HOME  倉庫

DOKUPARA扉ログ/2011年3月

■3月12日
被害というほどの被害はなかったと昨日書いたけど
じつはけっこう小さくない被害があったと今朝になって判明(汗

今朝というか、昨夜寝る段になって
「ん?これは・・・?」という前兆は見つけてたんだけど。

仕事部屋で寝るのがいろんな意味で一番効率がいいので
去年ぐらいからずっとそうしてたんだけど、ここ1か月ぐらいは
あまりにも画材だの資料だのをぶちまかしていて布団を敷くスペースがないので
隣のほとんど使ってない部屋で寝てたんですが

そっちだと、重い本がぎっしり入った資料棚が上半身にもろ倒れてくる危険があるので
(部屋の構造上棚も寝る位置も変えられない)
この地震を機に仕事部屋を片付けて、布団も戻すことにしたんですが

その作業をしていてふと気がつくと、
資料棚のあるほうの部屋の、押し入れの前の畳が
なんだか湿っている。

押し入れを開けてみたら、中もちょっとだけ水気があるんだけど
どこから来た水なのかがさっぱりわからない。
猫の尿かとも思ったがそういう臭いでもない。

押し入れの中にある水分を含むものというと、
中に水がたまる「湿気取り器」しかないので
揺れてたときにこれがどこかにぶつかって、中の水が漏れたのかもしれない。

もう眠かったし押し入れの中身がだめになるほどの水量でもないので、
まあいいや明日調べよう、と思ってそのまま寝たのだが

朝。
まるで、ゲリラ豪雨のときに階上からたまった水がまとめて落ちてくるときのような
かなり激しい水音で目が覚めた。

雨どいか窓のひさしでもいかれたか?と思い
外から、音のしたほうを見てみたら

階上からの洗濯排水が、
排水パイプと関係ない壁の中から
直接外へ噴き出している(汗

その、噴き出している位置を見た瞬間
何が起こったかわかってしまった。

2階のベランダの排水口と排水パイプをつなぐ管が
おそらく壁の中で壊れてしまい、
そこから漏れた水が1階(うち)の天井裏へまわって
それが押し入れの中へ落ちてきていたのだ。

昨夜はおそらくまだ漏れた量が少なかったのだが、
今朝上の階の人が洗濯をしたので、
まとまった量の水が流れ落ちることになったのだ。

・・・まあ当然と言えば当然
押し入れの中はすでに雨漏り状態。
洗濯の排水なんていっきにドバーと排出されるもんだから、
気づいてもよけられなかっただろうなあ・・・

とりあえず2階と3階の人たちにはしばらくベランダの洗濯機を使うことを控えてもらい、
押し入れの中身を出して被害の点検、押し入れの中も掃除。
急ぎの洗いものがある人にはうちの洗濯機を使ってもらった。
まあ幸いというか、この押入れには「当分使うあてはないけど捨てられない」ものしか入っていなかったし、それもほとんど段ボールの外側しか濡れてませんでしたが。

段ボールがいかれちゃった分は箱を新しくしなきゃならないけど、
これを機に「捨ててもいいかあ・・・」と思えるものも出そうなので(笑)
一応そこはよかったことにしとこうか。うん。
あと前々回の引っ越しから箱に入れっぱなしで移動させてたものたちを
超久々に虫干しできたしな。

昼前には大家さんと大家さんの息子さんとも連絡がつき
午後には早くも業者さんを呼んでもらえて、応急処置をしてもらった。
まったくそんなことしてもらういわれもないのに、
お見舞いのお菓子までいただいてしまった・・・(汗
いや作業的には大変は大変だけど、それでも被害の規模考えたら
「こんなもんですんでよかった」だろう。
大家さんの息子さんは都内からとはいえすぐ駆けつけてくれたし、
業者さんもおそらくあちこちから修理依頼が入っていて
身内の心配も後回しに奔走せねばならないかもしれない

ほんと、
何の役にも立たない奴がボーっとしてる場合じゃねえな。

何年か前に、歌手の夏川りみが
ツアーの帰りかなんかに台風の直撃に遭って空港に足止めくったとき、
同じ目に遭っているその場の人たちのために、スタッフたちと
即興で演奏会をひらいて無償で歌ったらしい

