今回スキャンはあきらめたので、完成品もデジカメ写真しか残せてないです。
まあどっちみちロフトワークがもうしばらくは(下手したらずっと)使えそうにないので
どっかにギャラリー新設せにゃいかんのだけど。

↑これ終わってからだから、まあ時間的にはたいしたことないんだけど
ちょっと、その次の新作をどうしようかモヤモヤしてしまってすぐに取りかかれませんでした。

もう高円寺のお店には出さないほうがいいんじゃないのかと・・・

ラストスパートと言ったけど、はたしてがんばる意味なんかあるんだろうかと。
んでも
はたと、ここんとこ「月刊あねもね」にこだわりすぎて、ムリヤリ画題を絞り出してる感があるかも。と気がついたら、
「じゃあ違うんでもいいから、自分以外に意味なんかなくてもいいから
とにかくがんばって描いて送っちゃおう。」
と思えてきました。
んで今描いてます(笑)
もうどうせ10日までで終わりなんだから、最後の1週間ぐらい違う絵があってもいいよねと。

わたしはねー、基本ただのバカなので、
「描く」ことそのものに悩むってことは、まずないです。
他の描き手さんがよくブログなんかで創作に関しての苦悩だのをつづっていても、
正直何言ってんだか半分も解読できなかったりするぐらいの阿呆です。
あーなんかあたまよくて繊細なひとはいろいろ高尚な悩みがあってたいへんよねー
ぐらいにしか思えない阿呆です。
バカで無能なんだからその分他の人が苦悩してるひまに手動かさないとね、と思うわけです。
だから、描きたいものなんていっくらでも、無限にあるわけです。
100まで生きても絶対全部なんか描ききれない。
そう思うともうその悔しさのあまりいっそ今死んだろか!と思えてくるぐらいです。
だからね

そうやってバカなりの考えでキリキリ動いてること、全部まるごと
「それ何の意味もないしこの世の誰一人評価しないから無駄だよ」
ということを突き付けられるのが、もっともダメージでかいわけだ。

なんかね
「え?そう言われてんのかな」と思えてしまうことが、ちょっとあった。

まあでも、いいや!
バッテラとみかんゼリー食ったら忘れました!!(笑)
バカなんだから空気なんざ読みませんよ!
バカは頭より手を動かしますよ!!


高円寺から引き揚げた作品、大小8点ほどアートメーターに登録申請しました。
ちょっとこれ、ストレートにこういう扱いでいいのか迷ったんだけど。
1周ずつぐらい、ヤフオクと楽天オクで回そうかとか、
それともこの機に迷ってたタグボートに出してみようか、とか、
あるいはこのままとっといてデザフェスの展示に回そうか、とか・・・
んでもヘタに手元に長く置くと、存在そのものを忘れちゃうので(汗
結局一番勝手がわかってるところへ出しました。
かなりいつもよりお値段下げてます。
・・・審査通るまでに、なんとかどっかで先行公開できるようにしなくては。
▲ページ先頭へ

HOME  倉庫