助手 「博士、これはいったい
何という生き物なのですか」

博士 「ううむ・・・わしにもわからん。
違う角度から見てみよう。」





博士 「ううむ・・・これは・・・
ますますもってわからん。
小林くん、ちょっとひっくり返してみたまえ」

助手 「ええ〜わたしがですか??」

博士 「そうだ。はやくやりたまえ。」

助手 「やですよう、さわるのこわいですもん。」

博士 「何を言ってる!はやくしたまえ」

助手 「わあっちょっとっ!
す、素手はカンベンしてくださいっっひー!!」

ゴロン・・・




助手 「ぎゃああっは、博士っ博士っ
わ、笑ってますよう!!」

博士 「なにをしている
はやく捨ててきたまえっっ
気持ちワリーこんなもん!」

助手 「あんたが捨ててこい!!」