そこまで立派になれないとしても、ものをつくる人間というのは
こういう事態においては、そちら側に立てなくてはいけないのだ。

とりあえず甘いものもいただいたことだし
お絵描き続行。誰も見ないとしても。
▲ページ先頭へ

■3月11日
ずいぶん前にも書いたけど、国民年金をさ
1年分まとめて払い込むとちょっとだけ安くしてもらえるのでずっとそうしてたんだけど、
さすがに現時点でその額引き落とされるのは痛いので
今年は1か月ごとにしてもらうよう、市役所に頼みに行ったら
それの手続きは引き落としに指定してる銀行で直接やれというので
銀行に行ったのさ

したら
年金手帳だの過去の払い込み証書だの身分証明だのは持って行ったのに、
「印鑑が必要」と言われてそこで初めて抜けてたことに気づきましてさ

仕方なく家に取りに帰ったのね。

ちょうど昨日、個展のDMが出来上がってきてましてね
銀行って駅のすぐ前で、ちょっと家から遠いし
じゃあついでに、駅までにあるいくつかの和っぽいお店に
DM置いてくれないか頼んでみようと。
あんまりこきたない有様では門前払いされるかもと
ちゃんと顔面塗りまでしていったんですが

銀行は今日中じゃないと土日をはさんで遅くなってしまうので
そっちを優先させるより仕方がない、DMは時間かかっても根気よくやろう。
と、とりあえず家に戻って
ついでに書類も家で記入していっちゃおう。
と、


記入している途中で地震に遭遇


・・・ええと。
まああれですよ

腹黒とはいえさすがに直後は
建物とか周辺の安否とか、ライフラインの確保とか
そういうことをちゃんと気にしていたんですけども

直後からの停電が数十分後に復旧し
テレビからの情報が入り、列島規模の被害であることがわかり
とりあえず今日この後自分にできることって何だろう?
と考えるに至って
ふと
気づいてしまいました


今この状況で、DMなんか配ったってしょうがないんじゃないか?


・・・要は、なんぼ「ご自由にお持ち帰りください」と置いてあっても
こんなもんを手に取る余裕が人々にあるか?ってことだけど。
いや、さらにその前の
「そうやって持って行ってもらう用に預かっていただけないだろうか」
と見知らぬ奴から頼まれてOKする余裕がお店の人々にあるか?
ってはなしだな(汗

電気が復旧して一応1時間ぐらいニュース見て、
余震も減ってきたのでそこでじつは一度近所に買い物に出まして

少なくともここら一帯は、たいした被害はなさそうで
店もパニックにはなってないし他の人も普通に買い物に来てたんで
日常が破たんするほどの事態には、この近辺ではならないんじゃないか
とは思うんだが

・・・やはり空気読んで
地震の影響が落ち着くまで待ったほうがよさそうか。

なんだかこんなことを考え出したら
創作&制作の意欲みたいなもんが、かなり真っ白に吹っ飛んでしまった(汗

だけどわたしがてめえの事情後回しにしてまで
被災者のために奔走できることなんてなにもないもんなあ。
家もおのれの身も無事だった以上
情報は情報として受け入れつつも
何事もなかったようにおのれのやるべき仕事は続行するしかなさそうだ。
うーむ
今わたしがいちばん戦わなきゃいけない相手は
「オマエ今こんなときにこんなことしてていいのか」
という思いそのものかもしれん(汗

あ、ちなみに、住居的な被害は
揺れと音はものっすごかったけど、
棚板がひとつとあと元々不安定だったものがいくつか落下しただけで
意外にも、被害というほどの被害はありませんでした。
あ、マンション外壁のタイルがちょっと割れて落ちてた。
あと2階3階はさすがに物が落ちたりガラスが割れたりしたらしい。
でもまあ救急車を呼ぶような事態にはならなかったし
飼われてる動物たちも無事だったようだ。
昭和の鉄コンは見かけよりは丈夫らしい。

・・・あとついでに
結局銀行までは行けなかったけど、書類よく読んだら
「4月の引き落とし日に残高足りてなかったら自動的に1か月分になる」
と書いてあったので(笑)ほっとくことに。

