ここは、約20年ぶりに筆を持った人が独学で仕入れた知識をえらそうに語ったり、ヘタクソな作品を展示している場所です
書道に関してはそうそう毒を吐くわけにいかないので、扉から独立させてみました
おそらくその道を極められている方からすれば「んなことオマエに言われんでも知っとるわい」でしょうし、まったく書道に興味のない方にとっては「コレ読んでどないせっちゅうねん」なので、いったい誰に向かって発信したいのかという疑問にはあえて目をつぶって強引に押しすすめます
ひまなひとだけついてきてくざさい。

「楽以忘憂」というのは、なんか落款に書き加えたりするのに便利な言葉集みたいなところから見つけた言葉で
「楽しいことに夢中になってると憂うつなことも忘れちゃう」
とかなんとかいういみです。
その昔、高校を卒業するときに部活の後輩たちが卒業生一人一人に、それぞれの個人のイメージの曲の小さい手回しオルゴールをくれたのですが、 わたしのもらった曲は「薔薇色の人生」でした。
「アンタぐらいやりたいことしかやらずに生きてりゃそら人生薔薇色だろう」と。
考えてみたら書道も、
いや「書道」というのもおこがましいのでお習字も、
まったくそんなかんじで何の必要があるわけでもないのに突然お気軽に再開してしまったので、まあわたしにはぴったりな言葉かなと。
もしおまへみたいなばかがこんな言葉を気軽に使うなという叱責をちょうだいいたしましたらこっそり変えようとおもいます。

申し訳ありませんが
各作品1枚・1文字ごとの指導はもとめておりません
まだお手本を猿真似している段階ですので「この字のこの画はこうが正しい」などと言われてもお手本がそうでなかった以上わたしにはどちらが正しいか判断できませんし、原則として自分でその時その時の「完成品」だと思っているもの以外(悩んでいる途中の作品など)はサイトアップいたしませんので、何か言っていただいてもその時点ではもう同じ字は書いていないとおもわれます。
とはいえもちろん上達したいという気持ちはありますので
もし全体を見た上で「おまえはこういう癖がある」とか「上達できないのはこういう練習が足りないからだ」などのお気づきの点がありましたらぜひご指導願います。