まあそういうわけですので
世のため人のためは余裕のある方々におまかせすることにいたしまして
わたしはわたしにできることしかやらないことにいたします

せめて個展当日までには、世の中が
「それどころじゃない」から完全復旧してることを願って。
▲ページ先頭へ

■3月1日
昨日言った、楽天で注文した本が届きまして。

頼んだの、同じマンガの7巻と8巻なんですが。
もちろん同じ日に同じショッピングカートに入れて、
一括送信で同時注文だったんですが

なぜか1冊ずつ、
しかもわざわざ違う形状の梱包で(笑)

・・・よもやとは思うが、天下の楽天ブックスともあろう会社が
たまたま2冊入る封筒を切らしていたとか、
さらに1冊用の封筒も同じのが1コずつしかなかったとか
そんなこたああるめえな、と
いろいろいらん想像をしてしまいました
まあ1冊でも2冊でも送料無料だからいいんですが。


さて
ここ読んでる人は誰一人興味がないであろうとわかりつつも
一応載っけるだけ載っけとかんわけにもいきませんのでー

ガールズ展のほうは前にもちょっとだけ書きましたか。

「Girls Illust Exhibition#13」
14名のクリエイターによる、SPRINGをテーマにしたガールズイラスト展。
2011年3月29日(火)〜4月3日(日)
アートコンプレックスセンター東京(ATC)

一人あたりちょっと広めの壁を割り当てられて、自由な展示を行います。
新旧取り混ぜた少女画と、テーマ以外のも含めた作品のポートフォリオと
あとポストカードも少し持って行こうと思っております。

あと個展のほうですが。
・・・ここではたぶん、まったく言ってこなかったと思いますが(笑)
じつはけっこう前から会場をおさえて、準備だけは進めていました

2011年4月10日(日)〜16日(土)に
デザインフェスタギャラリー原宿にて行われる
「第3回カワイイ展」に、乗っかってやります。

ま、この祭りに乗っかることを狙ってたんです(笑)
現状わたしは友達づきあいってものをほとんどやめているし、
数少ない連絡くれる人たちも、おそらくほとんどが
わたしがやっているこういうことにはまったく興味がないので、
単独でどこかの画廊を借りたりしてやっても
ヘタしたら、大げさでもなんでもなく会期中、
ほんっとに一人も客が来ないということもあり得ないはなしじゃないので。
呼び込まなくても、わたしのことをぜんぜん知らない人たちが通りすがりに観ていってくれる
こういう機会でしかやれないだろうなあと。

・・・そんな状態というか実力な分際で個展なんか
ほんとはやっちゃいけないのかもしれませんが(汗
でも
「もっとこうなってから・・・」なんつってたら、それこそ永遠にできないかもしれんので。

今そんな分際でやっちゃって誰一人見向きもされなかったとしても、
まあそれはそれで現実を思い知れてよかったじゃないかと。

そんなかんじの無謀としか言いようがない挑戦ではございますが

「山田屋絵草紙展」と題しまして、
こちらはほぼレトロ調作品でそろえていきたいと思っております。
まー例によってわたしがゴチャゴチャ空間好みということもありますが(笑)
普通のいわゆる絵画の個展と違って、文字どおり「絵草紙店ふう」といいますか
古臭〜いカワイイものをところせましとゴッチャリ敷き詰めて
レトロな雰囲気を楽しめる空間演出をしたいとたくらんでおります。
アートメーターに出していた「月刊あねもね」のシリーズも、
原画が販売済みのものも含め、複製ですべての号をお披露目する予定です。

でもって場所は、デザフェスギャラリーEASTの3階の和室です。
まったく同じ間取りの部屋がうちにもあるので、イメージ作りもしやすいかなと。

個展のほうはまだこれからDM作るんですが(・・・遅すぎですね)
両方とも、ご希望の方にはDMお送りします。
年賀状企画のときと同じく、件名を「DM希望」にして
メールで送付先をお送り下さい。

今後、経過とか画像とかはブログのほうに上げていくと思いますので
ま〜ひゃくまんがいち、行きたいと思われている方がおられましたら(笑)
そちらをチェックしてみてください。
▲ページ先頭へ

HOME  倉庫